Amedへの道ここでも水が。。。昨夜から水の出が悪いです。ちょろちょろちょろぉ〜です。昨日から泊まってたオランダ人ファミリーは、私達が、朝食のテーブルに着いた時には、ほぼフィニッシュして、既に出発しようとしてるぅ〜。にしても、この人達とっても白人!白いよぉ〜。子どもとか肌真っ白、髪の毛キンキン金髪、お目目マンガの様なブルーですよ。なんか色素の濃いアタシはちょっと引いてしまうわ。


Tirtagangga1ドライバーのKetutが又お迎え。11:00AM前に私達も出発。まず、Sidemenより東北にある「水の離宮」って言われる『Taman Tirtagangga』、ティルタガンガって所を観光。むっちゃ蒸し蒸ししてて暑いぃ〜><!入場料は、5,000ルピア(50円ちょい)。プールみたいなんもあって、子どもが水遊びしてる。



Tirtagangga2







                    



Tirtagangga3






                  




Tirtagangga4





                  





Tirtagangga5







                 




Tirtagangga6








                      







Tirtagangga7                  












Tirtagangga8





                    







Tirtagangga9Tirtagangga10







             






Tirtagangga11Tirtagangga12           




            







そっから、北へ向かって、またまた雨だよぉ〜><!アメド(AMED)って言う、小さな町。目の前は、海!ダイビングとかに来る人が多いのかなぁ〜。もう少し奥に行くと、日本人が滞在するホテルもあるって聞いたけど、この時期は、日本人はおろか、旅行客自体少ないだす。ホテルに着いて、ここでドライバーとは、ココでお別れ。



Amedのお部屋アメドのホテルも中々可愛いです。ここもホテルってか小さいコテージ。スタッフの人もすんごく親切。ちょっとB&Bチッックな親切心やわ。JMはチェックインして数時間後、すぐに「ダイビングの予約してきたぁ〜!明日の朝から!今日も今からいってきまぁ〜っす!」っと私をほったらかして行っちゃったよぉ〜。


バリの花 プルメリアなぁ〜んて行動的な。。。動き過ぎ。。。オラは、荷物整理したり、テラスでぼぉ〜っと休憩してると夕方4時過ぎくらいに、凍えながらJM帰宅。確かに、雨じゃなかったけど、カンカン照りでもなかったし、ダイビングには寒かったンやろねぇ〜。滅多に寒いって言わない人が、寒がってるのは面白い。







Amedのお宿その後も、散歩したりして、アタシは疲れてお部屋でうたた寝してる間にJMはインターネット探し求めて旅経ちました。徒歩20分はかかるのではないだろうか?!宿から2キロ先に一番近いネットカフェがあって、なんと今では珍しいダイアルアップよ!超ぅ〜〜〜〜〜〜スロぉ〜らしく「30分使って、2件しけメール返信でけんかったぁ〜。今までで一番、スローで高いネット料金や!」って帰ってきた。200円くらいしたらしい。ハハハ、よかったアタシ一緒にいかなくって。





Amedのお船夜は、お宿で、「ソト・アヤン(鶏肉のスープ・ヌードル)」を食べました。ご飯も付いて来て、汁ソバにも出来る!美味いぃ〜〜〜〜のよ!