1月25日(月)

今日は、こないだ産婦人科医からもらった書類を持って出産する病院へ妊婦としての登録に行って来ました。過去2回の出産と同じく、St-Mary's Hospitalです。

もう3回目なんで、さすがに慣れました。まず、Admission officeへ行って登録手続き。入ると、1人しか待ってる人がいないので、「お?今日は、月曜だし混んでるかと思ったら空いてるな。早く済みそう。」と期待し、整理券を取って待っていたのだが、ちょうどお昼前で、スタッフがランチタイムに入ってしまったのか、誰も呼ばれないまま10分経過。。。

むっちゃスローである。そうこうしてるうちに、客(患者?)はどんどん増えていく。結局、15分程で呼ばれ、必要書類を提出し、グルコーステストやらの予約日を決められ、「今日はこの後、ウルトラサウンドの予約を自分で上の階に取りに行って、血液検査尿検査をして帰って下さい」と言われる。

IMG_20160207_102647
ママのバイブル「Tiny Tot」

そして、ケベックで妊娠した人が必ずもらう3冊目の「Tiny Tot」と言う育児書を頂く。これ、分厚くて重いのよね。この本、他に育児書とか買わなくても妊娠してから3、4歳までの育児の事、食事、離乳食、病気、育休制度等についても全て基本的な事は書かれてるので、一読される事をお勧めする。

St-Mary's Hospital英語系の医者も患者も多いので私は初めっから英語で通してたので、当たり前の様に英語の冊子を貰ったのだが、帰宅してからJMに、「また、英語?3冊もあるねんから、フランス語貰ってきたら良かったのに。」っと言われた。うーーーん、確かに、フランス語でも良かったかも。内容、ほとんど同じやし、違うのは、写真と広告くらい。

その後、ウルトラサウンドの予約も待ってる人はそんなにいないものの、ここもスタッフが1人しかおらず、20分程待ち、予約のみ済ます(電話でもできるが、私の昔の経験から、なかなか電話が繋がらないので、病院にいるならその時、現場で予約した方が早い。)

そして、メインの採血。ココは、いつも混んでいる。月曜、意外と狙い目だったのか、混んでいるが、ダダゴミではない。酷い時は、待合室&廊下の椅子もイッパイで立って待ってる人もおり、3時間くらいかかる事もある。ここでも整理券を取って、まず名前等の確認の登録には比較的すぐ呼ばれる。その後、実際の採血までの待ち時間が長いので私は、小腹が減ったので、カフェテリアで40分程潰して、戻ったら、ちょうど5人前くらい!(さすがに、待ち時間の予想も上手くなってきた)。

20160125
病院のカフェテリアのサンドイッチ。
やっぱりあまり美味しくない。病院なのに、サンドイッチ、塩っぱいし!
グラノーラ&ヨーグルトも甘過ぎ。

この日は、運良く、1時間くらいの待ち時間で済んだ。採血も、最近、体調悪くて、採血される事多発なので、注射大っ嫌いな私も慣れてきました。今回の看護士さんは、アジア系のオバちゃんで、手際良く、私の血管浮かび難い腕に上手い事、見つけて(この日は我ながら、いつもより血管出てたと思う!)ささっと採血。いつも注射針から目を背けるんだけど、今回、4本取られた3本分は、凝視できました。人間慣れって凄いわー。

後は、再尿をして提出して終了。病院に居る間は大丈夫だったけど、やっぱり帰りはフラフラ。1日1個何かするとドット疲れる。動いた日の翌日は完全にグロッキー。でも、ここ2日程は、ツワリより、風邪で体がシンドイ感じがするので、風邪が治ったら、大分ラクになるかなー、っと期待。


つづく、、、

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 三人目以降妊娠・出産へ