今日も、またまた日本語センターネタです。

日本では、卒業式の時期。日本の人たちのSNS等を見てるとのお花が登場。ですねぇー。モントリオールもここ1週間程、暖かく、マイナスの世界からは脱出したようだけど、お花にはお目にかかれず。が、しかし、私のは、かすかに花粉をキャッチしているのか、はたまた気温が上がり雪・氷が解け、街がっぽくなっているからか、アレルギー症状を感じます。

Mar 12, 2016
舞台に上がったお兄ちゃんのクラス。
やる気がないお兄ちゃん、、、

さてさて、日本語センターも日本の学校と同じ4月始まり。3月は1年の締めくくりとして、発表会が行われます。発表会本番は、来週なのですが、今週は、そのリハーサルがありました。(お兄ちゃんのクラスは、みんなでダンスを踊る。)

大きな舞台(小学校の講堂みたいな所)でやるのかと思っていたら、一回り小さい映画館の様な観賞用の椅子も備え付けの講堂で開催。小さい子には、ちょうど良い大きさかも。以前はこの講堂で全生徒集ってやっていたそうなんですが、人数が増えたので、小さい子の部と大きい子の部、前半後半に分かれて今年はやるそうです。

お兄ちゃんのクラスの順番になり、ステージの上に上がり、先生達が、「手を広げて各自、踊るスペース作ってねー。」っと言っているのに、突っ立ったまま動かないウチの子。顔も背けててヤル気なし。なのに、なぜか、舞台のセンターにおるし、、、

実は、前の週から、先生に「ダンスの練習をしないので、本番は、走り回ったり、邪魔にならない様に側で見てて下さい。」と言われていたので、この1週間、お家で練習してみた。お家だと、結構、ケラケラ笑って踊ってくれる。「なんで、学校でみんなと練習しないの?」と聞くと、「恥ずかしい。」らしい。

「来週のリハーサルと本番の2回、ちゃんと皆で踊ったら、ご褒美あげるよぉー。大きい金貨チョコあげるよぉー。」っとまたまた、物でツル私。なのに、ふて腐れ顔で、ヤル気なしの舞台上のお兄ちゃん。。。

Mar 12, 2016
やっと手を広げてヤル気になったか?

アカン、やっぱり無理か。。。音楽がスタートすると、泣き出しそうな顔になるお兄ちゃん。それでも何とか手足は動かしイヤイヤながらも踊ってるけど、今にも泣き出しそうで見てるコッチがハラハラ。が、しかし、しばらくすると、慣れてきたのか、ちょっとノって来た様子。あぁーーーー、舞台上で泣き出さんで良かった。。。(まー、泣いたら、泣いたでそれもオモロいが。)

この日は合格。来週も頑張れー!それにしても同じ、3、4歳の子でも女の子は、しっかりちゃんと踊ってる。中には、モデルの様にポージングし、ノリノリの子もいた。それに比べ、男の子は、ボーッと突っ立ってるだけとか、変顔や怒った顔をしてオチャラケてる子とかおって、やっぱり男の子の方が「恥ずかしい」と思うんかね。

Mar 12, 2016


そして、もう一つ、これも全生徒で1年間の締めくくりとして「文集」なる物をこの時期に作ってくれる。大きな子は作文であったり、小さい子は、であったりするのだが、お兄ちゃんが描いた絵が上の絵。まぁー、何が描いてあるか意味不明なのはいつもの事なのだが、一応、先生が、隣に何を描いたか子どもに聞いて文字で書いてくれている。

うめつき

????何ですか?「ウメツキ」って?先生も分からんかった様なのだが、お兄ちゃんが頑なに「これはウメツキや!お母さんに言ったらわかる。」と言うので説明として書いてくれたのだが、、、ママも「ウメツキ」なんて知らんがなー!

後で聞いたら、「梅干」の事らしく、ご飯の上の梅干を描いたらしい。で、右下にある青い三角がだと、、、凄い、絵心である。他の子の絵を見て見ると、やはり女の子の方が絵も圧倒的に上手い子が多いのだが、3歳(−4歳)だと何を描いてるのかパッと見わかる絵は少ない。

が、これが、1年上の4歳(ー5歳)クラスになると、一気にクオリティーが上がり、何を描いてるのか大体想像が付く。ウチの子、1年でこんなに上手くなるのだろうか、、、4年生くらいの作文を読むと、環境問題やら結構、シビアなトピックについて書いてる子もおり、凄いなぁーっと感じたり。

4月からは、またクラスが変わって、今度は、ひらがな等のお勉強の要素も入って来る様なのだが、ウチの子ついてけるんかしらー?!


にほんブログ村 マタニティーブログ 三人目以降妊娠・出産へ

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ