8月25日(木)

朝、
結局、早朝の沐浴後(午前4時頃)、ウトウトしだしたので、寝てくれる事を期待したが、30分程、おとなしくしていただけで、最後には、泣き出し、その後は、私のベッドで添い乳。オッパイ飲んでる間にすぐ寝てしまうのだが、側にいないとすぐに泣き出す&常に口を動かしてオッパイ吸ってないとスヤスヤ眠れないようで、ずっと乳を吸われていた気がする。

JMが抱っこしても、泣き止まず、オッパイくわえさすまでギャーギャー、顔、体中を真っ赤にして泣く。

Aug 25, 2016
スヤスヤ寝そうなのに、抱っこ&オッパイ止めると
すぐにギャン泣きするべべ。

<今日は、お外は、少し涼しく最高気温24℃、曇り&雨予報>

8:00
朝食が運ばれてきた。出産後、1食目。いつもの事ながら、魅力のない朝食です。

Aug 25, 2016
2%牛乳、オレンジジュース、ブラウントースト2枚、
味なしオムレツ、ファイバー&コーンフレークシリアル、
バター、ピーナツバター、アップルジャム、薄っすいコーヒー。

10:45
寝入った赤子を私のベッドの上にそーーーーっと置いたら、起きない!やっと3時間程、連続して寝てくれました。この間に、私も1時間程、仮眠。JM曰く、寝ている間に、担当産婦人科医が様子を見に来たらしい。

Aug 25, 2016
2食目の昼食。
牛乳、ブラウントースト1枚、マーガリン、茹でたのみの味なし人参、
薄味ほうれん草のフリッタータ(オムレツ)、
ムリガトニー(mulligatawny)スープ(インド風スープ?ミネストローネみたい)、
オートミールクッキー、薄っすい紅茶

Aug 25, 2016
ミイラ巻きにされた赤子は、みな同じに見える。

14:00
べべ、起床。寝起きのオッパイをあげようとすると、が痛い。特に、左乳首が痛ぁーーーい!昨夜、ほぼ、ずーーーっとオッパイを吸い続けられ、私の胸がすでにギブアップ。ナースが、べべのチェックする時、ギャン泣きされると、指をべべの口の中にオシャブリ代わりに入れて落ち着かせるのだが、どのナースも「この子、凄く強く吸うね」と言われ、この子、吸う時間も長いが、吸い方も、かなり強いみたいで、乳首が押しつぶされる様で授乳が辛い

Aug 25, 2016
弟くん「お?これなんだ?足か?」

出産直後のチェックの時、長男と同じく「この子、舌小帯(ぜつしょうたい)短縮症やね。ちゃんとオッパイ吸えてる?」と聞かれ、その時は、ガッツリ吸っており、痛みも感じなかったので、「じゃ、切らなくて良いかな。様子見ましょう。」って事だったのだが、あまりに吸う力が強く、オッパイが痛くなってきたので、夕方来た小児科医に舌小帯を少し切ってもらう事に。(舌小帯短縮症については、以前の日記2011年7月25日の日記参照)

Aug 25, 2016
お兄ちゃん達「オモロいなぁー。」
べべ、オモチャにされる。

夕方頃、JMママがお兄ちゃんと弟くんを連れてきてくれて、3兄弟、初対面。お兄ちゃん達は、とっても嬉しそうで、べべを歓迎してくれました。お兄ちゃんは、お兄ちゃんらしく、べべに優しく接してくれるのだが、弟くんは「オモロい、オモチャ手に入ったで。」なノリで、ツンツン突く。

Aug 25, 2016
弟くん、「これ、オモロいでー!」

Aug 25, 2016
ついに、3兄弟揃う。

JMママ達が、帰った後、「そろそろ母乳だけでは足りないかな?」(私はいつも母乳不足で、この時点では1滴、2滴、搾り取れるくらいで、ほとんど母乳は出てないと思われる。)っと思い、ナースにべべ用ミルクを頼むと10ml程もってきてくれた。

(*こちらの産院も母乳育児を勧める所が主流で、母乳の大切さとかを説明され、「母乳育児希望」と言うと、最初の数日は、赤ちゃんがお腹減って四六時中、泣き叫ぼうが、母子共に眠れぬ日々が続こうが、母乳のみ(出てなくても)で通すように勧められるが、私は、「私も休みたい、寝たいので、赤子には、ミルク飲んで寝て欲しい。ミルクちょーだい」っと伝えて持ってきてもらいました。母乳育児については、1人目出産後の日記参照。)

Aug 25, 2016
べべの顔が、、、こわばってます。

Aug 25, 2016
イタズラ兄貴達。

17:00
べべ、初うんこ。産まれて初のウンコ=色の胎便がネットリお尻に張り付いておりました。

ミルクを飲んで少しお腹が落ち着いたのか、ウンコも出たし、その後、またそーっと私のベッドに寝かせたら(ベビーベッドではすぐ起きた)、寝たー!今回も、3時間弱、連続で寝てくれた。

Aug 25, 2016
夕飯
牛乳、アスパラスープ、ブラウントースト1枚、バター、パスタ、
肉団子、味なし茹でベジタブル、薄味チーズケーキ

20:00前
べべ起床。ミルク10mlを再びあげる。ミルクは、4時間毎くらいに5-10mlくらいづつあげるが、これ以降、ガッツリ寝てくれる事はなかったが、20時〜23時頃までは、べべもお目目開け、キョロキョロしたり、ウトウトしたり、ギャン泣きする事はなく、穏やかな楽しいひと時を過ごす。

Aug 25, 2016
夜、JM外出時、お目目を開けて遊んでくれたー!

この日は、JMママと子ども達が帰宅後、JMも17時頃から外出。今夜は、来週から始まる長男の幼稚園(Maternelle)保護者懇談会(子ども連れ不可)が19時からあるので、JMのみ行ってもらった(幼稚園に関しては、また今度詳しく書きまーす)。22時頃に病院へJMが帰ってきて、再びチャレンジの夜がスタート!

舌小帯を切ってもらった直後は若干、痛みも和らぎ、授乳がラクになった気がしたが、やはり、オッパイが、昼からどんどん悪化しており、べべに吸われた後は、乳首の形も変わり、乳首のが一部がベローンと剥がれかけていたり、激痛が走り(特にくわえる瞬間)、もう拷問

この夜も、ずーーっと昨夜同様、オッパイをくわえないと眠りにつけない様で、夜中、数回、目を覚まして愚図り出すと、オッパイでしか落ち着かせる事が出来ないので、眠い中、ウトウトしながら、添い乳授乳をするのだが、オッパイをくわえられる最初の数秒間が特に激痛が走り、毎回「ほぉおおおーーーーー!痛いイィーーーー!!」っと歯を食いしばりながら、陣痛に耐えるように、乳首の痛みに耐える夜。。。


もう少し、出産レポ日記つづきまーす、、、

にほんブログ村 マタニティーブログ 三人目以降妊娠・出産へ

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ