気が付けば、Jazz fesも、花火大会も、Just for Laghsも終わってしまい、、、年々、フェスティバル参加率が落ちております。そんな中、「そろそろFantasia映画祭始まるんじゃ?」っとチェックしたら、すでに始まっておる!

Fantasia映画祭とは?って分かんない人は、ググるか、私の昔のこの時期のブログ日記でもチェックして下され。)

やっぱり今年もイケそうな日があんまりないので、日本の映画のみチャチャッとチェック。「見たいな!リスト」に上げたのが、


1.『クリーピー偽りの隣人
西島秀俊、竹内結子、香川照之、東出昌大等、好きな俳優さん達が出ているミステリー・サスペンス映画。

2.『HK変態仮面2
変態仮面演じる鈴木亮平が好きで、前作も見たかったのだが、結局、見ておらず。今回、これにも興味を惹かれたのだが、前作を見てないのと、あまりにバカっぽ過ぎるかな、、、っと思い悩む。

3.『懺悔 住んではいけない部屋
こちらも竹内結子、佐々木蔵之介等、好きな俳優さんが出演。が、お化け系の怖いやつ。サスペンス・ホラー。夜、1人でトイレに行けなくなったら嫌なので、悩む。。。

4.『木屋町だるま
結構、好きな俳優さん、遠藤憲一さんが、手足のない障害者姿のヤクザ役で主演。木下ほうか、寺島進、三浦誠己、武田梨奈等の俳優軍もエエ味だしており、映画の舞台が地元、京都の木屋町。と、言う事で、すっごく興味をそそられたのだが、予告トレーラーを見てちょっとショッキング。

「これをモントリオールの映画館で見るってどうよ?重過ぎる?」っと思い、もう少し、映画について調べてみようと、ググってる間に、全編見てもーたー。最初の30分くらいが衝撃的なエログロ場面があったけど、後半は、まぁまぁ、よくあるヤクザものかもしれん。悪くはない、どちらかと言えば、好きなタイプの映画でした。木屋町付近の映画館でみたら、より楽しめそう。

5.『秘密 The Top Secret
生田斗真、岡田将生、松坂桃李、栗山千明、椎名桔平等、お若いキレイ系、個性的俳優達が出演。監督は実写映画「るろうに剣心」の大友啓史監督。死者の記憶を映像化し、犯罪捜査を行う、警察ものサスペンス。マンガの実写版らしい。

6.『Too Young To Die 若くして死ぬ
クドカン監督作で、長瀬智也&神木隆之主演の奇想天外コメディ。主役高校生・大助(神木隆之)は、修学旅行中に交通事故に巻き込まれ死んで地獄へ。大助の前に、地獄専属ロックバンド「ヘルズ」のボーカル&ギ ターで、つとめる赤鬼・キラーK(長瀬智也)が出現。大好きなクラスメイト・ひろ美ちゃ んに会う為、現世に蘇る為、大助は、キラーKの厳しい指導のもと地獄めぐりを開始する。

tooyoungtoodie
映画『Too Young To Die 若くして死ぬ』

の6作品をチョイス。怖いのグロいのバカ過ぎるの等、検討し、JMと一緒に行ける時間帯の物を絞り込み、最終的に「Too Young to Die」、一本だけ今年は、見に行く事に。

決め手は、
監督・脚本クドカン(宮藤官九郎)、「池袋ウエストゲートパーク」「木更津キャッツアイ」「ピンポン」「舞妓Haaaaan!!!」「土竜の唄」等、結構、私好みの作品を作り上げる人。

長瀬智也
:地獄の鬼キラーK役、TOKIOの音楽とか全く知らないが、彼の演技はなかなか好きである。

宮沢りえ
:主役大助の好きになった女子高生の大人になった女性を演じている。エエ歳のとり方をしてはる。見ててホッコリします。

この3人が絡んでる映画って事で、見たい度アップアップ。他には、あんまり映画の詳細は調べずに見たのだが、私のツボな俳優軍がこれでもかってくらい出演しておりました。

tooyoungtodie2
誰か分からんやろ?!
えんま様役の古田新太

古田新太:えんま様役、もう、この人が、スクリーンに登場するだけで笑える&何かを期待してしまう。

tooyoungtodie3
シシド・カフカ
こちらも判別難しいぃー!

シシド・カフカ:地獄のバンドのドラマー役、この人の見た目も、雰囲気も好き。すんごい鬼化粧をしてるので、はじめ誰か分からなかった(地獄メンバーは、ガッツリメイクなので、パッと見、誰か分からない人がいっぱい。最後、出演者の名前のテロップ見て、「あぁーー!アレは!」ってのも多々ありました。。。)。

tooyoungtodie4
桐谷健太
こんなにガッツリ鬼メイクしてもキャラ濃いです。

桐谷健太:地獄の鬼役、好きな俳優さんです。こちらもガッツリメイクで登場なので、一瞬、誰か分からない。

tooyoungtodie5
一瞬誰か分からなかった
尾野真千子

尾野真千子:長瀬智也(キラーK)が生きていた時の彼女役。この女優さんは、見た目も演技も雰囲気もなんだか惹かれる、好きだわー。鬼役ではないのだが、暗ぁーいオタッキィーな出で立ち登場するので、こちらも、「似てる人いるいる、でも誰?」って最初、考えた。

tooyoungtodie6
坂井真紀。
いつの間にか、お母さん役、はまってました。

坂井真紀:主人公大助の母役。普通の素顔で出てるのだが、最近、見てなかったからか、こちらも誰だか気付かなかった。


荒川良々:仏役。最後の方にチラットでてくるのだが、エエ抜け感で笑える。

後は、ちょこっと出演な感じで、みうらじゅん、Char、野村義男、Rolly、木村充揮等々、地獄のロックバンド対決みたいなシーンがあるので、ロック系やギタリストの方達もちょこちょこ出てて、そっち系好きな人は、さらに楽しめるかと。

ストーリーより、ノリ映像重視な私には楽しめる映画でした。が、もうちょっと色んなストーリー展開があるのかと思っていたら、想像以上に、お話は単純で、予想以上にオバカ映画。コントのお芝居ミュージカルってノリでした。ロック興味なし、ミュージカル嫌いには向かないかも。

去年も思ったけど、やっぱりモントリオールってアニメやゲーム好きなオタク系な人多いよね?!Fantasia映画祭やら、もう少ししたらOTAKUTHON(行った事ない)とかあるけど、そういう会場に行くと「私って平凡過ぎるわぁーーー」っと感じてしまう。

そして、あっという間に、Fantasiaも終了。次回は、8月末からモントリオール世界映画祭があるはずだけど、出産直後だし、一本でも見に行けるかなぁー?!

にほんブログ村 マタニティーブログ 三人目以降妊娠・出産へ

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ