7月3日(日曜日)夜11時20分、、、、、

ソイツはやってきた。

既にベッドの中でスヤスヤ寝ていた私。寝返りをうった瞬間、股間に生暖かい感触が。。。

破水だぁ〜〜〜〜〜!!!!!!”

そう、私の出産は、破水から始まった。


<ココから出産までの事を記憶に残ってる範囲で書いていきますが、お上品じゃない表現もあるかと思うので、読む方は、ご用心を。>


生理の時に血がドドっと出るような感覚で水の様な
無色透明の羊水が溢れた。慌ててトイレに行って処理をしようと立ち上がって2、3歩いったところで、ドバドバドバドバーーーーーー!!!!っと大量の羊水が流れ出た。あ、あ、歩けない。。。JMにタオルを取って来てもらう様に頼んで、その場に立ちすくむ私。運良くベッドは濡らしてない様子。ホンマに羊水って匂いないです。

タオルを股間にあて、トイレに行って処理。パンツに生理用ナプキンをあて、その上にタオルをあてる。ジッとしてたら大丈夫だけど、動く度にジョボジョボ流れ出す。誰だ、「破水ってそんなにジャーっとはでないわよ。チロチロ出るくらいだから慌てないで。」なんて言ったのは?!こんなの昼間、外で歩いてる時やお茶してる時に起こったらホンマにパニックもんやわ。

なんとなく「出産はまだかな。予定日過ぎるかな」っと思ってて、病院荷物もやっと今日、全て揃え終えたところ。「明日もうちょっと整理しようかな。」と思ってたけど、ギリギリ間に合った。そう言えば、私の母も私(一人目)の時、破水で始まったって言ってたっけ。

陣痛が来たら、「陣痛の間隔を計って、10分毎になったら病院に行く、陣痛って分かるのかな?」っとかそんな不安ばかりあったけど、破水とは。。。考える余地無しで、
今すぐ病院へGOー!っとなりましまた。

外は
。。。ゴロゴロピッカーンな夜中の街を病院に向けて車を飛ばす眠そうでお疲れモードな私達。それにしても、JMが今晩、車持ってる日で良かった。実家に帰るって言ってたけど帰らなくてホントに良かった。ヘタしたら、私は夜中、雨の中、1人でタクシーのって病院まで行って、疲れてるJMは実家から45分かけて病院まで来なきゃいけなかったかもしれない。ホンマにラッキー。

注:出産予定日前は、破水した時の為、車に
バスタオルビニールシート(ゴミ袋大)を用意しとくべし!カーシートが濡れなくてすむ。

病院についたのは
夜中零時前、、、、ここから出産ストーリーの始まりです(続く。。。)