日本帰国後、翌日。早速、美容室(ヘアサロン)に行って来ました。もうルーツ(根元)の黒髪が2冂顔を出し、ヘアカラー(リタッチ)をしたくてしたくてたまらなくて。せっかくだから日本のヘアサロンに行こうと思い、帰国まで我慢。

最後に日本でのアサロンに行ったのは2008年。JMが初めて日本へ旅行に来た時、一緒にふらぁーっと入った、大阪のとある美容室。あれから、もう9年以上、早ッ。

Feb 22, 2017
お家の近所をお散歩。
宇治川沿いの堤防だよー。

この日の朝、とぉーってもお天気が良く、暖かかったので、父と三男連れて近所をお散歩していたら、なんか足に違和感。ガーーーン、が壊れとる。。。去年の10月の『La Braderie de Mode Quebecoise』で買ったばかりのMatt & Natの靴である(2016年10月21日の日記参照)。半額で購入したが、元値100ドル以上の品。家で、ヘアカットする時しか履いておらず、外を歩いた事等なかったのに、つま先から靴底がペラーと剥がれてきている。

Feb 22, 2017
壊れたMatt & Natの靴。
つま先を接着剤で応急処置。

この靴1足しか持ってきていないので、急遽、接着剤を買い、とりあえず応急処置。美容室へ行く前にを買いに行く事に。確かに、壊れそうな作りの靴だが、半額で買ったとは言え、こんなに即効、壊れるとは、、、履きやすかったのに、ちょっと残念。

Feb 22, 2017
お久しぶりの京阪特急、
ダブルデッカー車両の下に乗ってみる。

15時半の美容室の予約前に、他にもしたい事があったので、三男を両親に預け、1人で京都の街中へお出かけ。まず、前日、空港で出来なかった両替を銀行でし、セブンイレブンで現金を引き出し(セブンイレブンのATMは、海外のクレジットカードでのキャッシング可)、この日は夜、予報だったので、東急ハンズ折りたたみ傘購入(日本の方が安くて丈夫で軽いので、帰国する度に、を買ってる)。

Feb 22, 2017
セブンイレブンのATMは海外旅行者利用率が高いので、
周辺には、お土産グッズがズラーーーーッ。

1人だと、サクサク動けるし、日本は可愛いお店がいぃーーーーっぱいあって、どんだけ時間があっても飽きないし、楽し過ぎる。

靴は、大丸で。 壊れた靴と似たデザインの履きやすい靴を探していたのだが、結局、前から気になってたが、持ってないスペクテイター系の靴をお安くなってたので購入。ラクな靴を探していたが、ここ数年、ずーーーっとペッタン靴ばかりだったので、ちょっとだけヒールのある物に挑戦。


こちらが、購入した靴『サヴァサヴァcava cava』。

それに、「cava cava(サヴァサヴァ)」。ネーミングに惹かれましたがな。いつもなら22.5僂らいでも良いのだが、この靴は、23でピッタリ。分厚い靴下等履いたら、23僂任發舛腓辰肇織ぅ箸砲覆蠅修Αヒールがあっても、そこそこ、歩き回れるくらい履きやすい。

取りあえず、所用を済ませ、いざ本日の本命の美容室へ。今回は、四条烏丸にあるとある美容室へ初めて行きました。この美容室、実は、私がモントリオールで働いている美容室と同じサロングループ。モントリオールの友達が、以前、京都のこのサロンに来て「良かったよ。カラーコンテストで全国1位になった店長さんがオススメ!」と言うので、オススメ通り、店長指名カット&カラーをしてもらいました。

Feb 22, 2017
9年ぶりの日本の美容室で、お茶を頂く。

自分が、モントリオールで同じヘアサロンで働いてる事もお伝えし、日本とカナダの違い等、知れて面白かったです。

パーマ剤
カナダには自社ブランドのパーマ剤がある。「日本人に効くんかいな?」っと思っていたが、日本には、パーマ剤自体の取り扱いがないらしく、他社ブランドの薬剤を使用しているらしい。

カラー剤
カラーチャートを見せてもらったら同じ物だったが、やっぱりブロンド系の品揃えはあまりない様子。地毛がダーク系からのカラーや赤味を消すノウハウは、日本の美容師さんの方がありそうだが「地毛がブロンドのお客さんが、ブロンドのハイライトを入れたい」って来たら、日本の美容室では難しそう。

ー自社商品
化粧品(リップ、グロス、アイシャドウ、ファンデーション等)の取扱いがない。トラベルサイズの商品が少ない。

そして、やっぱりシャンプーが超絶気持ち良いーーー!日本の美容室のシャンプー&マッサージは、それだけで専門職にしても良いと思う(正直、プロのマッサージ師にヘッドマッサージしてもらうより気持ち良いんではないかと思う。)。

カラーは、前回、ちょっと「明る過ぎかな?」っと感じていたので、ちょっと抑えめにして、ルーツと合わせて、素敵に仕上がりました。

カットは、
伸ばし中
なので、レイヤー梳くのもあまりせず、毛先の痛みを取ってもらうだけのつもりが、「こんな感じですかね。ちょっと重いまま残してます。日本のスタイルだと、もう少しココから軽さや柔らかさを出して行くんですけどね。」っと言われ、「じゃ、せっかく日本の美容室来たんで、もう、ガッツリ日本っぽくして下さい。」っていうと、ギャハッ!むっちゃ軽い&変わった。

美容室では、ふわっと巻かれたり、毛先跳ねさしたりと動きのあるスタイリングをしてくれたのだが、後日、ストレートに仕上げようとすると、意外と難しい。毛先が軽いからハネやすい。で、こんな時に限って、持って来たストレートアイロンが壊れるし。。。自分的には、思う様にスタイリングできず「これでエエンか?!」っと疑心暗鬼なのだが、周りの評判は「日本人っぽいやん。」っと良さげ。今まで、そんなに日本人離れしとったか?

今回、帰国して、より一層、カナダ人的感覚になってしまってる気がする。髪型もだし、横文字、特にフランス語の看板や店名に違和感を感じる。昔は、ガイジンさんが「あの名前、おかしいで」いうても「ウルサいなぁ。外国語風なだけで店名・デザインや、間違っててもエエやんか。」っと感じていたが、今や「え?なんで、そんなネーミングにしたん?!」って心の中で叫んでまうし、日本人のがみんな同じに見える(自分も含めてやけど)。

Feb 22, 2017
見えにくいけど、後ろからナノスチーム噴射中。

美容室で、見た事もない機械が男性客の頭にあてられており「あれなんですの?」っと聞くと、ナノスチームという「マイナスイオンと共にナノサイズの水蒸気を噴出させることで、髪に水分を補給しつつ薬剤(トリートメントやカラー材)の処方前に吹きかける機械」らしく、トリートメントなどするつもりはなかったのだが、ナノスチームを体験したくて、追加注文。

感想は、正直、私はトリートメントは気休めと思っているので、ナノスチームを髪に吹きかけてもらっても、大した変化は感じられなかったのだが、「これ、にエエなぁー」っと思った。むっちゃお肌がしっとり、エエ感じになる。毎日、お顔に吹きかけたい感じ。

・ルーツと全体のカラー 8,100円
・カット 5,940円
・トリートメント 1,080円

紹介割引10%なる物を適用してくれ、合計13,600円(税込)。所要時間3時間弱。技術的にも「日本の美容師のが上手!」とは、もはや思わず、カナダのサロンと大差ないと感じるのだが、細かい心遣い、サービスは、日本独特。モントリオールは消費税、プラス15%のチップなので、つくづくモントリオール(カナダ)のヘアサロンってお高いと感じる。

Feb 22, 2017
京都名物、着物姿でブラブラする人達。

そして、この美容室も、昔ながらの朝も夜もスタッフ全員揃ってからのスタート&終了スタイル。モントリオールでは「みんな出勤時間バラバラやし。自分の客終わったらドンドン帰って行くし、客のいない時間は、自由時間(お喋り・ネット、読書、お茶タイム)やでぇー。」と言うとビックリされる。

「日本でも、色んな働き方のできる美容室が少しづつ、増えてきてるんですけどね。でもまだまだお休みの日も、スタッフで色んなイベントに参加しなくちゃいけない。常に仕事・職場が生活の中心で、スタッフ同士は仲良いから嫌ではないけど、本当にプライベートで忙しい時や用事のある時、断り辛い雰囲気がある。」と言う事を、初老のオーナーさんが、サロン内をウロウロしている中、控えめにお話してくれた。

美容室だけでなく、日本社会「みんなと一緒じゃないとイケナイ」雰囲気があるんだろうねー。あと、アシスタントの間は、「学ばせてもらってる立場」と言う考え。確かにそうだけど、仕事として働いてる以上、そんな下手にでんでもエエんちゃう?っと思ってしまう。ウチのサロンの10代のバイト(アシスタント)の子達は、経験豊富なトップスタイリストにもガッツリ意見しはるし、ある意味、スゲーっと日本育ちの私は感じるけどね。カナダは、責任感のない人も多いが、断ったり単独行動したり、皆と違う意見を言っても白い目で見られる事が少ないので、気遣いばかりで疲れる日本より、私にはあってるかなー。

Feb 22, 2017
おじいちゃんと三男。
私がいるととってもご機嫌なのにー。

ヘアサロンを出たのが、19時前。すでに外は暗くなり、急いで家に帰ると、なんと三男、ずーーーーーっと大泣きだったらしい。両親、グッタリ。この日から「もう、アンタがいーひんと無理!」と言われ、1人外出ができんくなってもうた。。。JMにも、「三男は、YUKIがいないとギャン泣きで全然、寝ない。」と言われてたけど、それはのみで、昼間は、預けても大丈夫だたのだが、、、日本のいつもと違う家、風景に驚いたのか?昼間もずーーーーっとギャン泣き。

そして、その後、さらなる悲劇が三男を襲う。。。

つづく、、、


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ