まだまだ続くよカナダ出産レポ日記。もう、3回目、同じ病院での出産やから、同じ様な内容になるのだが、、、記しておきます。

さてさて、出産後、背中に刺さったEpiduralのチューブも外してもらい、分娩室から入院用のお部屋に移動。まだ、足の麻酔が抜け切れず、左足が思う様に動かせないので、車椅子に乗せてもらい移動。


8月25日(木)1:30頃
部屋移動。新たなナースが登場し、やっぱり、産後の担当ナースは、出産前の「若い、可愛い、親切ナース」から太った、髪ボサボサの「オバハン、ナース」にチェンジ(産後エリアの方が、経験豊富ナースが必要って事か?でも、みんな、そんな経験豊富にも見えんが。。。)。

まず赤子の体重をここで初め計測する。

赤子の体重:3,534g

今までで一番デカい子でございます(見た目は、そうでもないけど。。。)。

Epiduralを抜いた後、体の痒みは今回は、なぜかマシになりました。右手の甲のチューブはまだ刺さったままで、点滴続行。点滴は、尿が出て、しばらくしたら外してくれるらしい。今回は、いつ取れることやら。

Aug 25, 2016
部屋を移動する前、ミイラ巻きにされ、
新生児膿漏眼を予防する目薬(硝酸銀)を点眼されたべべ。

今回の病室は、、、ボローーーーーーい!!!今までで一番、ガッカリな部屋です。1人目は、セミプライベート(2人部屋)。2人目は、プライベート(1人部屋)を選択し「ボロい」と感じた事はなかったが、すんごくそうな部屋である。テンション落ちる。。。

モントリオール市内の出産用病院には、全室個室の病院もある(Royal Victoriaとか、確か、St−Lucも)のだが、私のSt-Mary's Hospitalは基本3人(?)部屋。実費で払うとセミプライベートかプライベートも選べる。尚、希望しても空きがない場合は、共同部屋になってしまう。

2人部屋だとカーテンで仕切られてるだけなのでやはり隣が気になるし、こちらがウルサく(赤ちゃんの泣き声、話し声等)しても気を使う。トイレは1人づつあったが、シャワーは外の共同シャワーを使用なので、面倒臭い。何よりJM(付き添い人)が、辛そうだった。1人部屋は、その点、他の人を気にしなくて気がラクだし、シャワーも部屋内にあり、広々していたので、前回は、快適だったのだが、、、

同じプライベートを選んでも毎回、同じ様なクオリティーの部屋になる訳ではない事を今回、学びました。一応、個室だけど、前回より狭いし、もう、パット見ボロい。窓から見える景色は前回は、St-Joseph大聖堂が見えエエ感じやったのに、今回は、裏の駐車場。おまけになぜか、窓枠にテープ(普通の細いスコッチテープみたいなの)が、ベタベタ張られてて見栄えが素晴らしく悪い。

あまりの前回との落ちぶれ振りに驚き、最初は気付かなかったが、出産後の夜、シャワーを浴びようと思ったら、「部屋にシャワーがない!」え?プライベートルーム=シャワー付きやなかったっけ?シャワー付きと思い込んでたので、チェックしなかったが、変わったのか?!元々、確約してないのか?!

文句を言っても部屋を変えてもらえるとは思えないので、共同シャワーを探しに出ると、目の前の部屋にシャワールーム発見。「目の前にあるから、エエやん。シャワー付きみたいなもんやろ?」って事だろうか?!今回、お部屋はハズレでした。写真も撮る気にならず、お部屋の写真はなしです。

Aug 25, 2016
パパに抱っこされるべべ。
すぐ、泣いちゃいます。

1:45以降、
出産後、初夜。オッパイをあげながら寝かしつけようとするが、すぐウトウトして寝るのだが、ベビーベッドに置こうとすると泣き出す。ずーーーーーっと口を動かしてオッパイを吸っている。

3:30
ウトウトしながら、抱っこしながら、オッパイをあげ、何度か赤子のベッドに移そうと試みるものの、やっぱりすぐに目を覚ます。

産後初、トイレに行きたくなったので、ナースを呼ぶ(出産後、1回目のトイレはナースと共に付き添ってもらうように指示されていたので)。この頃には、さすがにすでに麻酔は抜け、左足は動く。ナースが、水ボトル&消毒脱脂綿を用意してくれており、それを使う様に渡される。

次男の時の産後初のトイレ(尿)は、タラタラタラタラ、むぅーーーーっちゃ長かった記憶があるが、今回は、長めだが、比較的普通。

産後、部屋移動する前に、パンツを履くように言われ、デッカい巨大生理用パッドみたいなのを1枚付けてくれるのだが、これが、すぐに真っ赤になる。最初の1枚は、病院支給だが次、変える時は、自分で用意した市販の夜用生理用ナプキン(一番大きいヤツ)を2枚くらい重ねて使用。3回くらい変えた後、出血量がやや落ち着く。

トイレ時、膀胱付近に痛みを感じる。立って歩くと、腰、お腹周りが少し痛むので、痛み止め(オレンジ色のデカい錠剤イブプロフェン)をもらう。


3:40
ナースが赤子を沐浴に連れて行く。「え?こんな夜中に?」っと思ったが、ちょっと泣き出したので、「沐浴したら良く寝れる様になるかも。」って事でチャレンジ。3回目だが、一緒に付いて行って見に行く。少し、院内を歩くだけでやっぱり腹&腰が痛く、ずっと立ってるのが辛いので、すぐ座る。

毎回、ナースによって、やり方がちょっとずつ違う。今回は、まず体にタオルを巻いたままに大量のソープを付け頭&顔にバッサバッサと豪快にお湯をかける。が、赤子は、気持ち良いのか泣かない。というか、どちらかと言うと、気持ち良さそうだ。その後、頭をまず、タオルで拭き、体に巻いていたタオルを取って体を洗うが、寒さを感じたのか、体を洗い出すとギャーギャー泣き出した。

沐浴へ行く道中は、行きも帰りも寝てはないけど、泣いてもいない。大人しぃーくしている。部屋に戻っても目を開け閉めしながら、ウトウトしてるので、そのまま、少し頭を高くしてベビーベッドに放置し、寝入ってくれるのを待つ。


4:00
ベビーベッドの中でミイラ巻きにされながらもフニフニ動き、クンクン言ってるけど、泣き出しはせず。目も閉じ、寝ようとしている様子。寝てくれーーーーー!「1時間でも良いから母は寝たいぞ。」っと心の中で念じ、見守る。。。

さてさて、産後、初夜(ってかもう、朝やけど)、、、赤子は、寝てくれるのかーーーー?!(あ、確か、この辺りで、やっと右手の甲に刺さった点滴を抜いてもらえ、晴れて自由の身に!)


つづく、、、

にほんブログ村 マタニティーブログ 三人目以降妊娠・出産へ

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ