私の日記ではFestival de Films du Monde Montrealの事を「モントリオール国際映画祭」っと書いてるけど、日本のニュースとか見てると『世界映画祭』ってなってるね。昔っから”世界”やっけ?英/仏語がWorld/Mondeやから訳したら「世界」か。。。でも、、、国際映画祭って方が、シックリくると思うのは私だけ?なんでWorld/Mondeなんか知ってる方いらしたら教えて下さいませ。

FFM
左:「そこのみにて光り輝く」の監督、呉美保さん
中央:「ふしぎな岬の物語」の吉永小百合さん
右:「Obediencia Perfecta」の監督Luiz Urquiza Mondragonさん


さて、結果は、

Grand prix des Ameriques(最優秀作品賞):

OBEDIENCIA PERFECTA (LA PARFAITE OBEISSANCE) de Luiz Urquiza Mondragon (Mexique)


Grand Prix special du jury(審査員特別賞):

FUSHIGI NA MISAKI NO MONOGATARI (CAP NOSTALGIE) de Izuru Narushima (Japon)


Prix de la mise en scene(監督賞) :

SOKONOMINITE HIKARI KAGAYAKU (THE LIGHT SHINES ONLY THERE) de Mipo O (Japon)


ふしぎなみさき3
プレスカンファレンスでの阿部寛と吉永小百合
写真元はコチラ

1位っというか、最も注目される最優秀作品賞はメキシコ映画。その次に注目される、審査員特別賞監督賞、続けて日本映画が獲りました。モントリオールの人、ファンタジアもそうやけど、日本贔屓な気がするのは私だけ?!

ふしぎな岬2
シネマインペリアルが豪華に見える!
吉永小百合はさすがに貫禄、上品ですなぁー。
寛兄さんはやっぱりデカい。
写真元は「ふしぎな岬の物語」FBより

いやぁー、でも日本人としてはやっぱり嬉しいですね。2本ともコンペ作だったので、見に行きたかったし、実際、見に行く時間もあった2作品。でも「サンブンノイチ」と「ぶどうのなみだ」を選んだ私の好みはやっぱりモントリオール国際映画祭向きじゃないんやろな。

ふしぎな岬1
ハイアットホテルからかな?
後ろにPlace des Artsの建物が見えます。
この日は暑かったハズ、お二人とも長袖、着物でなのに、
涼しそうなお顔。

『ふしぎな岬の物語』の吉永小百合さんと阿部寛さん。『そこのみにて光り輝く』の綾野剛さんと池脇千鶴さんが、来ていたそうで、劇場で質疑応答をしたり、友達は綾野剛&池脇千鶴さんと写真も撮ったそうな。

そこのみ
「そこのみにて輝く」の綾野さんと池脇さん。
綾野剛くん、、、その髪型は良かったのか???
写真元はコチラ

ちなみに、こないだ書き忘れたけど、「ぶどうのなみだ」を見ている時、最初、赤ちゃん?喋れないチビ(3歳)以下くらいの幼児の泣き声と言うか、ぐずり声が、かすかに後ろの方から聞こえてきた。途中から映画に集中できるくらい静かになり、聞こえなくなったし、振り返って確認もしなかったので、何の声かは確証ないけど、映画って赤ちゃん連れでもエエんかな?静かにできる子やったらエエんかな?ウチの子そんな大人しくないんで無理やけど、連れて来たお母さん、アッパレ!

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ