美容師辞めちまえ!」(2014年10月13日の日記参照)っと頂いたコメントに関して、語ってみる宣言をしたが、予想以上に、色々書きたくてまとまらないので、違うネタで。

これまた昔の日記なのだが「美容師として海外で働くには 2.就労ビザ(2015年10月2日)」にコメントをくれた方の質問に対する回答をブログ記事で書いてみたいと思う。

まず、質問者さまのコメント。
  • August 11, 2017 13:33
  • はじめまして。
    私は、今後カナダで美容師の仕事をしたいと思って、ネットで調べていてこのブログに辿り着きました。
    いきなりの質問に、不躾ですみません。美容師の仕事について少し教えて頂けますでしょうか。
    私は、42歳の美容師未経験者です。今から、カナダで美容師学校に行って、美容師を目指すか、オーストラリアで親戚が美容院を経営していて、そこに行って教えてもらいながらやっていくかで迷っています。身内がカナダに住んでいるので、最終的にはカナダで住みたいという希望もあります。
    お伺いしたいことは、英語力に問題なく、美容師の資格を取得したとしても、現実的に42歳の新人美容師は、就職はかなり難しいものでしょうか?もちろん、難しいとは認識していますし、やるならば覚悟をもってうやらないといけないとは思っています。
    やめといた方がいいとか、現役の美容師さんの率直なご意見を頂けたらと思い投稿いたしました。よろしくお願いいたします。

回答です。


は関係ありません。60歳だろうが、美容師になりたいとういう夢があるならレッツトライです。別に難しいと認識する必要はないです。そんな決死の覚悟なんて入りません。やってダメだったら途中でヤーンペしても良いのです。』


と言うのが、パッと浮かんだ回答。


もっと現実的に考えてみた。ちょうど私もアラフォー同世代。今からゼロの状態で私なら美容師を目指せるか。就職できるか考えて見た。「出来そうだなぁー」ってのが、私の直感。


しかしながら一応、気をつけるべき事、マイナス面をあげておく。


海外(カナダ、もしくはオーストラリア)で働く権利があるのか。

まず外国人が海外で働く場合に必要となら就労ビザや滞在ステイタス。これは質問者さまには海外在住の親戚やら家族がいるようなので、すでに取得済みか容易に取得できるものと見なし、問題なしとした。「年齢なんて関係ない。」と言い切ったが、外国でのビザ取得の場合、年齢によって有利不利のある国が多い。


・美容学校の生徒はティーンネージャー

私は28歳頃にカナダの美容学校に行った。周りの学生は1718歳。私の上に一人35歳くらいの女性がいたが、大半は20代前半。日本人の28歳は、まだ20代前半に見えるので、パッと見は浮かないが、会話がキャピキャピし過ぎてついてけず。。。学校にもよると思うが、40代は珍しい。しかしキャピキャピ会話についていけずとも、普通に話せるし、若い学生達も「何あのオバさーん!」っと、ハジかれる事もない。先生も年下って事もあり得るが、至って、自然に一緒に授業は受けれる(自分からを作ったらダメだが)。


就職について

40代で新人。確かに、雇うサロンも「?」っとなるだろうが、熱意を示せば、アシスタントからでも雇ってくれるサロンは必ずあると思う。アシスタントせずとも学校卒業後、もしくは、親戚のサロンでトレーニング後、十分カットできる実力があれば、面接時、技術実演をし認められればスタイリストからでもスタートできると思う。アシスタント1年くらいが平均。その後、ジュニアスタイリスト、3年も経てば立派に美容師と宣言できるくらいには、ほとんどの人がなっている。美容学校同様、「え?40過ぎでデビュー?」っとビックリされるかもしれないが、すぐ慣れる。ティーンネージャーが教えてくれる。


私なら、面接時、そのサロンのカラーに合わしたファッションで行く。オバちゃん、オッチャンが来る地元のアットホーム系か。ビジネス系の人達がくる洗練されたサロンか。(私は、もう気持ちが付いてイカないが、ファンキーな若者向けサロンでも、そう言うの好きならアリ。)アジア人、幼く見え、ナメられがちだが、やっと最近「この人そこそこ経験ある美容師だな。」っと見てもらえるくらいの貫禄が出てきたと自分では思っている。新人でもベテランに見える40代美容師、エエと思います。


体力

気持ちがあっても、40代は、やはり体の色んな所に支障が出てくる。1日中ピンヒールで仕事なんてできません。ヒールで階段、駆け上がれません。。。若い頃よりも疲労感大です。


カナダオーストラリア

カナダも州毎に美容資格の規定が違うので、将来、働きたい、永住したい場所の資格を取得しておく方が無難かな。




このコメントに関して、わざわざブログにしてみたのは、先日「20代半ばで、そんな格好しているの?」って言われる。って方のブログを読んだから。20代、、、むっちゃ若いやないかい?!20代なのにミニスカートダメ、ショートパンツダメって、、、厳しすぎやしませんか?何がダメなのか理解不能。


仕事も年齢制限が明示されている職種以外、いつ始めようが、自由だ。金銭面や健康面等、特に問題がないのであれば、やりたかったら、チャレンジしてみたら良いのだ。「もうだから」「もう若くないから」っとだけを理由に「周りと違うから」「浮くから」と言う理由で諦めるなんて訳がわからない。(そんなに人の年齢気になるものか?聞いても私は、すぐ忘れるけど、、、)


「それは海外だから」とか「日本じゃ無理」とか言う人いるけれど、日本でも貫いてる人は少なからずいる。そう言う人は、頑張ってるんじゃなくて、とっても楽しんでいる人が多い。

今、日本に帰って「今から美容学校(年齢制限ないよね?)行って、美容師になる自信あるの?」って聞かれたら、正直、即答で「ありますよー!」ちょっとウキウキすらする(でも、今の所、永住の地は日本じゃないなっと感じているが)。




ちなみに、人がどんな格好しようが、好きにしたら良いと思うが、ここ1、2ヶ月肌を露出する格好がとてつもなく似合わないと感じる。歳ですわー!肩を出すタンクトップとか変。みすごらしくなる(でも、たまに着るけど)。服のも、可愛い系とか、微妙に合わない物が出てきた。

今までは「若い子デザインやなぁー。むっちゃブリブリやなぁ」っと思った服でも、着方や髪型で、そこそこ自分なりにバランスが取れていたと感じるが、どー頑張っても、無理なのが出てきた。穴が空いてボロボロになって、雑巾にするまで、着尽くすタイプだが、合わんくなった服、、、どないしょう。

これが「年相応の。。。」って事か?!でもね、私が合わなくなったと感じるだけで、別に他の40代、50代の人が、私が「無理や。」って感じたファッションをしててもなんら問題はない。「あれ、エエんか?エエと思って着たはるんか?」「ダッサ!」って人、いるよ。でも、それは単なる私の美的センス。本人が幸せで好きで、かっこええ、可愛いと思ってるなら問題なし。


と、言う事で、話が飛びに飛ぶけど、最後、凄いピアニストを最近知ったのでご紹介。(彼女、有名だと思うけど、私、知らなかったので。。。)Yuja Wang(ユジャ・ワン)

中国、北京生まれの天才ピアニストで、現在は米国ニューヨーク在住で活躍中。彼女の演奏に目を奪われ、思わずYoutubeを見まくったが、ピアニストとしてだけじゃなく、彼女の衣装にもが釘付け!正直、リンクしたYoutube動画で着ているYuja様のドレスは私好みではない(が、しかし、よくこの格好で、こんなに演奏できるな)が、他にも彼女の色んな舞台ドレスを見ていると、なかなか素敵なドレスもある。

「クラッシック、オーケストラ向けじゃない」っと欧米でも批判される事はあるようだが、彼女の圧倒的な技術の前では、そんな意見も少数派だとか。むちゃくちゃ、カッコええんですがーーーー!!!本人はいたって普通で「年相応の普通の好きな格好してるだけよ。」っと。一発でファンです。



にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ
にほんブログ村