花金です。密かに明日から4連休>。“日・月曜2日間あるショーを見に行って来い”って事やねんけど、日曜行けない人は困るから月曜、学校来なくて良いからショーに行けと言う事でお休みに。毎週火曜休みなので、しめて4連休YEAH!先週も、水曜はプロジェクトやれって事でお休みになったし、なんて寛大なんザンショ。やっぱ海外って楽チン。こういうトコからストレス感じないもんね。プロジェクトのペーパーも提出期限あってないようなモンやし。“3課題こなせ”と言われてるのに2つしかやって来ない奴がいたり、“ホッチキスなくって留められなぃ〜”とか、先生も普通に『じゃ、完成したら出してね』って。 未だに提出してない奴いると思う。日本なら、その時間帯、その瞬間に提出できなきゃアウト的な事多いけど、そういうとこから、日本人の几帳面さは生まれてくるのかなぁと実感。この2daysショー、MUSTではないけど、学校休みにまでしてるねんから半強制的っぽいよなぁ〜。22ドル(学割で)もすんのよねぇ〜。オマケに、どっかわからんマイナー(有名かもだが、アタシャ知らん)なトコ主催でイマイチ乗り気がしない。

で、4連休これといってBig Eventはないざんす。チョコチョコ用事を済ますぐらい。Friday Nightもボケェ〜だす。だって学校6時まであんねんもんッ!帰ったら7時、そっから数時間放心状態よ。で、ぼけぇ〜とネットサーフィンしてたら、

閃いた!ひらめいてもぉ〜たぁ〜。新たなYUKIの無謀な将来設計、フランス・ワーホリ・チャレンジ!実現可能かどうかは、別として、まずは申請してみる!“なぜフランス?イギリスのが好きって言ってたやん?ドイツ人好きって言ってたやん?次はオーストラリア行くって言ってたやん?”ってお思いでしょうが、イギリスは、普通の日本人いっぱいいそう、フランスより物価高そう、ブリティッシュ言うても英語やし、ワーホリ面接とかウザイし、ドイツLOVEだがワーホリ申請の必要書類がウザイ、オーストラリアはワーホリなくてもいつでも行けそう今、フランス語文化圏にいるわけで、若干、興味あり&ここより仏語習得可能?英語じゃない国のがインタレスティングやし、ファッション・アートの国やし。

まぁ、なんだな、今の学校も1年なわけで、その後、“何しよう”とふと思ったンさ。“どこ行きたい”じゃなくってね。実際、学校行きだして勉強しだして、“美容師もありかな?これはこれで楽しい”と思ったんさ。でも日本の美容師さんってムッチャ厳しい世界やん。ハードワークやし。それを万が一このアタシが耐えれたと仮定して、普通に日本で美容師資格とって美容院で一生働く事=アタシ求めるモノじゃない。そんなんだったら最初ッから日本の高い技術の学べる美容学校に行きゃぁ〜良い話し。ワザワザ海外の学校を選んだ理由の一つが、“海外ならではの感覚!”を求めたから。日本とこっちの流行・ファッションはもちろん違うし、カナダ人・モントリオール人から見るこっちのCoolなモノの感じ方とアタシの感じ方はも変わってくるしね。

Hair dressingを学んで、何をしたいっつったら、こりゃ又、欲張りで曖昧やねんけど、Hair stylistも含めた、Hair Airtistってのが一番近いかな。ファッション、音楽、映像を含めたショー的なモノを作る1人のCreatorになりたい^^。スタートが遅いという奴もいるが、気にしない。そんな奴はホっておこう。人生Never too lateである。アタシは夢を追う。ヤリタイ事やる。思いついたことやる(明日は会計士とか言ってるかもホホホ)。そして後悔しない人生歩むのだ。なんやかんやこれも思いつきの夢に2年もかけて金溜めて、モントリオールに戻ってきたんやから!って、途中、見失ったりもしたけど^^。

まぁ、↑は最上級の理想としても、Hair Stylist(Colorist)としてのスキルは磨いて行こうかと思うんよ。その修行は日本でもどこでも良いねんけど、やっぱり人とはSomething Differentを求めたいやん。日本人である限り、日本に戻る&働くのはいつでも可能。でも、海外は。。。制限がって事で、カナダに残ってチョット経験積んでぇ〜って思ったけど、同じビザ問題とか面倒くさいこと再発なら“あら?もしやワーホリとかで他の国も行けるんじゃ?そしたらビザ問題解決?”と閃いてもぉ〜たわけ。万が一、仏国ワーホリGetできたら、帰ってきて、モントリオール再上陸しても良いし、他国行けたら行っても良いし、日本ももちろんOKやし。

昔は、“海外にいたい”とか“カナダ移民でも?”とか思ったけど、最近は、“やりたい事”メインの考え方にシフトしてきた。恐らく、何がしたいかが、見えてきたからかな。旅行業界も好きだけど、先を想像できなかった。もしアタシが全世界どこでも長期滞在できて、働ける権利を持ってたとしたら、それこそ“カフェの姉ちゃん”で満足して、何かにチャレンジする精神をキープできんような気がする。今の自分はキャリアも何もないけど、可能性はある気がするんよね。お金がいっつも最後のネックになるけど、大事故が無い限り、人生長いンやし、気長にやってこうと。いつもの思いつきやけど、こんな自分が好き。さてさて、先はどうなることやら。フランス・ワーホリ申請が11月?日かららしい。乞うご期待なり。