モントリオール生活 

モントリオールと出会って早17年。2001年ワーホリ時に始めたブログが、今や育児&着物ブログと化してます。ワーホリ、語学学校、専門(美容)学校、仕事、個人移民、美容(髪)、ファッション、食の事、等々、気ままに書いてます。ただいま、2歳、5歳、7歳の男の子の子育て中。最近は、着物ネタも満載です。

May 2005

スペイン映画『VENGO』

脇役名前はわからんがカックイィ〜。2001年ジプシー音楽映画である。
最近、映画見に行ってない(金ないの)けど、ルームメイトが映画ダウンロードするのにハマッテるらしく(無料らしい)、今回コレをGETしたらしい。当初、こないだの“アメリカ映画をフラ語で”に引き続き、“スペイン語だけどぉ〜”とフザケタ事を言っておったが、どうやら英語の字幕GETでけたらしい。自分は一回見たことあってストーリーしってるからスペイン語でもヨカッタっぽい。オイラ、スペイン語なんて挨拶ぐらいしかわからんべ。

でもですね。挨拶ぐらいで充分かもってくらいあんまりストーリーないし大体わかるの。ってか詳しく詳細話してないし。“アイツを殺されたから、そっちのファミリーの彼も殺してやる”みたいな、一瞬、マフィアとかも絡んでるのかと思った。10分毎くらいにジプシー、フラメンコ音楽、歌、ダンスが入る。『モンド』『ガッジョ・ディーロ』(←見たことないけど)とロマ(ジプシー)をテーマに映画を撮り続けてきたトニー・ガトリフ監督の作品だそーな。舞台もアンダルシア地方で良いの!いいねぇ〜スペイン。“情熱のフラメンコ”映画なんやが、踊りっつーより、音楽と歌がメイン。有名歌手ダンサーのヒトとかも役者でいっぱい出てるらしく、なんかイイ!熱い! 題名『ベンゴ』は、“VENGAR =復讐する”と“VENIR=何かがやって来る”を意味するスペイン語(やっぱフラ語に似てる!)らしい。でも、まぁ、ストーリーもオイラ結構好きかな。スペイン好きとかは見てくだされ。

パーティー計画はご自分で!

ウチのルームメイトのイタリア人の女の子が、月曜日に帰国するッツー事で、お別れパーティー開催
 
やねんけど、ゴタゴタ問題あってん〜。あぁ〜疲れた。
パーティー開催予定は、かなり前からあってんけど、直前になって、“お家じゃなくって外でしよう”とか“違う子のお家でやる”とか“ウチの家でやっぱりやるけど、あんまり遅くならないように”とか色々、間際でモメ出して、結局、最後の最後までどぉ〜なるかアタシはもちろんルームメイトの誰も知らず、主役の伊も彼女の友達をドコに呼ぶのか、どこでパーティーしたいのかハッキリせず(帰国前のストレスか彼女的にかなりテンパッてたんかのぉ〜?)、ワケワカランまま夜到来
 
一応、律儀な日本人のアタシと西洋人にしてはキレイ好きなルームメイトのフランス人とで、ちょっとしたドリンク&チップスを用意したものの、ウチらもどォ〜なんねん状態。も1人のルームメイトは彼女が長旅から帰ってくるッツー事でそれどころじゃない感じやし。結局、フランス人の子も爛轡隋叱に行ってくる”って出て行っちゃうし。オイラも行きたいよぉ〜!でも自分の友達をすでに何人かパーティーに呼んでしまってて、キャンセル報告できてない子らがいるので、その子ら待ちせなアカンのじゃぁ〜。
 
夜、10時過ぎ。ビール片手に訪問者あり。伊の友達らすぃ。対応オイラ。“多分、今日のパーティーキャンセルやねん。伊が、どこに行ったかわからんし、携帯ももう解約したみたいやし、多分、他の友達の家でパーティーしてると思うねんけど。。。”と言うしかないやぁ〜ん。ワザワザ家に来てくれた子等には申し訳ないけど、アタシのセイちゃうやぁ〜ん。と何人か断り、電話もかかってくるけど、説明しぃ〜の。終いにオイラの友達も参上しぃ〜の“キャンセルかも”とご報告。ウチラは勝ってに飲んでたけどさぁ〜。そうこうしてる家に午前0時前、伊人の子、友達引き連れて帰って来よった!そっから、ガンガン人が来て、結局、パーティーは朝方4時ぐらいまで盛り上がったんやが。。。オイラは疲れたべ。
 
やっぱパーティー計画は人に任せちゃダメやね。自分でオーガナイズせなアカンわ。
とりあえず、楽しかったんでエッ。

The DOORS

The DOORSアメリカの昔ィ〜のロックバンドである。名前も曲も聴いたコトあるけど一致しない程度なんやが1960〜70年代に大流行したバンドであると今日知った。生まれる前やん?むっちゃ古いやん?!この伝記ビデオをルームメイトがダウンロードしたっつーから見たんやが、IN French!でございます。きゃぁ〜!アメリカのロックバンドの話しなのにフラ語ペラペラペラァ〜。背景は、バリバリアメリカ西海岸とかなのに!顔もみんなアメリカぁ〜ん!なのに!なんだかちょっとお上品に聞こえちゃう。
バンドの伝記っつーか、ボーカルのジムの1人舞台。有名になって、酒とドラッグに溺れてブラブラブラっつーまぁありそうな展開。最後、パリで27歳っつー若さで死なはるねん。だからフランス人にも馴染みあるんかいなぁ〜。

映画は、なんとオリバー・ストーン監督、主役のジム役にバル・キルマー(実物のジムに似てるやん!ってか髪型かな?)、恋人役にメグ・ライアン(いつも可愛い)、キーボードのレイ役にカイル・マクラクラン!(←今、調べて知った!全然、気付かんかった!ロン毛やし。この時代、男も女も皆ロン毛)ってな感じで意外とスゴイ人達でてまする。
どんなバンドか知りたい人はココをチェック!⇒
映画は⇒http://www1.u-netsurf.ne.jp/~yas-f/doors_video_doors.html
このサイトちょっと辛口。まぁ、映画としてはどぉ〜でもいいけど、ミュージシャンの伝記ものとしては、オイラ的には楽しめたし合格やけどなぁ〜。ドア〜ズファンにはダメなんか?!

役所

毎度ながら“役所”ってヤツはヨッ!
 
優等生のアタシが、学校、遅刻してまで、わざわざSIN(Social Insurance Number)カードを再発行しようと、旧市街のオフィスまで行ったら、

去年から、場所が変わりました。”(←いっつも変わる!)

と言われ、Berri−UQAMまで戻りぃ〜の、
そこで、“カードを置き引きにあって、なくしたんで再発行したい”と説明すると、“このフォームに記入して”ッツーんで、記入して渡すと、

“君、働いてるの?”⇒“NO。100%学生オンリーです”っつーと、
 
“じゃぁ、SINカードいらないよ。”って言わはる。
 
“でも、昔、働いてて、カード持ってて、後、数ヶ月で学校も終わるから、働く様になるかも=カードいるよね?”って聞いたら、
“でも、今はいらないよ。働き出したら、再発行手続きしな”とか言わはる。
 
念を押して、“でも、カード取られたから、悪用されたりする事ないの?”っつったら、“今、君学生だから、カードあっても、それ全然無意味。何の被害も会わないし、悪用できないよ。心配だったらホニャララへ一応盗難被害連絡しておけば?!”みたいな。。。
 
って事で、オイラは、午前中の授業をキャンしたにも関わらず、なぁ〜んの収穫もなく帰ったのだった。
 
ってか、帰って、この話しを皆にすると、
“ホンマニィ〜?でも、作っといた方がエエンちゃうん?”とか言わはる。
アタシもどーせすぐいるんやし、作ってもエエやぁ〜んとか思ってしまった。
もしやあいつ等、面倒臭かっただけ?

3連休雨!

ほんまイケテないよなぁ〜。今週末も
オイラは毎週3連休やけど、ナマイキにも今週は、みんな祝日とかで土・日・月お休み。でも天気悪いっすぅ〜。オマケに10度チョイとかで寒さむ。昨日は、友達ン家のプリンターなんぞを借りて、日本の銀行カードの再発行手続き用書類をプリントアウトさせてもらったり、履歴書作ったりしぃ〜の、夜はすき焼きパーティー第?段実行。メンバーもだんだん増え、ケベコワ、ハイチ、ペルーと国際色豊か。世界にすき焼き広めよう!である。ま、いつもの事であるが、オイラ以外みんなフレンチOK組なので、オイラはみんなの話を50%想像で聞いておる。話の大筋わかるしエエねん。で、気が付いたんが、ネイティブ(ケベコワ)のフランス語が一番理解しにくい。
 
ほんでもって今日は、朝から。なぁ〜んにもする気にならん。久々にグッスリ寝たけど、定期も盗られて、出かけるのも億劫やし。近所に、を新しく作りにいって(なんと1分!2ドルででけた!こんなもん?)、買出し行って、カフェでお茶してのんびりだぁ〜い。

なんでもアリ!サルサ、アフロ、民族音楽!

夜遊びしたっぺ。
“何系?”っと聞いたら、“なんでもアリ!”とかワケワカラン事言われ、行ってみたらホンマなんでもアリ!

アフロファンク系ジャズのライブバンドの演奏から始まり、後はオールミックス。この生ライブは中々ヨカッタ!バンドメンバーも可愛いカッコよいし、英語喋ってたから、ケベック以外から来たんやろな。その後は、ラテンサルサ系、ちょっとポップ、ケベコワラップ民族トライバル系とごちゃ混ぜ。一緒に行った子ら2人がラティーノ兄弟でサルサ系かかるとむっちゃテンション上がって、クルクル回されるねんけど、ありゃ酔っぱらってたりしたら確実にコケますな。踊れたらカッコええやろうけど、自分が不細工なん分かるもん。見てるだけでエエや。ラティーノは、1時間がMAXや。基本、単独行動、チームワーク無し子なアタシは2人でするサルサとかやっぱ無理なんかもね。民族系とかなんかノレないし、オイラは汗かく程激しく踊りたいっ!ま、そこそこ楽しかったからエエや。
 
今週末も。。。い。。。

アッチャァ〜やられたッ!馬鹿ッ!

馬鹿ばかバカァ〜!やられてもぉ〜た、しくじった。ダレ過ぎや。モントリオール初、置き引きにやられてもぉ〜た。それも典型なるカフェでの被害。あぁ〜くやしぃーッ!ってか、生まれてこの方この種の被害に会うのは、日本海外合わしても、米国留学時代みんなでシカゴ旅行してた時の“寝てる時の泥棒”事件以来2回目やわ。まぁ〜ラッキィーな人生送ってるンやが、やっぱ泥棒さんは、よく見てるなぁ〜。気の抜けたアタシを見抜いたのね。ホンマ今日、無注意の鏡みたいやったもん。カバン開けっ放し。おまけにアンマ注意してなかった。アタシが、コーヒー買って、その財布をボロイ黄色い小さな袋の中に入れて、デカイかばんに治した所をアヤツ等は、ずーっと観察しとったんやろう。一番ボロイのに黄色い袋だけがなくなっとった。おいら、カフェ出るまで気付かなかったもんね。大抵、何回かたまにチェックするもんやけど、今日ぜーンぜんオカマイなしやったし。大勢友達いたからあそこまでボッケェーなってたんが一番の理由やけど、も一個は、ちょっと疲れて頭働いてなかったからかなぁ?

今日、学校で朝の9時半ごろから、4時前ぐらいまで、ノンストップでクライエントのカラー、ブリーチ、ハイライト(←本来はココまで)、で、“カットも”と言い出さはって、カット⇒セットとフルコース。疲れたァ〜。昼抜き。このクライエント双子姉妹でむっちゃ2人ともそっくり&キレイ可愛いねん。素敵なロングやし。オイラお姉ちゃんの方やってんけど、妹、英語ちょっとできるのに、これもたアタシのクライエント、英語ダメ。何でやねぇ〜ん毎回?!カットも!って言い出した時、サンドラ・ブロックの写真もってきて、“その髪型みたいに”って言うねんけど、ダサいのよ!オイラ嫌いな髪型。パツンパツンに段が入った切り方で変。“ホンマにこれがいいの?今の髪型のがステキよ!”って思わず言ってしまった。でもまぁ〜希望なんでパツパツ、あぁ〜もったいない。ストレートアイロンでまっすぐキレイに伸ばして、さらさらシャイニーになるスプレーとかでセットしたら、キレイに仕上がったけど、絶対あれ、シャンプーしっぱなしやったら、ボサボサやで。こっちの人の感覚は分からんわ。

そうそう盗難事件で、初ココの警察行きまして!警察かっこいい。強そうだし。一応、被害届けだしまして。なんせ重要ブツ一式(財布、クレジットカード、銀行のカード数種、学生書、定期、家の鍵、グロス、ペン)とられたんで持金ゼロ。友達にお金かりて花金なんで、ルームメイトみんな遊びに出てったら帰れない!と思って電話したら、車で迎えに来てくれた。みんなエエやつらや。友達ってステキ!いつかお返しするわよ!被害は、現金30ドルくらい(アタシにしちゃぁ〜持ってる日!おまけに双子ちゃんのチップ10ドルもとられちった)。あと、定期やな。オイラ、年齢制限あるから学生用の定期買えへんねんけど、友達のIDかりてて、学生用の半額の使っててんよね。それも盗られたんは痛い。カード1万円くらい使われてた。航空券買いよった。まぁ1万でヨカッタ。恐らく帰ってくるし。こっちの銀行口座は破産宣告間際残高5ドルくらいなんでNoプロブレム。日本の銀行もチェックしてもらったらNO被害。家の鍵もすぐ作れるしね。あと、ドライヤーとかハサミとか盗られんでヨカッタ。こっちのが商売道具やし、高いし。被害は大した事なかってんけど、精神的に疲れたんで、“気分転換に飲みに行こう”(←おごってくれるらしかった!)ってルームメイトも誘ってくれたり、ホンマは久々にクラブにも行く予定やってんけど、これもキャン

久々に実家に電話して(コッチ来て以来、一回もしとらん、オイラが国際電話する時って大体悪い時)、一応ご報告。笑われ馬鹿にされたが、心配もしてくれた?!まぁ〜久々に親と喋れてヨカッタんかねぇ〜。“たまには家に電話しなさい”&“ちょっと気合いれて生活しなさい”ッツー神のお告げか?!
とりあえず、寝よ。

アップルパイ!

今日は天気良し!暖かい!最高ぅ〜でしたッ!
急遽、昨夜、滅多に会わん友達のルームメイトをカットモデルに紹介されて、男の子GET!ウチにも2名Men`s Cutにピッタリの男がおるんやが、1人は仕事、1人は学生と平日の昼間なんか暇じゃないんよね。この子、聞いてはいたものの天パでクルクル!むっちゃ可愛い!こんなクルクルにアタシもなりたぁ〜い。男にこのカールはもったいないでしょ?!髪は意外と多く&長く伸ばしたら肩下ライン。まぁ〜アジア人じゃないので、多くても、短く切っても自然に落ち着いてくれるから、エエわぁ〜。
 
学校終わって、家でも今度は、稼ぎの為に切ったけど、今日はあまりに天気がよくっておウチにいるのはもったいない!ッツー事で、ルームメイトと近所のカフェへ!ルームメイトが教えてくれたむっちゃ小さなカフェやねんけど、パン(ケーキ)屋も兼ねてて雰囲気も店の兄ちゃん姉ちゃんもむっちゃナイス!アップルパイ激ウマ!こりゃぁ〜エエとこみつけたわ。

『Millennium Actress』

Millennium Actress邦題『千年女優』?見た。レンタルショップで見たり、友達が持ってたりと、存在はしってたものの見たことなかってんけど、“まぁ〜ちょっとは面白そう”って思ってました。たまたま、ルームメイトが借りてきたん便乗して見ちゃったよ。

感想
う〜ん。。。とりあえず、今日の気分ではなかった。チョッピリ期待してみてもぉ〜たので、何かイマイチ。“何か”を求めて見てしまうと拍子抜けってか、ナンジャイ一体?最後で何とかしてくれるンかい?ッテ感じやけど、なぁ〜なぁ〜でそのまま終わっちまいました。

ストーリーは、初恋の君をずーっと一途に追い求める乙女の話。その乙女=女優(おばあちゃん)が、昔を回想する話しやねんけど、色んな時代にトリップしちゃうのよね。それに惑わされてアレ?あれ?アレ?どぉ〜なっちょんねん?!“あ、理性を持って見ちゃダメ系なんかな”と思いきやソコまでトリップ系でもないし。。。

でも、視点を変えると、一見、“一途な乙女”の話しやねんけど、実は単なる『自分大好き人間』、恋に身を焦がしてる自分が好き(最後に「彼を追いかけてる自分が好きなの」って自分で言っちょるし)な、ちょっと途中でイライラムカつく女の話である。でも、そーやって見ると、ある意味オモロイ映画でもある。かく言う、オイラも“自分大好き人間”やけど、う〜ん、コヤツみたいなタイプでもないぞ。

モントリオールの恐怖

おそろしいモレアル。最近、日本人の髪を切ってるんで、日本人と会う事が増えてきてんけど、やっぱりココ日本人少ないくせにコミュニティーは狭いらしく、変なトコでつながっとる。先週末切った人の職場の人が、以前、アタシが働いてた時に会った人とか、今日切った人も、昔ココにいた友達の事しってて、その友達の友達と今日のヒトは、実は日本からの友達同士でオイラもその子の事を知ってるとか(←ややこい、とりあえず、みんな知り合い)。おまけに今日のヒトは、先週末のヒトらとも繋がってるねん。あぁ〜狭い世の中じゃのぉ〜。
 
今日は、子どもも切りました。やっぱり動くので怖い。ってか子どももジッと待ってるのがやっぱ辛いっぽいし、髪のチクチクとかやっぱ我慢できんっぽい。赤ちゃんはコナイダ断念したしね。そこのおウチの子ハーフやねんけど、血が混じるとやっぱ可愛いですなぁ〜。なぁ〜んかどことなくスンゴイ魅力的。こ〜いうの見るとオイラも違う人種と結婚して子どもでも生みたくなるバイ。
記事検索
Archives