昨日のワクチン接種で昼過ぎから副反応として発熱&少々下痢気味(柔らかトロトロうんこ)で、ご機嫌斜めなべべ。夜もウツラウツラで深い眠りに着く事ができず、私もずっと添い寝、添い乳or抱っこで寝不足です。

解熱剤をあげると少しの間は熱は下がるけど、薬が切れるとまた発熱。昨夜の夜中、39℃近くまで上がったけど、今日は、37℃台です。今朝からやっぱりお昼寝できず、寝ても10分。私が離れるとすぐに起きてしまうので、i Pad近くに置いて、女子フィギュアSP鑑賞。

ちなみに、によるものが、副作用ワクチンによるものを副反応と言うらしい。

ケイトリン・オズモンド
カナダのケイトリン・オズモンド
競技後、採点を待つ


さて、ソチ・オリンピック、女子フィギュアの感想は、

カナダのKaetlyn Osmond、中々のエンターテイナー。衣装、メーク、ポニーテールもマッチし、面白い滑りをしてくれました。今後、カナダのフィギュア選手として、期待出来そうな18歳やない?!得点は56.18で13位で終了。

キム・ヨナ
演技スタート直前のキム・ヨナ
沢庵みたいって言われたのは、この衣装のこと?
確かに、微妙な黄色よね。


韓国のKim Yuna様、いつも通り完璧やね。彼女のジャンプ前だけはドキドキしない。昔から綺麗な滑りをする選手だったけど、貫禄?でてきたのか見せる滑りをするようになったなぁーっと。いつもなら美し過ぎてツマラナイ感もあったのだが、今回は魅入ってしまいました。フリーも楽しみです。彼女を打ち負かせるのは、完璧な技術&迫力のあるダイナミックな演技が出来る選手ぐらいか?!SP得点は群を抜いての74.92!1位で終了。


村上佳菜子
演技直前の村上佳菜子
可愛い人やね。

村上佳菜子選手、3回転フリップが1回転になったのは、惜しいねー。でも、もうちょっと点、伸びると思ったけどなぁ。。。得点は55.60で15位で終了。

村上佳菜子
村上佳菜子選手の衣装、素敵でした。


イタリアのCarolina Kostner、美しかったね。料理しながらで、じっくり見てなかったけど、彼女のルックス、手足の長さ、衣装、曲等、合ってたと思います。西洋版キムヨナみたいに美しかった。

マエ・ベレニス・メイテ
フランスのマエ・ベレニス・メイテ


フランスのMae Berenice Meite、未だにフギュアじゃ珍しい黒人さんじゃぁ、ありませんか?!また、昔の話になるけど、スルヤ・ボナリー選手もフランスやったよねー。こないだ紹介したフィリップ・キャンデロロと一緒にエキシビジョンバク転したりして、好きだったなぁー。彼女は黒人って偏見からか、芸術点が伸びず、審査員に直接抗議したり、長野オリンピックではミスが続いた後、最後にバックフリップ(正式な試合ではしたらダメ)して皆を驚かせたり。いやぁー、あの破天荒さが好きだったな。(多分、身近にいたらいやだけど。)フランスってオモロい人材出して来るなぁ。彼女の得点は58.63で9位で終了。

アデリナ・ソトニコワ
ロシアのアデリナ・ソトニコワ


ロシアのAdelina Sotnikova、私の中の今日の一番やね。楽しませてもらった。「完璧でダイナミックな演技のできる選手」出て来たやーん?!っと思ったわよ。「カルメン」に合わせて、攻める勢いのある演技で全てのジャンプを成功させた。最後のジャンプの後、少し笑みが出たとこが最高に良かったぁ。地元やし、むっちゃ盛り上がってるし。ロシアは、Yulia Lipnitskaya選手が注目されてたんやんな(料理してて見てへんかったけど)?まさかのAdelina来ましたよー!Yuna抜くかと思ったけど、僅かな点差74.64で、2位

アデリナ・ソトニコワ
演技終了後、喜ぶAdelina

アデリナ・ソトニコワ
得点が出た瞬間のAdelina。
彼女も17歳となんとも若くて可愛い!

最終滑走、我が日本の浅田真央Yuna、Carolina、Adelinaとレベルの高い演技をされて、むちゃくちゃ盛り上がってる会場の中で静かな「ノクターン」。すんごい緊張やろうなー。真央ちゃんファンには悪いが(私もファンだが)、彼女はプレッシャーに決して強くないと思う。そして、オリンピックに弱い気がする。が、トリプルアクセルを飛べる選手でもあるので、「上手く行けばトップ争い。悪くとも3、4、5位に絡んでくれるかな?」っと期待していた。

浅田真央
今から演技をする浅田真央


結果、最初のトリプルアクセルでお尻から転倒、、、最初の転倒が振り切れてない感じ、、、後半の連続ジャンプでもミス。私ならココで逃げ出すなぁー。よく最後まで踊りきった。演技後の真央ちゃんの顔が全てを物語ってた気がする。アスリートの心臓ってスゴいなぁー。得点55.51=16位。そこまで引かれたかー?点数伸びなかったかー?とも思ったが、これが現実、残念やった。

浅田真央
演技直前の浅田真央。
どの選手もどの競技も、スタート直前の顔って素敵。

真央ちゃんは、明日のフリーで、トップ争いは、さすがに無理そうだが、こうなったら、捨て身で、ガンガン3回転半なり何なり挑戦して良い意味で切れて欲しい。そして8位鈴木明子が入っている。男子では、SP9位だったデニス・テンをとった。何があるか分からないスポーツの世界。どの選手も頑張って、そして楽しんで欲しい。

photo 4
得点がでた時の浅田真央


ネットのニュースを見ていると、韓国批判をしている人をよく見る。確かにハッキリした勝ち負け、点数で出ないフギュアのジャッジの公平さを判断するには誰しもある程度の贔屓目があるだろうし、難しいだろうが、Yunaは、何やかんややっぱりスゴい。今回の配点は許容範囲だと思うし、彼女が日本人であれば、私も大絶賛すると思う。

そう言えば、上に紹介したボナリーも、私の今でも一番好きな伊藤みどりも当時、ジャンプはスゴいが、芸術点が伸びなかった。筋肉質い肌のボナリーや3回転半飛ぶ為の太い足、おまけに頭でっかちで、お尻の重たい典型的日本人体系の伊藤(決してけなしてないよ、彼女は偉大ですよ!)と手足の長い白人選手とでは、絶対に見た目で不利だったに違いない。

surya-bonaly
伝説のスルヤ・ボナリー
かっこ良かったー。


昔のフィギュア選手と言えば、手足の長い、見た目にも美しい色白の白人さんと胴長短足、頭のデカいアジア人と言うイメージだったけど、最近のアジア人女性はどちらかと言うとみんな、スラッとスリム。お尻も小さくて手足も長くなり見た目が断然良くなった。そんな細い足でもジャンプ飛んじゃうんだからスゴいねー。

何だか話が飛びまくりやな、、、飛んだ次いでに、

こないだ、気が付いたのだが、オリンピックを英語で見てると、感想かけ声、応援も英語、日本語だと日本語、フランス語だと「Oui!」とか言ってる自分を発見。そして、英語の解説は、手厳しい感じがする。直接的な表現が多いからか?フランス語は、私の理解力が完璧でないのもあるが、もう少し柔らかい言い回しで、どの選手も応援してるような、人間味のある解説をする人が多い気がする(カナダのCBC/Radio Canadaだけの感想やけど。)

さ、まだ、べべの体調復活せーへんし、お家で抱っこしながら、明日もフィギュア観戦楽しもー。ハイレベルな戦いが期待出来そうやぁー。カナダ人、フィギュアの盛り上がりはイマイチで、やっぱりホッケーに狂ってます。私が、ケイトリン応援しちゃる!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 国際スポーツ大会へ

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ