前回の日記「3人目、カナダでの出産 」の続きです。


21:00 
子宮口5開く。2時間前より、2竸聞圓靴討い襪里如一旦帰宅は回避。


21:20
分娩室へ移動。やっぱり、この部屋は寒い。後ろ開きのガウンに着替える様に言われる。入院用の着替え、寒さ対策のスリッパや靴下、上着等が入ったホスピタルバッグも持って来ていたが、まだ車の中に置いたままだったので、JMに取りに行ってもらう様に頼んだ。が、今回は、この寒い部屋にも5分程で慣れてしまい薄っぺらいガウン一枚でも耐えれる。やっぱり今回、かなり体感温度がカナダ人化しているっぽい。

陣痛が、むぅーーーーっちゃ痛くなってくる。そろそろ耐えられず、悶える。我ながら、日本人だなぁーっと感じるのが、痛いと、やっぱり「(ィ)タタタタタタタターーーーーーー!(始めの「い」は消え入る感じ。)っと言ってしまう。

分娩室への移動が決まった時、「無痛分娩」を希望と伝えたが、麻酔科医の登場が待ち遠しくてたまらない。日本は、まだまだ無痛にする人の方が少ない(有料だから?)からか、「無痛って痛くないんでしょ。良いなぁー。」とか言われるが、全く痛くない訳ではない。ココまでの出産日記を読んでもらっても分かる様に、陣痛が始まって、だんだん痛みが増し、痛みに堪えながら歩いたりしている時点で、すでに通常は、遭遇しないレベルの痛みを経験しているのである。

それに、私の経験では、無痛の麻酔Epiduralは、子宮口が最低でも3程開かないと打ってもらえない。今回は、軽い痛みの時点ですでに3開いていたが、1人目の時はこの3僂泙嚢圓のに時間がかかり、促進剤等を投与され、かなり痛みが増すまで堪えに耐えた後、やっとEpiduralを打ってもらえた。プラス、麻酔科医は、忙しい人気商売の様で「今、登場して欲しい!」って時に、すぐ打ってもらえる訳でなく、医者待ちで1時間とか待たないとイケナイ場合もある。

なので、無痛分娩といえども、全く痛みを感じず出産出来る人は、稀だろう(無痛にしなくても、「あんまり痛くなかった」って人もタマにいるしね。)。私は逆に無痛にしなかった時の普通時の痛みのマックスを知らないので、どれくらい痛くなるのか語れないが、最後の最後、プッシュする前、と言うかが出て来る時の痛さが陣痛のMAXなのかなぁーっと想像している(違う?)。

それにしても、痛みMAXの中で、プッシュをコントロールするなんて、難しい気がする。。。そりゃ、叫んだり、暴言吐いたりもするわな。

Aug 24, 2016
出産はじまるよぉー!
毎度の事ながら痛々しい点滴につながれた手。

21:35
ナースが、採血2本を取りに来て、無痛分娩の用意をする。ここからは、若くて可愛い眼鏡のアジア系女子が担当。愛想も良いが、採血は、ベテランの域とは言えず、少し痛い。今回で2回目(私が、「以前、ココから取られた事もあるよ」と言ったからか)手の甲から採血。その後、点滴をつながれるのだが、これが、若干、ずっと鈍痛を感じる(前回もだったが、また、外した時に青タンになりそうやぁー)。


21:45
待望の麻酔技師登場!今回、初の女性。頭爆発ボーボーのオバちゃんでした。前2回の技師さんは、瞬くまに、チャチャっと用意し、パッと刺し、サッと出て行き、挨拶さらする時間がない程だったが、今回のオバちゃんは、少しゆっくりな感じで準備、一言、二言話す機会はあり、無難に終了。

陣痛の痛みが増して来てから寒くもないのにブルブル震えるEpiduralを打つ前もブルブル体全身が震えるので、JMに肩を押さえてもらいながら打ってもらう。毎度の事ながら、採血より痛くないです。10分程で、すでに陣痛が軽くなっていくのが分かる。やっぱり麻酔って凄いよね。


22:00
血圧3回測って、「プッシュしたい圧迫感を感じたら、もしくは、ウンコが出る時も同じ様な圧迫感を感じるから呼んでね」っと言われ、ナース退散。(病室に入ってからも柔らかめの便が少し出たので、大丈夫だろう。)


22:20
完全に陣痛の痛みから解放されるーーーー!痛みフリーになると、今度は、眠くなってきた。ブルブルの震えも止まり、温かく感じ心地良い。麻酔のせいで、足先が少しジンジンする(上半身は、普通)。

Aug 24, 2016
痛みから解放されたので、写真を撮って遊ぶ。
病室で、お腹の上に乗ったポケモンGET!

22:40
子宮口まだ5僉ナースが破水させる。


23:00
ナース交代。またまたチャイニーズ系女子。今夜はドクターもチャイニーズらしく、アジアンナイトです。

Epiduralの麻酔のせいで、特にお腹の上辺りを中心に、体が痒くなってきた。(「産後、もっと痒くなるよ。」と言われ、次男の時は、ホントに産後、麻酔でお腹が異常に痒かったが、今回は、産後より、この時の方が痒かった。)

腰回りも少し固まって来た感じ。これもEpiduralのせい?!


23:20
麻酔が切れてきて、少ぉーし鈍痛を感じるのでナースを呼ぶ。


23:30
子宮口8。早い!Epiduralを追加してもらうものの、右の腰辺りが痛いので、これは、麻酔のせいで、腰回りが固まって痛いのか、陣痛の痛みか分からん。左足が麻酔で麻痺してきて、自力で動かすのが難しくなってくる。

少し震えも復活。どんどん右腰の下辺りの痛みが増してくる。これは何?!体勢変えてみたりもするが、左足もあまり動かないので大変。やっぱり陣痛間隔(お腹の圧迫感は感じる)と一緒に腰の痛みも来るので、陣痛の一部っぽい。なぜ、腰には効いてないのだーーー?!


23:50
腰がアホ程、痛いのでナースを呼ぶと、「プッシュしましょうか。」っと用意をはじめる。

時間的に、あと数分で、日付が変わる。JM的には「8月24日だと誕生日が覚えにくい。25日のが、僕と同じだから覚えやすいから日付が変わってから産まれてくれー!」っと願っていたのだが、、、さて、どうなる?!

つづく、、、



にほんブログ村 マタニティーブログ 三人目以降妊娠・出産へ

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ