タイトルごちゃ混ぜですが、書き留めておきたい事を記録しておきます。長いでーす。

10月27日(木)、日本領事館へ行き、三男の出生届を出してきました。

3人目
ともなると各種届け出に関しても「せなアカンなぁー」と思いつつも放ったらかしで、生後1ヶ月を過ぎたくらいに、「あれ、まだ受付期間よね?1ヶ月以内やっけ?確か、3ヶ月よね?」っと心配になり、確認した所、やっぱり出生届の受付は生後3ヶ月以内と。よかったぁー。

これ、外国からの届け出の期間は3ヶ月だけど、国内だと14日以内だそうで、アッと言うまで忘れそう。カナダ(ケベック)からの場合、まず、ここの出生証明書(Birth Certificate)を申請し、それを持って、日本の出生届を出しに行かないとダメだし、領事館・大使館等が近くにない場合等、3ヶ月って短いわ。(期限を過ぎたら受理が完全に不可能になる訳ではないらしいが、手間は増えるので、提出期限を忘れないようにせなね。)

ちなみに、領事館の出生届に関する事をウェブでチェックしていると、『が日本国籍,母が外国籍で,婚姻前に生まれた子は日本国籍を取得しません』となっている。自分は女で常に日本人母なので、気にした事なかったが、の場合、こちらでよくあるコモンロー(事実婚)等、正式に婚姻関係にない場合、

『日本国籍を取得するためには胎児認知(子どもが母親の胎内にいる間に届け出をする)をしていれば、出産時に取得可能だが、生後認知(子どもが出生後、認知の届出をする)の場合、日本国籍は取得できない。』ただし、『生後認知の前、又は後に、両親が正式に婚姻し、その後、法務局で「準正」の手続きをとった場合、一定の要件を満たしていれば,日本国籍を取得することができる。』らしい。

ほーーーーー、なるほどね。

Oct 26, 2016
出生届用紙もらいにいったら、母子手帳もくれたー!
(長男&次男はもらいに行かなかったんで持ってない。)

さて、今回、久々に日本領事館へ行ったのだが、去年?の移転後、新しい場所に初めて行きました。同じSquare Victoria 周辺で場所はさほど変わってないけど、現在は、Place Ville Marieの頂上階33階にあります。

在モントリオ—ル日本領事館
1 Place Ville Marie, Suite3333, Montreal H3B 3N2

実は、現在、日本の教科書等の配布時期(日本語センターでもやってる)らしく、友達が前日に領事館に「教科書とりに行く」と言うので、次いでに私も付いて行って出生届用紙やその他、記入書類等をもらってきました。

「長男、次男のパスポートも切れてるから再発行しなきゃ」と思い、パスポートの申請用紙をもらおうとしたら、「次男くん、まだ3歳なので切れてませんよね?5年有効ですから。」っと言われ「あれ?そう言われればそうよね。」っと帰って来て確認した所、長男のも2017年1月まである。どうやら、カナダのパスポートと勘違いしたっぽい。日本から戸籍謄本も2部取り寄せてたのに要らんやん(期限が切れる前のパスポート更新には戸籍謄本不要)。

その日の夜、家族が寝静まってから夜中、1人黙々と必要書類の記入をしていたのだが、1人目の出生届提出時、付いて来たJMに「日本はハイテクな国なのに、出生届に全く同じ物を2枚書かせるのか?!コピーでエエやん。それも全部手書き、効率悪過ぎやろー!」っとビックリしていたが、5年経った今も変わっておらず、全く同じ出生届2枚、プラスその他の書類、全て手書きで書きましたよ。

そこそこ大量。子どもが愚図ったりしたら、これ領事館で書くのやっぱり大変やと思うので、持って返ってきて良かった。そして、なんとがむっちゃ疲れた。ココ最近、スマホパソコン使用ばかりで、手書き等、メモぐらいでガッツリ書くという行為をしなくなったからか手の筋力が鈍ってます。近年「子どもの筆圧が下がりHBが使われなくなり、2Bが主流に。」と言われているが、「嘘ぉー。弱っちぃなぁ。」と思っていたが、まさか自分の筆圧も下がっているとは。人間、使わないと衰えるね。

そして、「完璧だぁー!」っと仕上げた書類だが、当日、窓口に持って行くと、やっぱり何カ所か間違ってたり、抜けたりしていて訂正。訂正に拇印を押すので、またまた長男&次男の出生届同様、私の拇印だらけの真っ赤な出生届の出来上がりぃー(でも、長男の時より減ったかな?)。


新しい領事館は、前の場所より、狭く、本の貸出等もなくなった?様子でちょっと殺風景な感じ。オマケに、入室する際、インターフォン越しに、フランス語で「用件はなんですか?」っと聞かれたので、友達が、日本語で答えると「マダーム、フランス語か英語できる?」っと聞いてくる。ノンジャパニーズの現地のセキュリティーのオッチャンが聞いて来るので、全く日本語ができない。

ちょっと、『日本領事館なのに、これでエエんか?!』

日本人以外の訪問者もいるし、日本語しかできない日本人も少ないだろうし、「日本語しか無理」等の場合は、日本語のできるスタッフが対応してくれるのだろうが、なんかねぇー、エエ気持ちはしませんでした。セキュリティーのオッチャンに罪はないけど、日本領事館なんだから、「日本」を感じたかったかなぁー。挨拶って大切やん。

こんにちは(←これくらいは日本語で)。僕、セキュリティーで日本語でけんから、英語かフランス語で、出来たら用件教えてくれる?無理なら日本語できるスタッフに変わるねー。」くらい一言前置き欲しかったわ。

ちなみに、友達が以前、来た時は、ノンジャパニーズの方が、日本語で対応してくれたらしいのだが、どーにもそのスタッフの日本語があやしく、正しく伝わらず、これまたモヤっとしたそうな。日本領事館、人手不足か?!


出生届と共に、在留届も三男追加の記入をしたのだが、なんと前の住所のままになっている事が判明。毎年「住所等変更ありませんか?」っと領事館から親切にもメールが来るので「変更なし!」っと送り返していたが、引越後、変更したと思っていたら、してなかった様なので、こちらも訂正。


そして、アンケートに「在外選挙登録してますか?」って項目が。前回の参院選1ヶ月前に気付き、間に合わず、そのまま手続きせずに放ったらかしだったので、今回、次いでにしちゃいました。在外選挙に参加するには、事前に登録手続きが必要で、『在外選挙人証』を取得しておく必要がある。

で、この人証を取得するには、在外選挙人名簿への登録が必要。この在外選挙人名簿の登録は、日本の住民票があった最終住所地の市区町村役場に申請せねばならず、「日本の役場にわざわざ申請するの面倒臭いー。」っと思っていたのだが、住民票を抜いて、海外への転居届けを出していれば、この在外選挙人名登録申請は、「今日、ここ(領事館)から出来ますよ。申請を日本の役場に送れば、1〜3ヶ月在外選挙認証が、領事館に届くので、取りに来て頂くか自宅まで郵送できます。」と言われ、こちらも次いでに手続きを。

色んな手続き確認をしていると、結構、時間が経ってしまったが、領事館内にいる間、三男は、グースカ寝てくれており助かった。無事、三男も日本国籍が取得できそうである。まぁ、別になくっても良いのだろうが、長男、次男があるのに、三男だけなかったら可哀想やし、使う事のない国籍かもしれないけど、選択肢は多い方がエエやろうしね。

Oct 25, 2016
指しゃぶり?拳しゃぶりをはじめた三男
(生後2ヶ月)

ところで、ちょっと前、日本のニュースで『蓮舫さんの二重国籍』が問題になっていた。我が子も二重国籍なので、日本に住んでる日本人、または、日本に住んでる二重国籍者とはちょっと感じ方が違うと思うが、私の感じた事を書き留めて置こうと思う。(このニュース知らん人、気になる人は、自分でググってね。)

・「日本ってまだまだ国籍、気にする人多いな。」と言う印象。

移民国家カナダで生きてるとバックグラウンドは様々。4、5個パスポート持ってる人もざら。国籍は、2つくらいでも、的には、5、6国混ざった人もいっぱい。生まれながら多重国籍な人もいれば、生後、移民して国を変え、違う国の国籍を持つ人も多。

蓮舫さんは、二重国籍を認めない日本と言う国で、政治家を、それも上を目指す以上、自分の二重国籍問題は、しっかり調べ、クリアにしておくべきだった。言い訳が二転三転し、結局、「信頼出来ない。嘘つき」イメージが付いてしまった。が、まぁ、私は蓮舫ファンでもないので、そこは置いておいて、

自分もカナダ移民で子どもが二重国籍で、思うのが、蓮舫さんの様に、国籍選択しなきゃイケナイ年齢過ぎてても二重、多重国籍維持してる日本人は、日本国内にもすでにたぁーーーーくさんいる。もっといったら、大人になり自分の意志で他国籍を取得し、日本の国籍を破棄せず、二重・多重国籍の人もたーーーくさんいる。もう、このグローバル社会、「多重国籍ダメ」を通す方が難しいって。

蓮舫さんなんて、名前からして、純日本人っぽくないし、絶対、突っ込まれるポイントなのに、今まで、誰も「中国国籍完全に消去したの?」って聞いたり、確認してなかった方が逆に不思議。恐らく、みんな知ってたけど、一議院の間は、突っ込まず、目立ってきたので、潰す材料にしたのかね。

蓮舫さんの場合、台湾系ってみんな知ってたけど、これ両親日本人で、出生地がカナダでカナダ国籍も持ってるけど、赤ちゃん時に日本に引っ越して来て、以来ずーーーっと日本在住でカナダのパスポートも持ってません。親からカナダ国籍ある事する聞いてません。「知りませんでしたー」ってのもありえるよね。

あと、コッチでよくあるのが、親が日本人母とフランス人父のカナダ産まれとか。父は、フランス国籍以外にもイタリア国籍も持ってる場合、子どもは、日本、フランス、カナダ、イタリアの国籍が取れるわけだけど、第三者から見たら、その人がどこの国の国籍持ってるかなんて分からないよね。

蓮舫さんの二重国籍が問題にあがってから、米国との二重国籍を持つ他の議員(小野田紀美)さんが「日本国籍選択」をした日時が表記された戸籍謄本を掲示した。蓮舫も「証明をみせろ、戸籍公開しろ」とか言われてるけど、戸籍見せても二重国籍かどうかなんて分からんよね?!日本の国籍には、「他国の国籍は放棄した」って読み取れるかもだけど、本当に二重国籍じゃないかどうか判断するには、その他国の「国籍離脱手続き」が完了したって証明がいるっしょ今、小野田議員は、この米国国内での離脱手続きをしているらしいが、戸籍見せろって言う人は、一体、確認したいのか。。。

台湾、香港等は、他国へ移民し、現地の国籍取得する人も多いし、東欧、アジアの後進国の人達も先進国へ移民・国籍取得する人多。ヨーロッパは陸続きだし、王様の時代から嫁は隣国からもらうとかで、国籍人種まぜまぜ、オマケにEU内は、パスポートなく移動出来るからの感覚が失われつつある現代において、未だにほぼ生まれも育ちも両親も純日本人と言う希有な存在な島国ニッポン

国籍とか人種に対する感覚が、移民・移住、多重国籍が当たり前の人達とは根本的に違う。日本には、日本の移民問題(外国からの人を受け入れる)があるのは分かるが、「二重国籍認めません。」とか言ってても、現にそれを止める事ができなくなってるんだし、時代にあったルールにさっさと変えてきゃ良いのにと私は、感じる。

夫婦別姓問題も、現に、国際結婚してる私みたいなのは、別姓可能で「夫婦別姓ダメ」と言ってもすでに破綻している訳で、日本人間で認めてもエエやないかと思うのだが。子どもと、母親と、父親の苗字みんな違ってもそないに、困りませんがな。

あと、将来、日本が多重国籍を認めた場合、個人的には多重国籍者が国会議員首相になってもエエと思う。国民にこの人なら「日本を良くしてくれる」と信頼され、選ばれたのだから。が、外国人参政権は、移民、単なる永住者に選挙権を与える必要はないと思う(日本って帰化申請の方が永住権とるより滞在年数が短くてエエらしい。おかしない?!)

長なったので、今日はこの辺で。

にほんブログ村 マタニティーブログ 三人目以降妊娠・出産へ

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ