今年もやって参りましたモントリオールで日本の夏祭りを楽しめる『Matsuri Japon』。モントリオール日系文化会館にて、ほぼボランティアによって開催されるこのお祭り、なんやかんや、子どもが出来た2011年から、ほぼ毎年、行ってます。

Aug 13, 2016
今年の祭りは雨です。
傘だらけぇー。

しかし、今年は、木、金曜日は、30℃を超える蒸し蒸し夏日のお天気だったのに、土曜日は、朝から晩まで予報。オマケに、日中の気温が20℃と一気に夏の終わりを感じる涼しさ!正直、妊婦で体ホカホカの私には、20℃最高ー!とっても心地の良い気温でした。

Aug 13, 2016
久々に浴衣を着ました。
妊娠38週目。

ここ1ヶ月程、暑くてさすがに浴衣(着物)を全く着ていなかったのだけど、この日は、体調も良く(前日は、前駆陣痛か、昼間ずっと生理痛の様な腹痛&腰痛に悶えてた)、涼しかったので、久々に浴衣を着てみました。

Aug 13, 2016
横から、デカーい。
若干、やっぱりお腹が下がってきている。

お腹、胸周りはユルユルの着付けにして、帯も柔らかい綿のテロテロ手作り半幅帯を使用したら、あら意外!巻きスカートを履くより、ラク!(巻きスカートだと、紐(ウエスト)の部分が細く、お腹の上を多少なりとも締め付ける様になるので、立っている時は良くても、座ると圧迫感を感じ苦しかったりするのだが、帯だと、がかなりあるので、あまり締め付けられてる感じがしないし、自然と背筋が伸びるので、これまた洋服で、ダラーっと背中を丸めている時より、お腹への圧迫感は減る)。

Aug 13, 2016
子ども達も甚平さんを着て。
下は、水溜りいっぱいなので、長靴です。

ただし、だったので、会場、グチョグチョだろうと予想し、長靴(ショートブーツ)で行ったら、足のムクミがハンパない。最近、自力で靴下履くのが大変なので、ずーっとささっと履けるサンダル使用で、気付かなかったが、確実に、足、1サイズ程、膨張気味。おまけに、長靴なんて全体を覆うゴム製の通気性のない物を履いてると、たった数時間で、痛み&圧迫感を感じる羽目に。

Aug 13, 2016
雨、降ったり止んだり。
そこそこ人、おります。

さてさて、肝心のお祭りですが、

前日、去年のお祭りの写真を子ども達と見ていたら、朝から「かき氷!お祭り!」っとウルサイ子ども達。午前中に出発し、昼過ぎには到着。天気悪いです。が必須な程の雨が降っておりました。通常、激混み暑さ半端ないMatsuri Japonなので、「今日は、雨だし、人少ないんちゃうかなー。」「お昼ご飯次いでに、ちゃちゃっと寄ってみよう。」なノリだったのだが、

Aug 13, 2016
弟くんは、パパのサポートでスーパーボールすくいに挑戦。

予想以上に、すでに多くの人が会場におりました!

「お天気の良い、お祭り日和の日に、これくらいの人数だったらエエのになぁー。」ぐらいの人が、お昼12時の時点ですでにおりました。恐るべし、Matsuri Japon。いつから、こんなに人気になったのや?!それも、パット見、ノン・ジャパニーズな方達の方が多い気がする。日本から来た、日本生まれの100%日本人な見た目の私の様な人よりも、日本に興味のある現地人、ウチの子どもの様な、日系2世、3世の参加者やボランティアの人達が多い気がしました。

Aug 13, 2016
スーパーボールすくいでゲット。今年は1人で参戦!
子ども用のすくい網は、頑丈でなかなか破れません。

Aug 13, 2016
お兄ちゃんは、1人でスタスタ、次は、ヨーヨー釣り!

涼しくて、降ってるのに、「かき氷!」コールを浴びせる子ども達。さすがに、かき氷のブース前には、誰も並んでおりませんでした。「赤が良い!」という弟くん、「青が欲しい!」というお兄ちゃん。涼しいし、「2つも買って食べたら寒なるでぇー」っと思い、1個だけ買って、赤&青半々にしてもらいました。

Aug 13, 2016
ヨーヨー釣りの釣り糸も子ども用にかなり頑丈です。

Aug 13, 2016
3年連続、同じ甚平さんが着れてます。
そろそろ、来年は、サイズアウトだな。

かなり前から雨予報だったので、雨を凌げるテントとか用意されてるかなぁーっと期待していたのだが、雨宿り出来る場所なし!ボランティアの人やお店等は、もちろんテントがあるのだが、客用には、会場の一番奥のテーブル席に、若干、あるのみ。かき氷は、子どもブースで、木の下で傘をさしながら、子ども達に食べさせたのだが、ここにも、少しくらいは、テント用意してくれても良かったんじゃなーい?っと感じました。

Aug 13, 2016
ダルマ落としもしたよー。

Aug 13, 2016
重そうなのに、意外と持てるのね。

Aug 13, 2016
もちろん、成功せずですが、本人、大満足。

その後、雨が降ったり、止んだりしたりしながら、子ども達は、スーパーボールすくい、ヨーヨー釣り、ダルマおとし等の子ども用のアクティビティーをし、お昼ご飯に、焼きそば、コロッケ、イカ焼き、を買って皆でツツク。

Aug 13, 2016
焼きそばコーナー。
13時前、2分待ちくらいで、まだ行列ではありませんでしたが、
1時間後には、行列になってました。

Aug 13, 2016
イカ焼き、コロッケ、焼きそばGET!

Aug 13, 2016
雨が一瞬止んだので、テーブルでお昼休憩。
イカ焼き美味しそうでしょう?!

イカ焼き、最初の一口が美味くって「ビール飲みタァーイ!」となりまして、JMがビール買いに行ったのだが、イカ焼きのお腹部分の中心部に火が十分通っておらず、半生というかほぼ生で食べてしまった(一応、妊娠中は、生肉魚介類を控えている)。。。大丈夫よね!っと自分に言い聞かす。ビールも3口程、ひっさびさに飲んでもーた。体調は悪くはならんかったけど、お顔がすぐにポッポするのを感じました。

Aug 13, 2016
あ、また雨が降ってきた。。。
傘の下にビールと食べ物を隠す!

Aug 13, 2016
私がビールに手を伸ばした所を弟くんに激写されました。

で、毎年、参加しているにも関わらず、毎年、メイン舞台での盆踊り太鼓、武道等のショーは、子ども連れなんで、ゆっくり見る事はできず、バタバタと終了。今回も、滞在時間わずか1時間半で退散。今回は、早い時間に行ったからか、友達や知り合いにはほとんど会わなかったのだが、何人かの方に「ブログ見てます。」ってお声をかけて頂けたので、ビックリ!雨の中、ウオサオ(挙動不審やったと思う)していたので、ゆっくりお話できなかったけど、声をかけてくれた方々、ありがとうございましたー!そして、退散する、2時頃から人も一層、増え始めた感じ。

Aug 13, 2016
唯一、客用のテントが2、3個のみ出てました。

お祭りなので、割高なのは、日本でも同じで、なるべく楽しむ事にポイントを置き「いくら使ったか。」等は、気にしない様に努めているのだが、行った事のない人の為に、参考程度に、今回使った内容を思い出せる限りで書き出してみると。

・かき氷 3ドル (これは、妥当だと思います。シロップもっと少なくってもエエくらい。)
・焼きそば 8ドル(量が少ないので、高いねー。)
・イカ焼き 8ドル(半生じゃなかったら、割高だけど納得してたかも。)
・コロッケ2個で 4ドル(こちらも納得できる範囲かな。)
・ビール 6ドル(まぁ、許そう。)

・スーパーボールすくい 3ドル(2個持って帰れる)
・ヨーヨー釣り 2ドル(2個持って帰れる)
・だるまおとし 2ドル?(なんか景品もらえる)

Aug 13, 2016
お昼過ぎは、エエ感じの人混み具合でした。

ちなみに、子どもブースでのアクティビティーは、現金払いでなく、チケット制でチケットをまず買わなきゃならんので、混雑時は、めっちゃ面倒臭い。

あと、なんで?っと感じたのが、ショー系のイベント以外、子どものアクティビティーもほぼ全て有料なのに、浴衣のレンタルは無料。着付け、後日の洗濯やアイロンがけ等、大変そうやし、ダルマ落としを無料(景品なし)にして、浴衣レンタルを有料にしても着たい人いっぱいいそうだけどなぁーっとか感じてしまった。

Aug 13, 2016
どこでしょう?
3年連続、お祭りの後のKim Phatでの買出しでーす。

合計40−50ドル使ったかな。まぁ、家族4人なので、1人10ドルの参加費と考えれば、私は納得です。安くはないけど、日本っぽい夏祭りを子ども達に経験させてあげられる年に1回の貴重な時間&場所なので。入場無料なので、お弁当や飲み物を持参すれば、ご飯代は節約できる(お祭りっぽい物を買って食べたいってのもあるんだけどねー)し、Matsuri Japonを運営してくれてる皆さん、ボランティアの方々には、感謝感謝です。

Aug 13, 2016
最近の2人のお気に入りのお遊び、
ジャンケンポン!!

今回、お祭りに行く前に、Matsuri JaponのFBページをチェックしていたら、あるカナダ人男性が、「この祭りに僕は行かない。むっちゃショボくて、日本の伝統的な本物の祭りを侮辱している。僕は、アニメオタクのガイジンで、日本語も堪能で、日本の歴史や武士道にも精通しており、、、」ウダウダウダっと、自分の日本バカアピールを恥ずかし気もなくしていた。

Aug 13, 2016
弟くん撮影、下からアングルで、
ますますデッカいわー。

確かにモントリオールのMatsuri Japonは、日本の夏祭りとは、全然違う。が、遠い異国の地で、それらしいものを、懐かしく感じるものを作ろうとボランティアの人達は頑張り、それに少しでも触れたい人達が参加するのである。「あんたみたいなんは、来んでよろしい。」なんやが、ある一定の割合で、この勘違い日本オタク達は存在するよね。

Aug 13, 2016
猿顔のお兄ちゃんと腹ぼてな私、
撮影by弟くん

去年も言った気がするけど、いつかボランティアにも参加したいなぁーっと。今年は、2ヶ月前くらいまでは、ボランティア申込する気満々やってんけどね。想像以上に、体が重くなってきて、迷惑かけそうなんで、断念。子ども達ももっと大きくなったら、一緒に文化会館で開催される色んな日本の行事事のお手伝い出来たら良いなぁーっと感じてます。

にほんブログ村 マタニティーブログ 三人目以降妊娠・出産へ

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ