2020年10月の日記を2021年1月後半に更新中。

コロナウィルスで3月13日から外出自粛がはじまり実質上の Lockdown生活スタート。モントリオールは正確にはロックダウンではなく3月27日より非常事態宣言 (state of emergency)中。

・3月ロックダウン直後、時間ができお菓子作り。
4月くらいからマスク作りに追われて大忙しに。
5月25日から、やーーーっと子どもの現地校のオンライン授業スタート。子どもの勉強を見るのに忙しくなる。。
・6月後半から、子ども達のサマーキャンプサッカー教室も始まり、怒涛のごとく過ぎ去る。
・8月末、小学校スタート。やっと私はほぼ通常生活に戻り自分のお出かけタイムゲット!
9月28日のケベック州Covid会見にて、モントリオール、レッドゾーンに突入。
10月から28日間、また飲食店での店内飲食禁止に。お家に友達呼ぶのもダメ(老人介護やベビーシッター、修理の人、一人暮らしの人などは一人までOK.)。
・10月27日、28日トライアル期間が伸びて、11月23日までレッドゾーンでの規制続行。激増はしていないが安定の毎日、千人くらいの新規感染者報告、死亡者数の増加が気になる今日この頃。
11月19日(木):ケベック州会見にてクリスマス休暇のCovid対策発表。
 クリスマス12/24ー27の4日間は、10人までの集まり可(その前後1週間は外出を控え自主隔離を。仕事もなるべくテレワークを要請)。1日づつ違う10人と会う事も可(バブルや家族縛りなし)。学校は12/17から冬休み。小学校は1/4まで、セカンダリは1/11日まで冬休み(当初登校予定だった日はオンラインで課題が出る予定)。レストランの店内飲食禁止、バーやジムの閉鎖は1月11日まで延長。新年の集まりは禁止。
.11月24日(火):ケベック州Covid会見にて、クリスマス休暇規制、「やっぱり4日のうち最大2回までの集まりね。できれば1回で。」と訂正。前後1週間自主隔離できない人は集まりに参加しないようにとも強調。
・12月2日(水)ケベック州会見(副首相Genevieve Guilbaultによる発表)にて、お店、モールでの人数規制強化(20平方メートルに1人客)発表。適用は12月4日の金曜日より。新規感染者全く減らずこの日は、1日あたり過去最高の1,514人を記録(実感はないが、感染者数はやはり第二波の今の方が増えている)。
 ・12月3日(木):ケベック州会見にて、レッドゾーンはクリスマスに集まるのは禁止。
・12月15日(火)ケベック州会見にて、12月25日から1月11日はエッセンシャル・ビジネス以外クローズ(大型店もエッセンシャルグッズ以外は売れない、詳しいリストは後日ネットで)。 小学校も1月11日まで、中学校は18日までお休み。 12月17日より野外アクティビティ(スポーツ等)は8人まで。
クリスマス前後、新規感染報告者数2,000人越えの日々。死者数も少なくなく、過去最高デイリー感染者数を更新する事も多々。ワクチン接種が少しづ可能にはなってきているが、全く減る様子なし。
・1月6日(水)クリスマス、年明け初のケベック州会見にて、1月9日(土)から自粛要項に、お店は19時半まで。夜8時から午前5時まで外出禁止が追加。エッセンシャル以外の店は引き続きClose。小学校はなんと予定通り11日からそのまま再開。ただし、5年生以下も教室内以外(バブル)での校内でのマスクの着用が義務に。
・1月24日(日)、5日連続Covidデイリー感染者報告数が減少し、久々に1500人以下に。このまま減り続けてくれる事を祈る。

Oct 21, 2020
カナダ発、高品質低価格、社会に優しい商品作りを目指す
The Ordinary。

<Covid禍、スキンケアにハマる>

10月半ばくらいからスキンケアに目覚め、まずは手作り化粧水などを作ってみた。家の冷凍庫に大量の米麹が眠っていたので、麹化粧水を。の匂いが少し気になるけど、なかなか良い。洗顔、ココナッツオイルしか顔のお手入れしていなかった私だけど、麹化粧水でバシャバシャお肌に潤いを。

10月からの飲食店での飲食禁止になり、再びお外に滅多に出ない、引きこもり生活となった私、お友達やネット検索して見つけたスキンケア商品が最近、ケベックの若者にも人気だと言う、カナダ発のスキンケア商品「The Ordinary(ジ・オーディナリー)」。

正直、40歳オーバー向けの基礎化粧品を探していたので、「Ordinaryって若者向けちゃうん?」っとあまり期待していなかったのだが、調べてみるとなかなか面白い企業。パッケージ宣伝費はなるべく削り、シンプルに。品質リーズナブルさを追求。動物実験をしていなかったり、お肌に有害と言われている余分な成分も排除し、なるほど最近の意識高い系若者に受けそうである。

その代わり、1点1点、その化粧品に入っている成分を自分で勉強して、何が自分には必要か把握して選ばなければいけない。ちょっとサイエンスのお勉強してるみたいになってくる。

組み合わせによっては、併用してはいけない商品や「この商品を使ったら日焼け止めはしっかりしましょう。」などの注意事項も多く、手軽な化粧品を探してる人には合わない。日本でも流行っているみたいで、日本語、英語のレビューなどを参考にしオーダーしてみた。

Oct 21, 2020
まずはOrdinary、4種チャレンジ。

1週間ちょいくらいで到着、初めての購入品は4品。安いから気軽にいくつも買えるのが良い。送料25ドル以上買うと無料になるし、良心的過ぎる。

<購入商品>
1. Buffet - 30ml, $14.80
アンチエイジング用ペプチド系総合美容液。
2.Natural Moisturizing Factors + HA - 30ml, $5.80
フェイス・クリーム
3. Niacinamide 10% + Zinc 1% - 30ml, $5.90
ナイアシンアミド、肌のバランスを整え、ターンオーバーを促進。
4. Hyaluronic Acid 2% + B5 - 30ml, 6.80
ヒアルロン酸、保湿、お肌にハリを。

10月25日(日)
先週からOrdinary試して5日目の感想。
Buffe(1)とナイアシンアミド(3)はさっと広げないと付けた直後、すぐベトつく。時間が経つとベト付きはマシに。保湿力高く乾燥肌の私にも十分だが二つ一緒に使うとちょっとへビーかも。保湿効果以外、今のところ特に変化なし。

クリーム(2)はごくごく普通。伸びはイマイチかなっと私は感じたのだが、友達はむっちゃ伸び良い!って絶賛していたので、感じ方、ほんと人それぞれ。無臭なのは私には◎。

ヒアルロン酸(4)はまだ使ってない。Buffetとクリームは大きいサイズもあるのだが、間違えて小さいサイズを買ってしまった。まぁ、最初のトライアルだから少量でよかったかも。

化粧水、乳液、クリーム系を探していたのだが、オーディナリーの商品は、その間に使う補助的基礎化粧品(美容液)がほとんど。不要な香料(フレグランス)が入ってないのは、私には嬉しい。

>後日談→2021日1月17日。
Ordinary製品を使い出して3ヶ月
ナイアシンアミドが合わない気がする。たまにしか使わないのでホルモンバランスのせいかな?っと思ってたけど、これを使った後にニキビ滅多にできないタイプなのにニキビがポツポツといつもできる。人気のあるセラムでニキビ跡やニキビ肌の人にも効くというレビューも多いのだが、私は逆にお肌が荒れがちに。

Buffetのみ、リピート買いしてみようかと思っているが、最初の頃と比べお肌に保湿を与えてくれてる感じはしないが、同時に、10月の頃の乾燥しきったお肌と比べ、最近は、そこそこ顔に潤いはある気がする。

Nov 19, 2020
ヒアルロン酸2%+B5

11月19日(木)、
ヒアルロン酸2%+B5(Hyaluronic Acid 2% + B5 )を使い始めてみた。
とろぉーっと強い粘り気があり1,2滴でスルスル顔に伸びてカバーされる感はあるがクルクルし過ぎるとポロポロ塊が出て来たりするのでハンドプレスでつけた方が良いかも。乾き切らないうちに上から他の物を塗るとこれまた塊りカスが出やすいので、ヒアルロン酸をつけたら、しばらく10分くらい置いてから次のクリームなりなんなり塗る方が無難。瓶の縁もすぐ固まるので使用上の注意要。

保湿効果が高いようだが、むっちゃくちゃ保湿された感は出ず、Buffet一本で私には十分かも。ヒアルロン酸は肌の上から塗るよりやっぱり注入した方が小ジワやハリには効きそう(やらないけど)。

>後日談→2020年12月22日、
ヒアルロン酸、あれからちょこちょこ使ってみて、使い方も慣れてきて、だんだん好きになってきた。モチっとお肌をしてくれる感じで良い。前回、Buffetで十分って書いたが、若い人なら逆にこっちのヒアルロン酸で十分かも。最近は日に寄ってBuffetと使い分け。

この後も、Ordinary商品、他にも追加購入して試しているのだが、そのお話はまた次回〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村