ウチの長男チビは現在3歳8ヶ月。ちょっと前までは、何喋ってるかも分からん、ヨチヨチ歩きの赤ちゃんやったのに、あっという間に、男の子な風貌になってきた。なんと今年の春から日本語センターに通う予定です。

IMG_20150214_182851
見た目は、赤ちゃん卒業、
やんちゃな男の子。

モントリオールには日本語学校が2つあります。一つは日本語センター、もう一つは日本語補習校。今日は、この2つについて私の聞きかじった情報をご紹介します。嘘や古い情報もあるかもなので、ちゃんと知りたい人は、自分でもっと調べてね。では、まずこの2つの違いは、

日本語センター
3歳から入れる(成人の部も有)。日本語学習(平仮名、カタカナ、漢字等)と集団生活を通し日本文化等を経験出来る。

日本語補習校
小・中学生対象。 日本の教育課程に添った授業を提供し、国語、算数(数学)、社会、理科等の教科も含む。日本に帰っても小・中学校の授業に適応できるだけの学力養成を目標としている。

IMG_20150214_182829
『足がない』と言って遊んでるチビ。

チビが今年の4月から通うのは、3歳なのでもちろん日本語センターの方。どちらも基本毎週土曜日(夏休み等の長期休校もある)。日本語補習校は、日本の学校について行けるだけの学習をさせると言う事なので、かなりの日本語力が求められる様で、入学試験があるそうです。

今の所、私は補習校に行かせるつもりはありません。まぁ、後々、自ら「行きたい!もっと勉強したい!」って言い出し、脳みそが足りるなら行かせてあげたいけど。でも、ウチの子そんなに勉強好きになるとは思えないのよねー。将来、日本に帰る予定もないし、ちょっと日本語が勉強できて(私じゃない第三者から教えてもらえて)、日本の文化や季節行事やらを楽しく体験でき、日本語を話す親を持つが外国(カナダ)暮らしの同じ境遇のお友達が出来れば良いなぁーくらいの軽ぅーい気持ちです。

モントリオールは、色んな言葉を話す人がいるから保育所でも英仏以外の言語で話せる子はゴロゴロいる。その点では、チビも自分が日本語を話す事に疎外感は感じないだろうが、中国語スペイン語等のメジャーな言語に比べ、日本語話す子どもって道端でそーそー簡単に見かけない。日本人の友達の子どもとタマに遊ぶ機会があったとしても近所に住んでる訳ではないので、頻繁には会えない。だから週一でも日本語を話す同年代の子ども達に会える機会って素敵だなっと思う。

日本語補習校には、入学試験があるって書いたけど、日本語センターは、試験はないけど、早い者勝ちです。すでに日本語センターに通ってる子の先輩ママの話では「申込開始日、日付が変わる午前零時になったらすぐ申込まな入れへんで。」との事。この話を聞いた時は「またまた、そんな大げさな。人気アイドル歌手のコンサートチケットかいな?!」っと笑って聞いていたが、1日後とかだと、入れない可能性が高いのは事実の様子。

ビビリな私は、申込開始日の午前零時1分くらいに申込んだので無事、入れそうです。お昼過ぎとかでも遅いんかな?ちなみに、この「申込開始」は、今回2015年度春からのは、2014年12月5日からでした。毎年この日と言うことでもないみたいで、ママ友の中には「10月くらいだったかな?」という人もおり、日本語センターのHPを10月くらいからちょこちょこチェックしていたのだが、なんの新情報も更新されず、実際は11月過ぎくらいに「2015年度開講申込について」の情報がアップされてました。

大人気な日本語センターのようですが、恐らくすぐ申込がいっぱいになるのは、一番小さい3歳クラスだけだと思います。小学生、特に高学年くらいになると日本語センターよりも他の習い事や、地元の友達との遊びを優先し、辞める子も多いようなので、申込にはそこまでキリキリしなくて良さそう(ってか途中入学とかできるのかな?)。

まーでも今回、私は、3歳児の日本語話す子どもが、キャンセル待ちが出る程いっぱいモントリオールにいるって事自体にビックリしました。大人の日本人ですらあまり見かけないけど、最近オープンしてる居酒屋レストランでも、多くの日本人の若者が働いてるし。日本人の皆さまどこに隠れているのやら。ここ10年以上、日本人の友達数が増えない私ですが、日本語センターに子どもを行かせてるママ友からは「子どもがセンターに行き出すと、日本人のママ友が一気に増えるよ。」との事。

IMG_20150214_183523
袋に入ってジャンプしながら移動。
これも楽しい遊びらしい。

ちょっとワクワク、でもちょっと怖い気もするわ。もうペラペラ日本人の悪口とかブログにかけないやんか。いやいや、悪口なんて今まで書いたことない?と思うけど、否定的な意見とか、私はそうは思わんみたいな事も、、、意外と小心者の私は、萎縮して言えんくなるかも。なので、今のウチに吐き出しておきます。

モントリオールだけじゃなく、海外の日本語学校的な所に行かせてる親から聞くのが、

『日本のPTAの様に陰で悪口行ったり、会議の時、誰も発言しない。』なんて事はあまりないが、逆に、
『みんな自己主張が強くて、意見がまとまらない。』だって。

おもろいねー。でも、確かに、海外にいる日本人は、気が強い人とかハッキリ物事を言う人が多そうね。陰で文句言う人より私は100倍好きだけど。でも陰口言う人って自分が陰口叩いてるって気付いてない場合が多いのよね(私を含めてだけど)。

正直ね、何が怖いって私、集団がダメなんだわ。もう、協調性ゼロに近い、チームプレーなんてできん。仲良い友達同士でも3人以上集まると誰と話して良いか分からず、無口になってしまう。今の仕事もほぼ個人プレーやしね。日本語センターは、民間の非営利団体で、親のボランティアで色々な活動が行われていると聞く。子どもの為なので出来る限り頑張りたいが、馴染めるのかとぉーーーーっても不安です。

春から日本語センターで私とおぼしき人物を見かけた方、暖かい目で見守って下され。そして春から同じく3歳のお子さんが入学される方、お会いするのが楽しみやわぁ!

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ


にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ