今日は、子どもの日本語の学校、日本語センターの事についてです。

私のブログモントリオールでの出産子育て、について検索すると出て来る事が多いらしんですが、モントリオールの子どもの日本語学校について調べると出くわす方も多いそうな。(日本語補習校は6歳からだけど、日本語センターは3歳から。私も、長男が3歳の時、調べましたがな。)

Mar 3, 2018
ひな祭りには、みんなが作った、雛人形が展示。

まずは、最近の日本語センターでの子ども達の様子から。三学期は、色々、日本的な行事をしてくれる時期で、年明け早々から書き初め、2月は、(私が日本で今年は参加できなかった)節分豆まき、3月はひな祭りに最後、発表会と盛り沢山です。

Mar 3, 2018
お雛様の前で記念撮影。

3月3日、今年はちょうどドンピシャで土曜日がひな祭り。雛人形の前で、みんなで写真撮影をするのだが、なんと長男、写真も拒否!恥ずかしいから嫌だと言う。ちょっとキツめに叱ったら静かに涙を流し始めた、、、そんなになんかいな。むっちゃ頑固で断固拒否。今年は、長男、ひな祭り写真なしと相成りました。

次男のクラスはJMに見にいってもらったら、次男も始め嫌がっていた様だが、パパに誘導され最後はニヤニヤ変顔いっぱいして無事写真撮影終了。

Mar 3, 2018
最近、お知り合いになったお友達が、娘さんと一緒に着物姿で登場。
可愛すぎる、女の子、着せ甲斐あるぅ!ポーズまで決まってる!

さて、気になる「日本語センターとは」だが(以前も書いた気がするが、記事元が見つからず、今、感じる事とは変わってきた部分もあるかと思うので、3年経験した今、今後、興味のある方の参考になればと書き留めておく)、どの親も少しは、どういう所なのか「子どもを入れたいなぁ。」っと思ったら調べると思う。

Mar 3, 2018
次男くんが作った雛人形。

私も長男が3歳の時は、ワクワクし、日本語センターにすでに通ってる子のいる親友達先生友達から「こんなとこやでー。」って話はちょこちょこ聞いたりもした(聞いてもいないのに、耳に入って来る事も)。正直、日本語センターに入る前の噂話は「色々、面倒臭いで。大変やで。変な人おるで。みんな気が強くて、自分の意見を通したがるから、なかなか会議とかも終わらんで。」と、あんまりポジティブな話はなかった。

Mar 3, 2018
こっちは、長男のクラスの作品。

どんな魑魅魍魎、日本のPTAみたいなもんか?(知らんけど)っと若干、恐る恐る足を踏み入れてみたが「ん?何が問題?」と言うくらい、1年目は、久々に新しい日本人の方達に沢山お会いできて楽しかった。保護者会も長引く事はなく、保護者がする当番や役割も大変なものではなかった。あえて、何が問題かと言うと、私がワクワクしていた程、子どもは毎週ワクワク楽しみにしてる風ではなく、「ママが連れて来るから、行くだけー。」みたいなテンションが一番のショックである(週一では、なかなか仲の良い友達もできず)。(日本語センターに通ってるからといって、決して、通ってない子に比べ、日本語ができるなるようになるとは限らない。結局は、その家庭ごとの努力である。)

Mar 10, 2018
発表会のリハーサル。
な・ん・と!一度も練習しなかった長男が踊ってる!
首飾りは拒否られたけど、本番もその調子で踊ってー!

日本語センターに行き始めてから、どーーーーっと日本人ママの友達&顔見知りが増えた。正直、子どもの為というより、モントリオールに来たばかりで、日本人のお友達が欲しいママなんかは、格好の出会いの場になる事、間違いなしである。

2年目も同じような感じでほぼ過ごしたが、去年かな?三学期の保護者会議中に、役員さんの1人が泣き出した。「え?え?えーーーーーーーーーーー?」そないに辛い事あらはったん?!っとビックリ。自分のプライベート、家族との時間も犠牲にし、むちゃくちゃ頑張ったはったそうな。でも、それが、周りから認められなかったり、頑張ってるのに文句言われたりと、、、

これか、これやな。「大変やで。」ってのは。っとちょっと理解する。おまけに、泣いてはるのに、それに追い打ちかけるような「でも、私の時もそれくらいやってたでー。」みたいな発言する人がおって。ホーーーーーっと。。。

私は、ご存知、相当テキトー人間なので、自分の手に負えなくなったら、途中でも、周りに迷惑かけてでも「やーんぺ」してしまうので、そんな家族犠牲にしてまで、泣くまで、頑張らはって、凄いなーっと。日本人、やっぱりみなさん、責任感強いわ。っと感心。

Mar 10, 2018
発表会のリハーサル。
次男の方が、踊れてない。。。動きが重いぞ。

そして、3年目。なぜだか、こんな私が改善係という、役員さんやセンター運営にも関わる係をする事となり(その経緯は省略)。この一年、私、全く役立たず!役員さん達が、手が回らない問題について改善案や解決方法を話し合い、補佐的な仕事をするのが改善係なのだが、ただ、日本語センターの問題が見えてない私には無理でした。

いやいや、役員さんも、先生も、改善係の人たちもみんな凄い。最初に「メールがいっぱい来て大変よ。」って言われたのだが、本当にいっぱい来ました。いっぱいきたけど、全部「そうね。そう思うわ。」としか、反応できず。なので、返信もせず(返信したらその分、私の意味ないメール1通分増えるし)、役立たず感半端なく、ほんと申し訳ない

会議の議事録作る書記的仕事もあるのだが、これもダメダメで。私に書かすと2時間の会議も3行で終わる。。。素晴らしい議事録を作る人がいたのだが、凄かった。絶対、真似できない。

Mar 11, 2018
ある朝の様子

ちなみに、1年、改善係にいて感じたのが、日本語センターには、色々、解決しなけりゃいけない問題が結構ある。が、その深刻さが、役員やらリーダーやら運営に直接関わる仕事をしてみないと、一般の保護者にはなかなか伝わらないと言う事。

JMも日本語センターについて来て「何をそんなに会議の間、何時間もダラダラ話す事があるの?パパっと決めたらエエやん。」っとよく言うのだが、

日本語センターは、
『運営委員(役員)はセンター運営の代行を行うが、重要な項目は保護者会によって決定される。当センターを支えるのは保護者全員であり、保護者一人一人がセンターの運営者であり、運営方針を決定するのは保護者の総意である。』

なんだよね。いや、もう、普通に考えて何百人おるねんから、全員の意見が一致する事はない。どこかの妥協点を見つけなければならないのだけど、その点探しに時間がかかると。


来新学期からは、もうちょっと自分が役に立てそうな、運動会、発表会、コピー、ベビーシッター係等に希望を出してみました。さてさて、どうなることやら。

そして、次からは、長男は児童1小学校1年生)クラス。カタカナやら漢字やらも入って来るらしく、ついていけるのか、早々ドロップアウトか、、、すべて、日本人親=私の責任だと思うのだが、、、怖いわー。それにしても、ひらがなは、なんとなく全部読めるようになっている。子どもの吸収力にはいつも脱帽。そして、はやり土曜の朝、クラスの中にいるだけで、先生やお友達の日本語を聞いているだけでも、かなりの助けになっていると感じるので、なるべく母子ともに日本語センターは続けたいなぁっと思う(三男も行かせてあげたいしね)。

Mar 11, 2018
むっちゃ笑顔。最近よく動くので、
写真がぶれる。


にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

にほんブログ村