2020年11月の日記を2021年3月に更新中。

コロナウィルスで2020年3月13日から外出自粛がはじまり実質上の Lockdown生活スタート。モントリオールは正確にはロックダウンではなく3月27日より非常事態宣言 (state of emergency)中。

・2020年3月ロックダウン直後、時間ができお菓子作り。
4月くらいからマスク作りに追われて大忙しに。
5月25日から、やーーーっと子どもの現地校のオンライン授業スタート。子どもの勉強を見るのに忙しくなる。。
・6月後半から、子ども達のサマーキャンプサッカー教室も始まり、怒涛のごとく過ぎ去る。
・8月末、小学校スタート。やっと私はほぼ通常生活に戻り自分のお出かけタイムゲット!
9月28日のケベック州Covid会見にて、モントリオール、レッドゾーンに突入。
10月から28日間、また飲食店での店内飲食禁止に。お家に友達呼ぶのもダメ(老人介護やベビーシッター、修理の人、一人暮らしの人などは一人までOK.)。
・10月27日、28日トライアル期間が伸びて、11月23日までレッドゾーンでの規制続行。激増はしていないが安定の毎日、千人くらいの新規感染者報告、死亡者数の増加が気になる今日この頃。
11月19日(木):ケベック州会見にてクリスマス休暇のCovid対策発表。
 クリスマス12/24ー27の4日間は、10人までの集まり可(その前後1週間は外出を控え自主隔離を。仕事もなるべくテレワークを要請)。1日づつ違う10人と会う事も可(バブルや家族縛りなし)。学校は12/17から冬休み。小学校は1/4まで、セカンダリは1/11日まで冬休み(当初登校予定だった日はオンラインで課題が出る予定)。レストランの店内飲食禁止、バーやジムの閉鎖は1月11日まで延長。新年の集まりは禁止。
.11月24日(火):ケベック州Covid会見にて、クリスマス休暇規制、「やっぱり4日のうち最大2回までの集まりね。できれば1回で。」と訂正。前後1週間自主隔離できない人は集まりに参加しないようにとも強調。
・12月2日(水)ケベック州会見(副首相Genevieve Guilbaultによる発表)にて、お店、モールでの人数規制強化(20平方メートルに1人客)発表。適用は12月4日の金曜日より。新規感染者全く減らずこの日は、1日あたり過去最高の1,514人を記録(実感はないが、感染者数はやはり第二波の今の方が増えている)。
 ・12月3日(木):ケベック州会見にて、レッドゾーンはクリスマスに集まるのは禁止。
・12月15日(火)ケベック州会見にて、12月25日から1月11日はエッセンシャル・ビジネス以外クローズ(大型店もエッセンシャルグッズ以外は売れない、詳しいリストは後日ネットで)。 小学校も1月11日まで、中学校は18日までお休み。 12月17日より野外アクティビティ(スポーツ等)は8人まで。
クリスマス前後、新規感染報告者数2,000人越えの日々。死者数も少なくなく、過去最高デイリー感染者数を更新する事も多々。ワクチン接種が少しづ可能にはなってきているが、全く減る様子なし。
・2021年1月6日(水)クリスマス、年明け初のケベック州会見にて、1月9日(土)から自粛要項に、お店は19時半まで。夜8時から午前5時まで外出禁止が追加。エッセンシャル以外の店は引き続きClose。小学校はなんと予定通り11日からそのまま再開。ただし、5年生以下も教室内以外(バブル)での校内でのマスクの着用が義務に。
・1月24日(日)、5日連続Covidデイリー感染者報告数が減少し、久々に1500人以下に。このまま減り続けてくれる事を祈る。
・2月2日(火)、ケベック州会見にて、2月8日(月)からは ケベック州全土でエッセンシャル以外のお店、モールも再開。美容室、図書館、ミュージアム系も再開。夜間外出禁止は続行(レッドゾーン区域)。
3月8日(月)より、モントリオールはレッドゾーン継続。小学生も全学年、教室内・外共に室内では常にマスク必須に。サージカルマスクが学校より配布(1日2枚?)される。オレンジゾーンに規制緩和地域では小学校でのマスク不要に。レストランの店内飲食ジムも再開。デイリー感染者数、死亡者数は減ってきているが変種株の広がりが早く(20%)、春休み後、特に学校での感染が危惧される。


<2020年、アメリカ大統領選挙、自分への記録>

(この4年間を見てきて、私は断固、トランプいらない派なので、これに関して、不快な方、違う意見の方は無視して以下、読まずにご退散下さい。「彼はこんなことに貢献した。」とかそんなの一切入りませーん)。

11月3日(火)アメリカ大統領選挙。

4年前の選挙結果を見た時もショックだったが、まだアレに少しの期待はしていた。知り合いのジャーナリストが「本当に世界はとんでもない事になってしまうかもしれない。」と当時、言っていたが「まさかまさか、そこまで影響力ないでしょ。」「意外と良い仕事をするかもしれない」っと鷹を括りまくっていた。が、想像を絶するくらい私の好きなアメリカをボロボロにし、格差分断を深めた事に成功したアレをもう誰がなんと言おうと大嫌いな私の以下、独り言、というか選挙メモです。

在米の方、世界のみんなの胃がキリキリな11月3日の夜。午後9時半の選挙速報で、結構、接戦。アレが接戦できてる状態が怖すぎる。

11月4日(水)夜中3時、子どものトイレで起こされたついでに大統領選挙状況チェック。 まじかぁー、まだまだ接戦。それもキッツイ状況。まだ結果は分からない。 アメリカの人達、明日みんな仕事なん?っと心配になる。

Nov 4, 2020
NYtimes、11月4日午前3時頃。

Nov 4, 2020
11月4日、朝起きたら、WI、NCが青転してる!
270取るには、もう一歩!

Nov 4, 2020
いつの間にか、264まで確定。
あとは、ネバダーの6で270いく。はよー、ネバダ!
11月4日、午後6時。

Nov 5, 2020

11月5日、夜。Georgia並んでる!
今日中に決まらんのかーい!

郵便投票が多かったとはいえ、2日経っても結果でず。もう、ずーーーっとモヤモヤする。

Nov 6, 2020
11月6日。朝起きたら、Georgiaが青転してて、
今見たらPennsylvaniaも青転してる。

心配性なもんで昨日はまだまだ不安だったんだけど、やっと今日はホッとできそう。(おまけにモントリオールは今日も暖かい)

Nov 7, 2020
11月7日、バイデン勝利確定!

Nov 7, 2020
11月7日、選挙状況マップ。

11月7日、やっと選挙結果が確定し、カナダのトルドー首相からも「バイデン、カマラおめでとう」メッセを出した。

アレはアメリカの共和党の尊厳みたいなのものをこの4年間汚しまくったと思ってる。

この4年間、米国に踏み入るのが、怖くて飛行機の乗継でさえ避けてたけど、コロナ終息したらアメリカ旅行、また、できるかな。