(6月の日記を10月に書いてる、振り返り日記です。)

 YATAI MTL 2日目、6月15日(土)、

Jun 15, 2019
Yatai MTL2日目、朝。

2日目の土曜日は、12時スタート。小物などを売ってるお店は、12時前でも売り始めてる店舗も。私はいつもイベント開始と同時に食べ物ゲットしに行く。この日は、焼き鳥を朝一にオーダーしておきました。

Jun 15, 2019
朝の準備風景。長閑ぁー。

Jun 15, 2019
Marusanさんの焼き鳥GET。
取りに行くの遅くなったらブースまで持ってきてくれた。

Jun 15, 2019
Tsukuyomiラーメンさんの冷麺もゲット。

Jun 15, 2019
本日のランチ。

Jun 16, 2019
ciderやビールは会場の常設バーで売ってます。

Jun 15, 2019
JMに、祭りの法被着せてみる。海外の人は法被の事、
HAPPI Coat (ハッピコート)って呼びます。

Jun 15, 2019
相変わらず、こういう
旅館浴衣、人気です。

Jun 15, 2019
この日の私の一番の素敵なゲスト。
日本の方なのだが、ドレッドヘアで浴衣が似合い過ぎている。
息子さんも和服好きで、ご家族みんな素敵な方々でした。

Jun 15, 2019
夜ご飯に唐揚げゲット。

Jun 15, 2019
昨日、領事のたこ焼きをゲットできなかったけど、
今日は、Matsuri Japonさんのタコ焼きゲット。

Jun 15, 2019
こんな方もご来場。みんなの視線を集めてました。

Jun 15, 2019
この日も寒く、雨予報なので、動きやすい
踊り男帯&父の男着物で。
(男着物、むちゃくちゃ動きやすい!)

この日、「明日、日本酒をサーブするのに浴衣を着たい。」っと女性客が選んだのは、対丈で着れる長さの浴衣に男性用角帯。JMとお客さん(非日本人)は「その組み合わせむっちゃイイ!」「でしょーっ!」と大盛り上がりで、「それ男性用やで。」とツッコムも「は?そんなん、どっちでもエエよ。これ最高にクールやん!」っとお買い上げ。

日本人だと「着物とは」とか「浴衣とは」っとある一定の固定概念やイメージがあり、どうしてもそれっぽく着てし、ズレる事を怖がってしまうが、着物の事をあまり知らない他国の人が、純粋にファッションとして自らのセンスで着こなすのを見ていると、とっても面白いし、逆に学ぶことが沢山ある。

(日本国内だと、お祭時すら、浴衣の着方などに色々言ってくる人がいたり、他人の目が気になるけど、逆に海外、日本人でない方達の方が、「着物を楽しんでいるなぁ」っとつくづく感じる今日この頃。)

Jun 15, 2019
今年は、ダルマのみならず、
招き猫ちゃんもおります。

Jun 15, 2019
お隣のお店。折り紙アクセサリー。

Jun 15, 2019
お隣のお店。折り紙のお守り?

Jun 15, 2019
19時前、雨が降ってきた。

この日は22時までの予定だったが、18時頃から雨風が強くなり、雨天決行のイベントであったが、20時に全店終了。は、しっかり床も横もカバーを私たちのブースはしていたので問題なかったが、風がかなり強風でちょっと台風チック。周りから色んな物が飛んできそうなのがちょっと怖かったかな。

野外イベントなので、毎日、商品は持って帰るのだが、濡れてはいないが、湿気を多く含んでしまい、浴衣が、来る時よりもすごく重く感じました。湿気ってすごいね。

スタッフみんな、疲れが少し見えてきていた所なので(野外イベント、それも数日続く物は、とぉーーーーっても体力消耗する)、ちょっと早めに終了し、みんな体力温存できた気がする。それでも、片付けして、お家に帰って、寝たのは夜中過ぎになったけど。

3日目へ続く。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

にほんブログ村