ホテルの前の高層アパート群












ゆっくり起床。良く寝た。暑い。思わず、さっそく冷房ガンガン。私のホテルの部屋は19階。この辺りも高層アパート多い。地震とかあんまりないらしいけど、たまぁ〜にあるらしく、揺れたらこりゃ怖いぞ。



危険な窓














シャワーを浴びて、ホテルの部屋と周辺を写真撮影。外の高層アパートを撮りたくて窓を開けるとビックリ!窓が全開する!ケンカしたら、落とされそう。自殺し放題、恐るべし!ビジネスホテル風の安ホテルなので、可愛さもなんもありゃせんが、1人で寝るだけなので、十分。エアコンがあれば良い。ホンマに思ってた以上の湿気でビックリ。日本より湿気てて暑い都市ってあるのねって実感。こんなトコに住む人に、「温暖化防止の為にエアコンとか使うの辞めましょう」とか言えないわ。

ホテルのお部屋





















起きてのんびるしているうちに、朝、下のホテルのカフェでコーヒーでもと思っていたら、既に朝ではなく昼前になってしまった。そのまま散歩がてら街へ繰り出す。月曜日の昼間っから友達もヒマじゃないので、1人で今日は観光です。

まずは、私のホテルは九龍側の油麻地(Yaumatei)辺りなんでそっから歩いて昨日みんなに会った尖沙咀方面へ。ホテルの近くに美味しそうなパン屋さんがチラホラ。パン屋さんは日本と同じ様なカンジでトレーに好きなパンをのせてレジに持って行くシステム。でも、チャイニーズ風のパンにやっぱり目が行ってしまう。この辺りは、学校も多いらしく、制服姿の中高生が目立つ。可愛い制服!真っ白な制服とかある!!



黒タピオカのデザート



















昨日みんなから集めた情報によると、美味しいデザートやお粥のお店があるらしい。その名も『糖朝(トーンジウThe Sweet Dynasty)』ガイドブックにも出ているお店(住所が、100 CantonRd., Tsimshatsui)。ここまで歩いて行くのに40分くらいかかって、汗だく。途中で、2回くらい、クーラーの効いたお店に入って休憩しながら到着したのがお昼チョット前。「1人でも気楽に入れるよ!」って聞いてたのに、意外とガッシリとした、オシャレなお店じゃないの?デザートカフェかと思っていたら、普通のレストランっぽい入口だし、入り辛いと思いつつも勢いで中に入ってみると意外と1人で来てるサラリーマンやOL、観光客も多い。もちろんグループ、観光客もいる。メニューも普通にご飯メニューある。お粥系もかなり引かれたし、隣のおっちゃんが、これもあるぞ!と私が英語を話してるのを見て観光客と見極めたのか、飲茶のメニューを見せてくれたり。でも、ここで既に暑さ満開の私は、『なんか、冷たいもんくれぇ〜って』ってカンジだったので、一直線でデザートオーダー。



フェリー乗り場



















黒タピオカ
のデザート注文。大粒の黒タピオカとお豆腐(豆腐花)が冷たいほんのり甘いスープの中に。それに、ゆり根が花びらの様に散らしてあって、むっちゃ美味いぃ〜。いやぁ〜、でもココ人気あるのわかるわ。他のメニューも色々食べてみたいもん。私が入った後、どんどこランチタイムで人が増え、出るのもレジが混雑してて大変でした。払わんと帰ってもバレなさそうなくらい人いたよ。お持ち帰りの人もいっぱいいた。レジ付近の人は忙しいのかそんな愛想は良くなかったね。

フェリーで香港島へ












さて、暑さもちょっと引き、腹も膨れたので、いざ香港島へ!フェリーに乗りますよぉ〜!フェリー乗り場から、対岸が見えます。観光客がお写真とってます。ちょっと曇ってるので残念。フェリーで20分くらいかな。なかなかオモロイ体験です。

香港ケベック移民局



















フェリーを降りて、さてどこに行くにか。明日は、いよいよ面接なので、面接開場までの行き方チェック!Exchange Squareってとこで実はココは日本領事館とかも入ってるデッカいビル集合地帯。地下鉄で行こうと思いきや、フェリー降り場から歩けそうなんでフラぁ〜っと歩いてるとすぐ、Exchange Squareのビル内に突入。結構、すんなり移民局のビルは見つかり上までエレベーターで上がってチェックすると、エレベーター降りた所、すぐ左を向いてたら、ケベックの旗のたった部屋がありました。ここですよ!みなさん!ケベック移民する方はココに面接来ます!


急なトラムなんですよ!



















今日は下見なので、そっから戻ろうと思ったら、迷子だよぉ〜。このExchange Squareって1〜3まであって、周りにも似た様なビルが繋がってて、どこをどっち方面にいったらダウンタウン方面にでるのかグルグルグル。まだ、友達がお仕事終わる時間まで余裕があったので、ビクトリア・ピークって言う所に行く事にしました。

コレ何かッて言うと、あの有名な『百万ドルの夜景』が見えるとこですよ!ちょうど3時半くらいから晴れてきたので、コレは行かねば!っと決意。ピークトラム乗り場まで歩いて、行くと、みんな同じとこ目指してるのか、観光客らしき人々が目立つ。私は、結構、旅行中でも普段着と変わらん格好してるんやけど、どーして世界の人々、特に欧米の方々は、いかにも旅行してます!見たいな格好なのだろうか?!短パン、スニーカー、Tシャツみたいな。あ、プラス、パックパックやね。



ピークからの眺め



















このトラム!楽しいです!でも、またまたジェットコースター系ダメな人はダメかも。むぅ〜っちゃ急やねん。急斜面をゆっくり上がって行くねん。すごいよ。後ろ向いたら、落ちそうなくらいな傾斜。上がって行く時、気圧の変化で耳がツーンってくるし。目つぶってる人とかもいた。帰りどうするんやろ?って思ってたら、帰りは、みんな後ろ向いたまま後ろ向きで降りていくのです。

頂上には展望台とショッピングモールとかもある。一通りぐる〜っと廻ったけど、やっぱり天気が今イチで残念!おまけに私は携帯しか映像撮れる物をもってなくって、充電がキレかけでハラハラどきどきしながら撮影。


ピークからダウンタウンを見下ろす












その後、またトラムに乗って帰ってきて、街中まで歩いてもどる。香港にも、H&Mがあるのです!ちなみにMangoもあります。私の印象は、やっぱりちょっと香港チックでした。香港チックってなにって?ちょっとカラフル。ポップです。H&M前で友達と待ち合わせやったのだが、このH&Mが見つからん!確実に絶対、近くにいるはずなのに、よくガイドブックに出てる、細い道の両脇にお店、お土産屋さんが出てるようなトコに突入してしまいオマケにすんごい階段じゃん!明らかに間違った。人に聞くと一本南の道らしい。おしい!

さて、やっと仕事帰りのお友達と合流。彼女は、ここの近くで働いてるらしい。まずは、暑いし、夕飯には早いので、軽くご飯が食べれる様なレストランで、彼女お勧めのエッグタルトをトライ!でも、実は、彼女は甘いの嫌いで見てるだけ。おまけに、いつも彼女は仕事の関係で、ランチが3時とからしく、まだ腹が減ってないらしく、飲み物だけオーダー。私はまたまた勧められて、香港風バーガー?中に焼豚みたいなんが入ってるのまでペロリと食ってしまいやした。これは太らせ作戦か?!

香港風バーガー



















その後、プラプラ歩いて、今日の夕食は、ヌードルです!何て言うのかな、ベトナムのフォーみたいな麺に牛肉のむっちゃやわらかい肉が入ってるねん。でも彼女のお勧めのお店が、休憩中とかいって、むちゃくちゃ6時とかに閉まっとる!!!あり得へん。でもココ見た目ちょう〜大衆食堂。で、もう一件、お勧めってトコロにいってんけど、ここもバリバリ大衆的。お客さんのオバちゃんもむっちゃええ人で、「これがエエよ」とか教えてくれたり、実は、友達、中国語はネイティブで話せるのだが、あまり読めないという、変な子で、メニューとかみて大体わかるけど、確認の為、「これ〜よね?〜はどれ?」とか聞くと、店員に「そこに書いてあんじゃん!なんで聞くん?!」みたいな顔をされるらしく笑える。

店の人も、一見、怖そうに見えたのだが、すんごくエエカンジの人。私にはちゃんと英語で話してくれる。2人ともあんまりお腹ぺこぺこではなかったので、一つを2人で半分こ。それにお野菜をオーダーして大満足!お肉がむっちゃ柔らかいの!味もあっさりでそんな濃くないし、こんなお店絶対、1人では発見できないやろうし、友達に感謝感謝!で、むちゃくちゃ安いのだ〜!

フォーみたいなヌードル



















さて、腹ごなしをせねば。この辺りは、坂がいっぱいありまして、その坂にまたまた高層アパートが建っている。すんごいよぉ〜。外に、街中にエスカレーターがある。これ登ったものの、下りるの大変。おまけに友達、ヒールだし。SOHOと呼ばれる、オシャレな地区があるのですが、ここは、ちょうど香港の元気なパワフルな雰囲気と西欧文化、イギリス・テイストが交わる街なのかな。なんか、これ以上、欧米っぽくなってほしくないし、ちょうどこのくらいでキープして欲しいカンジの地区です。オシャレなカフェやレストランがある。その一角へ飲みに行きました。暑いとやっぱりお酒が美味しいなぁ〜。

やっぱり、インド系も多いけど、イギリス系、英語話す人も多い。旅行者も住んでる人も、ココでも私達は、日本語英語ミックスで話してたら、店員さんに、「どこから来たの?」とか聞かれてもーた。

さ、ほろ酔い加減で今日も一日楽しんだ!明日はいよいよ面接&早起きなので!早めに切り上げてお別れ。実は、携帯の充電がキレそうなので、明日、起きれなかったらダメだぁ〜っと思い、目覚まし時計なんぞを購入してしまった。。。