モントリオール生活 

モントリオールと出会って早20年以上。2001年ワーホリ時に始めたブログが、今や育児&着物ブログと化し最近は放置気味。ワーホリ、語学学校、専門(美容)学校、仕事、個人移民、美容(髪)、ファッション、食の事、等々、気ままに誤字脱字だらけで書いてます(察して読んで)。ただいま、小・中学生3兄弟、子育て中。

カテゴリ: 着物 KIMONO

今日はKimono Yuki、着物の宣伝日記です。

11月の振袖撮影スペシャルのご予約受付終了致しました。
ご連絡ありがとうございました。
12月前半、1月後半以降は、通常価格$200で受付可能です。
(2023年11月17日)

11月中、振袖の室内撮影を特別価格でやっているので、興味のある方は、kimonoyukimtl@gmail.comまでお問い合わせください(メールでお問い合わせが一番、早くて返信確実です)。以下、詳細も載せておきます。

振袖室内撮影プラン>
11月限定、通常$200⤴️→$170(税込)!

・振袖一式レンタル、着付け込み
・シンプルなまとめ髪ヘアセット込み
(メイクは含まれませんので各自お願い致します)
・背景、小道具、ポーズを変えてのお写真を撮ります。1週間以内に出来上がったお写真(通常最低5-10枚)をデータでお送り致します。

・準備中や撮影中、ご自身のスマホやカメラで撮影して頂く事も可能です。
・ご使用したいお気に入り、思い入れのある髪飾りや小道具などありましたらお持ち頂いても結構です。
・振袖の選択など、準備時間も必要ですので、お問い合わせ、ご予約はお早めに。

furisode

広い撮影スタジオではなく小さなお部屋で着付け、撮影まで致しますので、この価格帯で提供可能です。今回は、特に「レンタル用に入荷した新しい振袖があるな。誰かに来て欲しいな。」と、忙しくなる12月前の11月にスペシャルプランを作ってみました。振袖を着る機会を逃してしまった方、なかなか日本へ帰国しても着物撮影をする時間なんてない方、既婚の方でも、気軽にご連絡下さい。

今回のスペシャルプランとは別に、
「本格的な撮影スタジオでお願いしたい」という方は、お値段ボーンと上がりますが、ご相談頂ければ対応可能です。着物が汚れない場所であれば出張も可能です。

通常通り、お子様の七五三着物撮影、お宮参り風赤ちゃん撮影、振袖以外の大人(男性も)の着物撮影も年中、受付はしておりますので、興味ある方はご連絡を。

着物・日本文化関連の告知やイベント上はインスタかFBをご覧ください↓

そして、冬の間は着物でお出かけが難しい季節になりますが、着物仲間も募集中☺️
(着物の押し売りや変な勧誘はしませんので😅)

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

にほんブログ村

ハロウィン前に書こうと思っていたが、ハロウィン終わってしまった😅。

大人は、すでに先週末、ハロウィンパーティーなどへ繰り出した後で、子どもたちの本番、Trick or Treatも昨夜終了。もう少し、早くこの日記を書けば良かったかなぁとも思うけれど、ハロウィンは毎年あるし、今後の参考程度に読んで頂けると嬉しいです(めっちゃ長いです。前にも似たような事は書いてるけど)。

この私のブログを長年読んでくれている方々はすでにご存知かと思いますが、私は5年ほど前からモントリオール着物事業を始めました。はじめた当初は、「日本着物に興味のないこちらの方にも気軽ファッションとして、着物を日常生活に取り入れ楽しんで欲しいなぁ」っとゆるふわな感じでスタート。

それまではあまり「着物=日本の伝統衣装」、やら、海外移住してからも自分が日本人である事を意識して生活する事はあまりなかったのだけれど、着物を着て外出や仕事をしていると、周りも明らかに“日本人”として意識して接してくる人も増え、今まで気付かなかった、気に留めていなかった事への気づきがちらほら。

その一つが、ハロウィンの時期になったら、毎年、こちらの方から質問される、

ハロウィンに着物着ていいの?

着物業を始めて以来、「日本人じゃないけど、着物着て良いの?」もよく質問され、最初は、「なんでこんな質問してくるんだろう?着物はただのの一種だよ。誰でも着て良いに決まってるじゃない。」っとそのままストレートに答えていたのだが、

1年、2年、3年と海外で着物に関わるにつれ、日本にルーツを持つ人以外が着物を着る・扱う場合に生じる問題点。いわゆる、文化の盗用(Cultural appropriation)問題にぶち当たる事もあり、これはサクッと一言で説明するには難しく、その問題が生じた背景、当事者達の力関係、歴史など色々考慮する必要があり、「日本人が洋服着たり洋食食べるのは文化の盗用なのか?」とは全然違うので、今日、ここで説明すると長くなり過ぎるので興味ある方は、またご自身で調べてみて下さい。

日本で育った日本人にはちょっと理解しにくい問題かもしれませんが、カナダ移民や海外に出た日本の方は遭遇する事もあると思うので、この概念を知っておけば、自分が被害にあった時に、モヤモヤせずに、あ、アレやなっと理解できるかも。

ここ10年くらいかな、ハロウィンで「自分と関係のない文化や国、宗教の民族衣装などを安易に着るのは止めましょう。」っと言う傾向が、北米や多民族、多人種の国で広まっています。ハロウィンの時期になると、こういうポスター見た事ないでしょうか↓

Oct 31, 2023


Oct 31, 2023

My culture is not a costume」というハッシュタグでよくSNSなどで拡散されています。で、これがなぜ、ダメなのか。私も昔は、上の一枚目の写真の様なゲイシャ仮装の人や↓の写真の「それ着物ちゃうやろ」なキモノ風な何かを着たゲイシャ?仮装の人をハロウィンの日に、カナダの街中で見ても「全然ちゃうけど、まぁオモロイんちゃう。」的に眺めてました。

Oct 31, 2003

日本から来た日本の人なら、さすがに、これらの仮装用のウィッグやキモノが全く日本の物とは違うのは一目瞭然だと思うのですが、その見分けが付かない人が、日本の外には私の想像を超えて、結構、普通にいるのです。そうすると、間違った着物芸者のイメージを広める事にもなるので、ハロウィンに限った事ではないけれど、着物を使った仮装には芸者コスプレが多いので、安易にして欲しくないなと着物業を始めてから感じました。

また、見た目が完璧だったら良いのか?と言えば、そうではなく、他の文化の伝統衣装をハロウィンの仮装=コスチュームとして用いる事は、その文化圏の人にとっては他文化、それも自分たちより権力を持った国による遊びに使われている様で、時には、笑い物にする様な使い方をされたり、文化の冒涜と感じる人も少なくないです。

例え、「私〇〇の文化、大好きなの。リスペクトしてるの。」と言えど、「その伝統衣装をなぜ、ハロウィンに着る必要があるのか?その文化とハロウィンはなんの関わりもないのに、ただ、他文化をファッションエンターテイメントの一つとして消費したいだけでしょ?我々の伝統衣装はファッションではない。」という声もあります。

着物の場合は、ファッションとして、日常着としても着られているので、他の民族・宗教的衣装とは一律に語れないところもありますが、以下、私個人の今年2023年10月時点での考え、日本とは関係ないルーツのお客様からカナダで「ハロウィンに着物を着て良いの?」と聞かれた際の、答えをあげてみます↓


<止めて欲しい着物での仮装>

 1. 肌の露出の多い、セクシー系な着こなし。

→これも「着物ってこう言う着方するんだ。着物=セックスアピールなんだ」っと、勘違いしている人が本当ぉーーーに想像以上に日本の外にはいるので、できる限り間違った日本人女性のイメージを広めないで欲しいという思いから。

2. 芸者、舞妓、花魁系の仮装
先に述べた通り、コスチュームストアで買える衣装は全く日本の着物でも芸者でもないが、それを本物に近いと思っている人が意外と多い。こちらも間違った日本の文化、芸・舞妓のイメージを広めないで欲しいと言う思いから。それと、こちらの人は現代でも芸者=売春婦と思っている人も少なくないので、その感覚でやられると快く見れないし、現に、京都の芸舞妓の世界など人権侵害・未成年者搾取的な環境、まだまだ問題山積みなので、きらびやかなイメージと過去の黒歴史など、衣装、外見の派手さや美しさだけで、日本の芸者関連を扱うのは危険だと感じる。


<着物でも良いんじゃない?っと思う仮装>

1. 日本でも有名な着物を着た妖怪・幽霊・マンガなどのキャラクター
ただし、ほんとーに「着物→アジア人女性→セクシャルな物」的に見る人も少なくないので、あえてカナダ(日本の外)でセクシーさをアピールする様な着物の着方はして欲しくない。

2.仮装ではなく、普通に着物を着て色や柄でハロウィン・コーデ
日本の着物好きさん達のハロウィンの装いを見ていると、ほぼコレ。元の着物は普通の着物の着付け方、もしくは、少しのアレンジ程度で着ているのだけれど、それにオレンジと黒、カボチャやコウモリ柄等でハロウィンコーデ。

では、「日本人でゲイシャの仮装はどう?」って聞かれると、それは“文化の盗用”ではないけれど、自分自身で日本人女性のsexual objectification(性的物化)に加担し、自分たちの尊厳を傷付ける事なのではないかと近年の日本を取り巻く状況を見てると感じます。

正直、昔ぁーし、まだ着物に興味がサラサラなかった頃、私はカナダのハロウィンで、ゲイシャの仮装をした事あります😓「ハロウィン何しよ。あ、浴衣あるな、周りもゲイシャしろって言うから、ゲイシャしとこか。」みたいな軽いノリで。それもこっちのハロウィンコスチューム・ストアで買った玉ねぎ頭の様な Geisha Wigをかぶって😱

今でも、周りの日本人でない方は日本人の私がそんな仮装をしてもに、何も言わないし、言えないだろうけど、今、振り返ると私の中の答えはゲイシャは「もうやらない」です。どんなに完成度が高い、芸者の仮装ができたとしても、やはりハロウィンにするべき物ではないかなっと言うのが、今の私の感覚です。

砂かけババア雪女、着物きた幽霊とかなら良いとは思うのですが。それこそ、こっちの人は私がゲイシャの仮装しようがあんみつ姫の仮装しようが「あ!GEISHA!」って言うんだろうけど「それなんの仮装?」って聞かれた時に、「ジャパニーズ・ゲイシャだよ」って答えるのと、「日本のアニメに出てくるジャパニーズのプリンセスだよ」とか「日本の古典的な妖怪だよ」って日本人が自ら答える事で、将来、大きく意味が違ってくると最近、ヒシヒシと感じます。

なぜ、"着物を着た女性=ゲイシャ”のステレオタイプ・イメージがついてしまったのか。なぜ、振袖を着てる娘さんがゲイシャと呼ばれなくてはならないのか。

日本人、日本にルーツがある人でも、海外で、ハロウィンに(ハロウィン関係なくてもだが)、“ゲイシャ”や着物や着物っぽいコスチュームでセクシーさをアピールする着こなしは、“日本人女性そのものが性的にみられる、性的物化の傾向を強める”事だと、知っていて欲しい。

私は自分が着物業をはじめるまで、そんな事、あまり気にも止めていなかったが、実際に、こちらで出会う、カメラマン、モデル、アーティスト等の方が“ゲイシャの撮影がしたい”という、ゲイシャが尽く、私の知っている芸者ではなく、セクシーさをアピールしたビジュアルを希望する(断るけど)。お遊びだから、冗談だからっと軽いノリでチープなゲイシャコスプレをして街を歩き、それを見た人が”日本っぽい”と認識する。そして、それが、将来、自分の娘が振袖を着た時、街中でゲイシャ(時には売春婦だという意味合いも込められ)だと認識される現実が、すでにある。

「着物は常に伝統的な方法で美しく着るべきだ。」とは思いません。アレンジしても、気軽に来ても良い服の一つだと思う。本来は、肌を露出しまくりセクシーに着ようが、そんなのその人の自由だとも思う。だが、一歩、日本を飛び出すと、「キモノとは」の概念が全く違い、まだまだ振袖もセクシーゲイシャコスチュームも同レベルに見える人が少なくないこの地で、ワザワザ自分たちの日本人としてのイメージを損なう様な格好をしなくても良いのでは、なるべく避けて、っと言うのが、最近の私の心情です。

もう一つ大切な点は、日本国外で生まれ育った日系日本人の感情や歴史的背景も考慮すべきだと。彼らにとって、着物は単なるファッションではなく、彼らのアイデンティティを象徴する文化的遺産であることも多く、ハロウィンに着物を着る事を冒涜と感じる人もいます(もちろん気にしない、そうじゃない人もいるけど)。

私より厳しい意見の人も、私より柔軟な意見の人も色んな考え方があると思うし、私の考えもこれから先、もっと変わって行くかもしれない。ハロウィンの仮装を考える時、着物だけでなく、他の衣装に関してもこの衣装で誰かを冒涜する事はないかな?っと少しだけ意識してみてください。考えて選んだコスチュームに文句付けられたり、後で後悔してもそれはそれで、なぜそれがダメなのか考えたり、話し合うキッカケになって良いのではと思ったり。

まとまりのない日記になってしまいましたが、今回はこの辺で。
一気に冬の空気になってきたので皆様、風邪などひかぬよう気をつけて。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

にほんブログ村

今日は、ユニクのダウンコートを試着に行った時の日記です。

Oct 24, 2023
少ぉーしずつ紅葉始まってまーす

なかなか、ピンとくる冬のコートが見つからないココ2、3年。もう-20℃とか極寒、豪雪の日は外にあまり出ないし、ユニクロでもエエのでは?っと思い始め、周りの人に「ユニクロのダウンここで着た事ある?冬耐えられる?どう?」っと調査開始。

周りのユニクロ経験者さん達には、結構、高評価で「全然、いけるよ!街中なら十分。」と言う意見が多。今年のユニクロのサイトをチェックすると一番、防寒できそうなのがULTRA WARM HYBRID DOWN LONG COAT($299.90)↓

Oct 24, 2023

経験者の皆様が言うのは「シームレスダウンで十分よ」と↓のコートを勧められる。ユニクロで働いてるお友達もいるのだが「ハイブリッドの一番ゴツいやつは重いよ」っと。
 
Oct 24, 2023

サイトで見る限り「これで良いんじゃない?お値段もお手頃価格」っとかなり惹かれて、早速、お店に試着しに行ってみました。

Oct 24, 2023
ダウンタウンのユニクロ前
ちょっと秋っぽい

Oct 24, 2023
ハイブリッド・ロングダウンのSサイズ

試着するのに、着物で行った私😅。雪の積もってる真冬に着物で外出する事はほぼないのだが、たまに車移動でもコートを羽織る事はあるので、念の為。。。ってか、普通に着物日和だったので、コートの試着しに行くとか考えずに朝、着物着ちゃった。なんだか、イベント会場のスタッフみたいな出立ちに。Sサイズで着物に羽織り羽織ったまま(後ろはお太鼓)で着れた。かなりデカい。

Oct 24, 2023
こちらは色違いのブラウン
色的にはこっちかな。サイズはXSで十分(写真はこれもS)

Oct 24, 2023
こちらは皆んなのお勧めSeamless Down long coat

シームレスの方が形は好き。サイトには黒、ネイビー、緑があるが、店舗には黒とネイビーのみ。の方が好み。サイズは着物や下に厚着するならSでも良い感じ(多分、写真はS)。サイトでは、XXSサイズまである。良い感じなんだけど、今までモントリオールで着ていた冬のコートに比べると、かなり薄く感じる。みんなこれで暖かさは大丈夫って言うけどホンマ〜?

最近、他のダウンコートブランドも薄くて軽くて暖かいってコートが主流だからこれで十分暖かいのか?!あと、冬のコートは5年は着尽くしたい私。でも、これは2年くらいでダメになりそうな予感。お値段は、$250とかなりお買い得。

で、この2日後、Kanukコートのセールもあったので、Kanuk見てから決める事にし、結局、Kanuk買いました。その時の日記はこちら→『La Grande Braderie de Mode Quebecoise のKanukセール(2023年10月26日の日記参照)』

多分、ユニクロも悪くない。が、Kanukのセールが探し求めていた旧モデルではないけど、かなりの割引額だったので勢いで買っちゃった。ユニクロはいつもなら選ばないとかも挑戦できる価格なので、シームレスコートのカラフルなのが出てきたら挑戦してみたいなぁ。

それと、ユニクロもKanukも男物も試着して、私には一番小さいサイズでもどれも大き過ぎるので買えないのだけれど、作りは男物の方が良いよね。ジッパーポケット袖口の作りなんかが男物の方がしっかりしてる(女性の方が寒がりなんだから、女性物こそ、特にコートはシッカリ作って欲しいわぁ)。形もフェミニンさは流石にないけど、カジュアルに可愛い。たまに、ユニクロの子ども服は買うけど、サイズが合えば、男物も買いたい。

(あと、あと、毎回思うけど、カナダユニクロサイト、ページ戻ろうとしてもスムーズに戻れないの私だけ?地味にイラつく😅)

ちなみに、こちら↓がこの日、来てた着物😊

Oct 24, 2023
大きめ着物

Oct 24, 2023
後ろは普通にお太鼓

Oct 24, 2023
羽織も着て、これで試着してました😅

ユニクロ試着の後、ダウンタウンMcGillから旧市街まで徒歩でブラブラ下って、前から行きたいと思っていたお菓子屋さんChez Potierへ初めて行ってきました。その話はまた今度。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

にほんブログ村

今日は、着物の事と日々の些細な事の記録。

着物に興味ある方、モントリオールで着物を着て出歩きたい方など、季節に合わせた温度調整や季節感など参考にどうぞ。

例年なら9月の頭くらいには衣替えをするのだけれど、今年はがダラダラ続く感じで、9月後半にも浴衣を着たり、10月9日にやっと着物衣替えをしました。洋服の衣替えは、徐々に日々更新中、まだ終わってない😅。20℃切った、モントリオール、やっと短い秋、着物の季節がやって参りました。

Oct 17, 2023
10月17日、日舞レッスンでお家の中だけ。
ピンクの紅葉や銀杏で秋の始まりを感じてみる

10月19日(木)
10℃、最高気温15℃&晴れ予報だけど、朝は曇ってる。最近、どんより曇りの日が多くヤル気出ない〜。

Oct 19, 2023
10月19日の着物

結局、最高気温16℃まで気温上がる。この日の着物は、季節感など考えず、手近にあった着物と帯を着る。白襟じゃなく色付き半襟の方がよかったかなぁ(半襟付け替えるの面倒臭い)。着物はウールの単衣で、祖母のお家からの余り物(サイズ的に多分、祖母のではない)。

Oct 19, 2023
羽織は秋っぽいオレンジにしてみた

下に長袖シャツ、足元はアンクルブーツ、羽織はポリの軽ぅーいヤツ、これにオレンジのスカーフも巻いて外出。晴れ間もあったけど、曇ってる時間も長く、スッキリしない日々よのぉ。

Oct 20, 2023
10月20日の着物

10月20日(金)は最高気温18℃。ポリエステルの紅葉がら着物、黒羽織、スカーフ、アンクルブーツで。モントリオールの街中も紅葉してきました。

Oct 20, 2023

そして、最近「この和服姿、可愛いなぁ」っと見てるNHKの朝ドラ「ブギウギ」からのお写真紹介。

Oct 19, 2023
羽織?法被風のジャケットを洋服に合わすの可愛い
(お写真はIGから)

Oct 19, 2023
こちらも黒かけえりが可愛い😍

Oct 19,2023
着物に前かけ、男着物のインナーにシャツも
生活の中の着物姿で良き

「着物(襦袢)の下に着物用の肌着を着ずに、洋服のシャツなどを着るのはダメだよね。昔の人はそんなヘンテコな着方しなかった。」的な意見をたまに耳にするのだが(大体、普段着物を着ない人とか年配男性😑)、洋服が入って来たくらいの時代の人は色々混ぜて着てみたんだろうね。「襦袢の代わりに下はシャツでエエか」っとか、「着物に帽子、合わせてみよか」っとか。

Oct 4, 2023
子どもたちの着物も可愛い

Oct 10, 2023
浴衣でお掃除。カラフルな腰紐?たすき掛けの紐が素敵

Oct 4, 2023
子ども着物。スズ子がほぼ毎日きてる着物。
このくらい短くても歩きやすそう。

朝ドラ大河ドラマは時代的に和服が出てくるので結構、チェックしているのだが、今、放送している、よしながふみの「大奥」も面白い。男女逆転の世界なので、通常、地味な男性の和装も豪華絢爛な裃(かみしも)姿や女性は逆にカッコいい渋めの打掛などが見れて楽し過ぎる😊

さ、みなさん、秋こそ着物楽しみましょうねぇー。私と着物でお茶したい方はご連絡くださいませ。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

にほんブログ村

お久しぶりです。
ブログを定期的に書かなくなって、、、ふと、見直してみたら、もう早、1年以上経っている😵

最近、なんとなく時間が出来てきたので、隙間時間に、また少しずつブログUPできたらと思ってます(←自分へプレッシャー与えてみる)。

さて、書き留めて置きたい事は、もう1年以上、なんならここ2、3年分くらいたぁーんまりあるのだが、いつまで経っても追いつかないので、思いついたままその時々の事をなるべくメモしておこうと思う。

Oct12, 2023
Patisserie T.M.でランチ😋

今日は昨日、行ったPatisserie T.M. とこの日の着物の事について書きまーす。


私がブログサボってる間に色んな新しいお店がオープンしてますねぇ。それも近年、日本人の方のお菓子屋さんが増えて嬉しい限り😍

Oct12, 2023
秋カラーの着物

めっきり突入のモントリオール。お昼間、12℃カラー&柄の袷着物にお友達に頂いた絞りの羽織を羽織って、アンクルブーツを履いて「これで完璧だろ!」っとお外に出たら、意外と風がキツくて手首回り(下は長袖シャツも着てた)、周りから風が入ってきて寒い。追加でスカーフ巻いても良かったくらい。

で、メトロに乗ってBerri-UQAM駅で下車。Patisserie T.M.さんは、Ontario通り沿い、ベリ駅よりもうちょっと東側にあるのだけど、私のおすすめルートはメトロ構内からGrande Bibliotheque方面の出口から出て、図書館の中を突っ切って行く方法。反対側のバスターミナル方向の出口の方が若干近いけど、人通りが少ない時間帯は殺伐として、最近は、ちょっと攻撃的な人もうろついていたりするので、図書館が開いてる日は私は図書館側から行きます。オレンジラインを使う人はSherbrook駅からも歩けます。距離的には同じくらいかなぁ。

Oct12, 2023
足元はブーツで良かった😅

この日はメトロ降りて、図書館でたら、なんと!パサパサ、まぁまぁ降ってる。「昼からは晴れる言うてたのにぃー」っと思いつつ、ちゃんと傘を持ってきた私、えらい!着物の裾を持ち上げ(下の襦袢は濡れても良いポリエステル)、さして着物姿で歩いてると、みんなの視線が。。。通り雨だったのかすぐ止んだけど。

Oct12, 2023
来る度に、少しずつ新メニューが!

Patisserie T.M.、今まで金土日の週末しか空いておらず、週末より平日の方が時間のある私は今まで金曜狙いでよく行っていたのだが、なんと10月から木曜もオープン。12時オープンなので12時10分くらいに到着するとなんと、もう満席。先に着いた、お友達が席とっておいてくれて感謝。2人席、4、5テーブルくらいしかないので、店内飲食は早い者勝ち)。

Oct12, 2023
柿とイチジクのタルトが一個づつで、
お友達と譲り合って購入

席もなくなるの早いけど、惣菜パンも続々売れていく。並んでる間に、狙っていた唐揚げパンが完売😭2時間くらいランチ&雑談してたんだけど、この間に、ショーケースの中のケーキもどんどん少なくなっていく。ほんとTMさんは、なるべく開店と同時に行くべし😅

Oct12, 2023
私は、海老天ぷらパン、無花果タルト、抹茶アイスラテ
最高に至福の時☺️

Oct 13, 2023
お持ち帰り、お土産のチョコマロンケーキ
子ども達に見つからない様に夫とわけわけ

Oct 13, 2023
お持ち帰り品:明太子・ポテマヨぱん
これは今日の私のランチ。ばりうま😍

Oct 13, 2023
お持ち帰り品:お気に入りのくるみあんパン
これは今日の私のおやつ

Oct12, 2023
そして、一緒に行ったお友達Boutique Meicoちゃんの
日本の生地で作った手作り小物も今、売ってます

帰宅時、太陽も出て、秋晴れで清々しく気持ち良い。こんな日がずーっと続けば毎日着物が着れるのに😊ちなみに、今日の帯は一重巻き用の短い帯なんだけど、慣れると短い帯、軽いし、巻くのも着心地もラクで好きかも

みなさん、とーってもお久しぶりです。

コロナもいつの間にか終わっちゃいましたね。完全に終わってはいないのだろうけど、マスクも持ち歩かなくなり、長かったけど、忘れてしまうのは早そうな、日々の生活に追われる今日この頃。

ブログ更新、ずーっとしてなかったので、長文書いて他人様に読んでもらうことに、若干の恥ずかしさを感じますわ。

久々の更新はイベントの宣伝・告知と、“私と着物業”について。コロナ明けて、今年はちょこちょこ思う事があるので、ここに記録しておきます(他人様が読んでも面白くない内容かもですが、このブログは基本、私がお婆ちゃんになった時に、「あー、こんなバカな事言ってたなぁ。」っと暇潰しに読み返す為のものなのでお許しあれ)。

はい、では、モントリオールの日本の屋台イベントとして有名になったYatai MTLが今週木曜から4日間開催されます。

Yatai MTL
6月8日(木)17h-22h
6月9日(金)17h-22h
6月10日(土)12h-22h
6月11日(日)12h-21h

May 22, 2023
今年のYatai MTL会場. Bassin Peel
Farine Five Rosesの工場が見えるとこ

例年はマイルエンドの方で開催されてましたが、今年は Bassin Peelと言う、グリフィンタウン(griffintown)地区での開催になります。

今年は、Matsuri Japonが開催されないので、日本の夏祭りが恋しい方、浴衣を久々に着たい方などはぜひ、ご来場くださーい。

今年の混み具合は分からないけど、まぁ例年、食べ物ブースの前は長蛇の列&カオス!なので、自分でおにぎりなりお弁当持ってきて、ステージや色んな出し物や雰囲気を楽しむのが良いかも。開始時間すぐに来たら、通常はそんなに並ばなくても買えるかなぁー。(去年はアプリ使ってのオーダー&お支払いとかだったけど、今年は普通にブースでオーダー&お支払い。現金もOKです)

私は、Kimono Yukiとして浴衣メインに販売してまーす。お値段は、大体、今から日本のオンラインショップでオーダーしてEMSで送ってもらうよりちょっと安いか同じくらいの値段設定だと思う。買わなくてもレンタル$20でしてるので、久々に着てみたいわぁーという方はぜひ。着付けもします。下駄は基本レンタルしないんだけど、赤い鼻緒の草履、22-23cmの女性ものはいっぱいあるのでレンタルします(これも事前予約必須)。

当日もレンタル浴衣が余ってたら貸し出しできるかもだけど、一応、事前予約制にしているので興味のある方はメールにて、事前にご連絡下さい: kimonoyukimtl@gmail.com。ここのコメントに残して頂いてもあんまり見てないので、質問などもメールでお願いします。


さて、で、
着物業をモントリオールで始めて5年が過ぎ。

って、語ろうと思ったけど、長くなりそうでまとまらない。。。ブログの書き方忘れたよぉ。
また、今度、気が向いたら書きます。

とりあえず、皆様、Yataiで!


みなさまお久しぶりです。5月後半くらいから、どんどん規制緩和され、私の生活もだんだん引きこもり生活からお外へ。忙しく、楽しく、なって参りました(夏のモントリオールはやっぱり良い!)。

Jul 7, 2021
2回目ワクチン接種完了!

今日は2回目コロナ・ワクチン接種の報告日記です。記事の下の方に、<モントリオールのコロナ情勢>、もう近頃、ケベック州のコロナ会見を見る時間がないのですが、最近の規制緩和やワクチン情報なども少しアップデートしました。

Jul 7, 2021
肌寒い曇り日。気温19℃。
濡れてもよい道行コートを着ていざワクチン接種へ!

2021年7月7日(水)、
七夕2回目コロナ・ワクチン接種してきましたー!

1回目と同じ会場Palais des Congresで、1回目と同じファイザー(Pfizer)ワクチンを私は受けましたが、現在、1回目と2回目の接種会場の変更、ワクチンの種類を変えたり(1回目pfizer, 2回目moderna)もできます。そして、1回目と2回目、8週間開けるとという期間設定も、現在、ワクチン不足が解消され、少しでも早く夏休み中に、なるべく多くの人のワクチン接種完了を目指すべく、4週間で2回目接種が可能になってます。

Jul 7, 2021
着物でワクチン接種。

ここ最近、ほぼ毎日着物浴衣を着て生活している私。前回、5月に1回目ワクチンを受けた際は、まだアジアンヘイトが少し怖く、着物での外出も躊躇してしまっていたが、6月に入り、一気にモントリオールも夏モード。みんな外で寛ろぎ、カフェやバーのテラスを楽しむ事に忙しく、ヘイト撒き散らす時間はなさそう。私が出るのはお昼間のモントリオールのダウンタウンやPlateau、近所くらいだけど、メトロ内などでも全く嫌な視線や危険な感じは今のところ感じません。

ワクチン接種にはサッと簡単にが出せる浴衣は最適なんだけど、この日は雨が振りそうな曇り日。気温も19℃と少し肌寒いくらいだったので、濡れても良い夏着物に夏帯(お太鼓)、下には真っ赤な裾よけ、上は嘘つき半襦袢の袖を取った状態でもちょと肩にかかるので、襦袢はなしで浴衣風に着て、襦袢なしのタンクトップで。この上に濡れても良い道行コート、足元は赤の可愛い柄足袋にビルケンサンダル(草履は濡れたらヤダなと雨が降ったら足袋を脱いでサンダルのみにしようかと)。

Jul 7, 2021
歩きながら撮ったらブレまくり。
Place d'arme駅出てPalais des Congresビル内を
ワクチン接種会場へ向かう道。

Place d'arme駅を出て、ワクチン会場へ向かう道のり、前回よりも人がいる感じ。ランチタイムだからお昼ご飯を買いに来てる人もいるけど、明らかにワクチン会場へ向かう人もそこそこいる。この日は、JMも一緒に接種予約してるので一緒に。副反応が酷く出た場合を想定し、日にちズラしたの方が良いと私は思うのだが、なぜか一緒に行きたがるJM。「僕は副反応で寝込んだりしない!」っとの自信を見せてるが、私より若いし、十分可能性あると思うのだが。。。きっと1人で行くのが怖いんだろな。

Jul 7, 2021
保険証見せるとこ(事前予約してる人)。
前回より人、いる。

そして、今年は7月後半までサマーキャンプに入れてない上の子達2人も家にいるので子ども達も一緒で総勢家族4人でワクチン会場へ(三男はまだ保育所)。私たち以外で子連れは見なかった。予約なしのWalk inセクションにも若干人はいたが、並んでる感じはなく、すぐに入れそうな感じ。

2階のワクチン大型会場に上がる前にマスク交換するのだが、私のケベックのちゃんとしたサージカルマスクHumaskで、JMのは無名の安物マスク、子ども(付き添い人?)は家から付けてきた布マスクのままだったので、ここでマスク交換意味あるのだろうか?っと思ったり。

Jul 7, 2021
ワクチン会場でずっと漫画読んでる長男と、
変な格好して遊ぶ次男。

Jul 7, 2021
針は凝視できず明後日の方をみる私。

1回目(2021年5月12日の日記参照)の時は「ほんの少しチクッとしただけで一瞬で、気が付いたら終わってた。」感じだったが、今回は、チクっとしてから針が抜けるまで結構、2、3秒?時間を感じて、打った直後、接種付近がほんのりジンジンする。だけど、痛みは初めのチクっと少し感じるくらいで、やっぱり採血よりかは断然、余裕ー!

Jul 7, 2021
私のワクチン接種後、15分の待ち時間中、
私の道行羽織って漫画を読む次男。

接種後、15分待機場所で様子見をしなければ行けないのだが、15分経って帰ろうかなぁっと思ったところ、ちょっとクラクラする感じが。この日は朝からが塞がった感じ(耳管開放症、ちょこちょこ発生する)だったから、ワクチンでクルクルなってきたかなぁ。三半規管ほんと弱ってる。けど、まぁ、普通に立ち上がって帰れました。その後、耳も治った。

Jul 7, 2021
Palais des Congresのワクチン接種会場

Jul 7, 2021
1年ぶりくらいにメトロに乗る子ども達。
帰り、チャイナタウンでバブルティget。
長男、靴下をぴーんと伸ばして履きたがる。。。

ワクチン2回目接種後の夜、8時間経過、「注射したな」って違和感を少し接種箇所に感じるくらいで1回目より肩、重く感じない。他の体調変化もなし。JMはすでに筋肉痛みたいって言ってる。私、筋肉ほぼないから何も感じないんやろかー。

前回は二日目の夜から謎の体調不良に陥ったので、明日の夜くらいからが心配かな。
つづく、、、


=========================================

<モントリオールのコロナ情勢>

コロナウィルスで2020年3月13日から外出自粛がはじまり実質上の Lockdown生活スタート。モントリオールは正確にはロックダウンではなく3月27日より非常事態宣言 (state of emergency)中。

・2020年3月ロックダウン直後、時間ができ、お菓子作り。
4月くらいからマスク作りに追われて大忙し。
5月25日から、やーっと子どもの現地校のオンライン授業スタート。子どもの勉強を見るのに忙しくなる。
・6月後半から、子ども達のサマーキャンプサッカー教室も始まり、怒涛のごとく過ぎ去る。
・8月末、小学校スタート。やっと私はほぼ通常生活に戻り自分のお出かけタイムゲット。
9月28日、モントリオール、レッドゾーンに突入。
10月から28日間、また飲食店での店内飲食禁止に。お家に友達呼ぶのもダメ(老人介護やベビーシッター、修理の人、一人暮らしの人などは一人までOK.)。
・10月27日、28日トライアル期間が伸びて、11月23日までレッドゾーンでの規制続行。日々安定の千人前後の新規感染者報告。死亡者数の増加が気になる。
11月19日(木)クリスマス休暇のCovid対策発表。
 クリスマス12/24ー27の4日間は、10人までの集まり可(その前後1週間は外出を控え自主隔離を。仕事もなるべくテレワークを要請)。1日づつ違う10人と会う事も可(バブルや家族縛りなし)。学校は12/17から冬休み。小学校は1/4まで、セカンダリは1/11日まで冬休み(当初登校予定だった日はオンラインで課題が出る予定)。レストランの店内飲食禁止、バーやジムの閉鎖は1月11日まで延長。新年の集まりは禁止。
.11月24日(火):クリスマス休暇規制、「やっぱり4日のうち最大2回までの集まりね。できれば1回で。」と訂正。前後1週間自主隔離できない人は集まりに参加しないようにとも強調。
・12月2日(水)お店、モールでの人数規制強化(20平方メートルに1人客)発表。適用は12月4日の金曜日より。新規感染者全く減らずこの日は、1日あたり過去最高の1,514人を記録(実感はないが、陽性者数はやはり第二波方が増えている)。
 ・12月3日(木):ケベック州会見にて、レッドゾーンはクリスマスに集まるのは禁止に。
・12月15日(火)12月25日から1月11日はエッセンシャル・ビジネス以外クローズ(大型店もエッセンシャルグッズ以外は売れない)。 小学校も1月11日まで、中学校は18日までお休み。 12月17日より野外アクティビティ(スポーツ等)は8人まで。
クリスマス前後、新規感染報告者数2,000人越えの日々。死者数も少なくなく、過去最高デイリー感染者数を更新する事も多々。ワクチン接種が少しづ可能にはなってきているが、全く減る様子なし。
・2021年1月6日(水)クリスマス、年明け初のケベック州会見にて、1月9日(土)から自粛要項に、お店は19時半まで。夜8時から午前5時まで外出禁止が追加。エッセンシャル以外の店は引き続きClose。小学校はなんと予定通り11日からそのまま再開。ただし、5年生以下も教室内以外(バブル)での校内でのマスクの着用が義務に。
・1月24日(日)、5日連続Covidデイリー感染者報告数が減少し、久々に1500人以下に。
・2月2日(火)、2月8日(月)からは ケベック州全土でエッセンシャル以外のお店、モールも再開。美容室、図書館、ミュージアム系も再開と発表。夜間外出禁止は続行20時から(レッドゾーン区域)。
3月8日(月)より、モントリオールはレッドゾーン継続。小学生も全学年、教室内・外共に室内では常にマスク必須に。サージカルマスクが学校より配布(1日2枚?)される。オレンジゾーンに規制緩和地域では小学校でのマスク不要に。レストランの店内飲食ジムも再開。デイリー感染者数、死亡者数は減ってきているが変種株の広がりが早く(20%)、春休み後、特に学校での感染が危惧される。
・3月16日(火)新規デイリー感染者数561人(9月以降で一番低い数)。3月17日より夜間外出禁止は21時半からへ(オレンジ、赤ゾーン。黄色は夜会外出禁止解除)と発表。3月26日から赤ゾーンの劇場再開。
・3月23日(火)、赤ゾーンも3月29日からセカンダリー3,4,5年生は毎日フルタイム登校へと発表。
・3月27日(土)、一時は、新規デイリー感染者500人台まで減ったが、たったの10日ほどでまた1000人越え。明後日からセカンダリーはフルタイム。ジムも近々再開。変異株が急激に増え、ERも20-40代が増加、ICUも50代、60代増加。天気良い日はみんなピクニックとか集団でしてるし、マスクなしでお外満喫。規制緩和するには怖過ぎ。
→案の定、変異株どんどん広がる。
・3月30日(火)、陽性者急増中の5地域Outaouais(Gatineau), Quebec City, Lac-St-Jean, Beauce, Lower Saint-Lawrence辺りは10日間の規制強化と発表。4月1日(木)から休校(←かなり酷い状態なんだろな)、エッセンシャル以外の店も閉鎖、外出禁止の時間も20時からへ変更とかなり厳しい規制へ。ワクチンも優先的にこの地区へ。55歳以上の人はAstra Zenekaワクチン接種可能へ。
・4月6日(火)、来週4月12日(月)よりMTL含む赤ゾーンはセカンダリー3,4,5年生はまた隔日登校に、課外活動も中止、スポーツ制限を発表。室内8日(木)よりジム再閉鎖。夜間外出禁止は据え置き21時半より。小学校、保育所はそのまま。オンタリオ州小学校クローズ決定したが、ケベックは何があっても(特に危険な5地域以外は)小学校は閉めなさそう。
→ケベックシティのジムで二次感染なども含めると400人以上の被害を出した集団感染が発覚。
・4月8日(木)ケベック州会見にて、4月11日(日)より、モントリオール、ラバルの赤地区の夜間外出禁止が再度20時からへ規制強化。
→4月11日(日)、夜間外出禁止に対するデモという名の暴動がオールドモントリオールで発生。マスクなしで夜中まで騒ぎ、火を付けたり、店を破壊したり、ただの八つ当たりで誰も救われないこの集まりは支持できない。ケベック州外からの陰謀論説をばら撒くジャーナリスト気取りの活動家もモントリオール入りし、この週末は色んな所で警察と揉め事起こし、彼らが鬱憤溜まってる若者達を主導したと思われる。さっさと出て言って欲しい。
・4月13日(火)ケベック州会見、特に変更なし。2m距離取れない時はでもマスク義務を強調。6月24日(ケベックデー)目指してのワクチン接種一回目希望者全員取得を強調。
・4月19日(日)前回とは主催者も違い、ちゃんと登録された夜間外出禁止に対するモントリオールらしい平和的デモ開催(こちらはみんなマスク着用、20時までには解散)
→いつのまにやらオンタリオ州がケベック州を抜き、日々4,000人前後の陽性者数をだし、B.C.州も日々1,000人前後、アルバータ州はこれから西のケベック州化しそうで、何だかカナダ全土がCovid新ウェーブに乗りまくり。ワクチンは、B .C.は18歳以上、オンタリオやアルバータ州では40歳以上可能に。
・4月20日(火)、明日4月21日(水)より、45歳以上のアストラぜネカ接種可能に。予約サイト、モントリオール市周辺の会場は2日くらいですぐ予約がいっぱいに。
・4月29日(木)ケベック州会見にて、新たなワクチン接種予約発表。4月30日(金)より高齢者から開始し、5月14日までに18歳以上の全ての人対象に予約可能に(大型接種会場は主にファイザー。ファーマシーや小規模会場はモデルナの可能性が高い。J&Jは現在検討中)。
・5月6日(木)ケベック州会見にて「学期末(6月末)までに12-17歳の子のワクチン接種ができるようにする予定。2回目は学校が始まる9月頃を予定。14歳以上は親の承諾なくても接種可。
・5月13日(木)、本日よりPalais des Congresで予約なしのウォークインでのワクチン接種が可能に。アストラゼネカの1回目の新規接種は停止(すでに1回目受けてる人は2回目はAZか他のか選べる様に)
・5月18日(火)、上手くいけば 「5/28夜間外出禁止終了、テラス開始、庭で8人までの集まり可、5/31飲食店、ジム再開、6/11バーテラス可、6/14バー再開, 6/28三家族で最大10名までの集まり可。」との発表。
・5月25日(火)、12歳ー17歳のワクチン予約開始。
・5月23日(日)、去年の9月21日以来、初の500人切り(Covidデイリー新規陽性者数)。
・5月25日(火、)「MTLは6月7日までゾーン続行だけど5月28日より予定通りケベック全域で夜間外出禁止令解除テラス解禁(同居者でない場合は1テーブルに大人2人まで)。庭などでの8人までの集まり(距離取れない場合はマスク要)を許可。5月31日よりオレンジゾーンは店内飲食、ジム再開。セカンダリ3-5年生は対面授業へ。」と発表。
・6月3日(木)、covidワクチン2回目接種を早める予約がスタート。6月7日(月)より、高年齢順に予約変更手続き可能に。

・6月14日(月)、ケベック州デイリー陽性報告者数123人。モントリオール含めた主な都市が色ゾーンへ。室内、室外(レストランも個人宅も)ともに2世帯までの集まり可。
・6月17日(木)、私世代(40歳以上)のCovidワクチン2回目予約変更可能日だったので変更しようと予約サイトをチェックすると、8月末までFULLの表示で「こまめに、また後日でチェックして下さい。」との事。夜、再度チェックすると7月末に少し空きが出てたので1回目から11週目になるが2回目変更予約を(元は8月31日だった)。現在、ワクチン不足で予約空きスロットが制限されているらしい。私が一回目受けたPalais des congresは予約なしWalk inワクチン接種会場に指定されているので1回目接種から8週間経っていたら予約なしの飛び込み接種可能との事だが行列できていたら待つの嫌なので予約変更を。
・6月18日(金)、ファイザーを扱ってるWalk inワクチン会場はワクチン不足の為6月24日まで停止。1回目から8週間経過するには私の場合は7月頭くらいだから念の為、2回目予約変更しておいてよかったかな。
・6月22日(火)ケベック州会見にて、来週6月28日(月)より、MTLゾーンへ。室内10人もしくは、3家族までの集まり、野外20人もしくは、3家族までの集まり可へ(飲食店も)。
・6月30日(水)2回目ワクチンの予約変更が何回でもできる&最近予約枠が増えたと知り、再度予約変更し7月7日(水)に取得。現在、場所の変更、ファイザーモデルナかも選べる(ミックスも可)。
・7月6日(火)今まで1回目のワクチン接種より8週間経たないと2回目ワクチンできなかったけど、ワクチン不足も解消された様で4週間でokに。夏休み中になるべく多くの人のワクチン接種完了を目指すケベック州。デイリー陽性報告者数49人!やっと50人切った(最近、週末のCovid陽性者数報告は廃止)。

**********************************

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村 子育てブログ 三人目以降育児へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

にほんブログ村

今日は宣伝日記でーす。
<モントリオールのコロナ情勢>は↓下へズズーーーーーーっと。
ワクチン2回目接種の前倒し予約スケジュールが発表されました。

またまたギリギリ間際の告知ですが、明日2021年6月7日(月)より今年はJapan Week、"La semaine Japon"と称し、1週間、Yatai MTLはじまりまーす!そして、KIMONO YUKIとしても参加しまーす。

YataiMTL2021
YATAI MTL2021、"La semaine Japon"

去年はコロナ禍で、8月にオンラインメインでの開催でしたが、今年もオンライン。というか、大会場にみんなが集まる大型イベントではなく各店舗&オンラインでの催しです。「一体、何をやってるの?」っていう質問も多かったので、なるべくわかりやすく解説致します。

FB”YataiMTL-La semaine Japon:https://www.facebook.com/yataimtl

まず、上のYataiのメインWebサイトを開くと、Carte/Map2021っと上に出てるのでコレをクリックして見ると、今年Yataiに参加しているお店が全てMAP上に出てくるので一番分かりやすいと思う。MAPの下へスクロールすると店名、住所、営業時間、どんなメニューや商品を売ってるか等も記載されているのでそこで、気になるお店をチェックできる。詳細が載ってないお店は、お店のウェブやSNSのリンクをチェックしたら良いかも。

そう、この1週間、ジャパン・ウィーク中に、それそれのお店がYatai用のメニューやイベントを用意しているので、気になるお店をチェックして、MAPを見ながら自分の行きたいお店へ行ってみようって事です。屋台なので、ストリートフード的な飲食店の参加が多いけれど、うちのようなブティック(服)や花屋、陶器販売のお店も名を連ねてます。

ちなみに、Kimono Yukiは販売実店舗がないので、前半、後半に分け2箇所で販売予定です。

Komma Rosta
5300, rue Wellington, Verdun
6/7(月) ,11h30-14h,
6/8(火) 11h30 -17h,
6/9(水) 9h-18h, 
羽織、つまみ細工、ヘアアクセサリー、マスク、草履、地下足袋などの販売。


MINI MARCHE YATAI 2021(Cafe Osmo)
51, Sherbrooke Ouest, Plateau
6/10(木)-6/13(日)12h-20h,
羽織、浴衣、つまみ細工、ヘアアクセサリー、マスク、草履、地下足袋などの販売。

ヴェルダンのKomma Rostaさんは日系人オーナーさんのカフェで日本の冷やし中華、おにぎり、カレー、稲荷寿司、桜餅、柏餅なども販売しつつ、コーヒー豆にもこだわりのあるカフェで、ジャパン・ウィーク中は、抹茶販売のTea Sakaoさんの茶道のデモンストレーションをお琴三味線の演奏と一緒に楽しめるイベントも開催されます。

teasakao
(スケジュールはTea SakaoさんのFBで確認↓

木曜からのMini Marche(Osmo Cafeと言うカフェがあった場所)は、オールドモントリオールにあった、MARUSANがこの場所に移転し、今回、Yataiのメイン会場、Mini Marcheとして、私達の様な実店舗のない企業が野外テラスで販売しておりまーす。こちらでは、羽織と浴衣も販売してるので、興味のある方やお知り合い、お友達がいればぜひ、お越し下さーい。

去年は、全く販売はせず、オンライン上で浴衣着付けのデモンストレーションをしただけでしたが、今年は何とか小さいマルシェは開催できそうです。どのくらい人が集まるのか、集まり過ぎても、人数制限など大変だし、ガラガラ過ぎても寂しいし、まだまだcovid禍の中、難しい所ではありますが、うまくいけばなぁーっと。

それでは、皆様にお会いできるのを楽しみにしておりますー!

**********************************

<モントリオールのコロナ情勢>
コロナウィルスで2020年3月13日から外出自粛がはじまり実質上の Lockdown生活スタート。モントリオールは正確にはロックダウンではなく3月27日より非常事態宣言 (state of emergency)中。

・2020年3月ロックダウン直後、時間ができ、お菓子作り。
4月くらいからマスク作りに追われて大忙し。
5月25日から、やーっと子どもの現地校のオンライン授業スタート。子どもの勉強を見るのに忙しくなる。
・6月後半から、子ども達のサマーキャンプサッカー教室も始まり、怒涛のごとく過ぎ去る。
・8月末、小学校スタート。やっと私はほぼ通常生活に戻り自分のお出かけタイムゲット。
9月28日、モントリオール、レッドゾーンに突入。
10月から28日間、また飲食店での店内飲食禁止に。お家に友達呼ぶのもダメ(老人介護やベビーシッター、修理の人、一人暮らしの人などは一人までOK.)。
・10月27日、28日トライアル期間が伸びて、11月23日までレッドゾーンでの規制続行。日々安定の千人前後の新規感染者報告。死亡者数の増加が気になる。
11月19日(木)クリスマス休暇のCovid対策発表。
 クリスマス12/24ー27の4日間は、10人までの集まり可(その前後1週間は外出を控え自主隔離を。仕事もなるべくテレワークを要請)。1日づつ違う10人と会う事も可(バブルや家族縛りなし)。学校は12/17から冬休み。小学校は1/4まで、セカンダリは1/11日まで冬休み(当初登校予定だった日はオンラインで課題が出る予定)。レストランの店内飲食禁止、バーやジムの閉鎖は1月11日まで延長。新年の集まりは禁止。
.11月24日(火):クリスマス休暇規制、「やっぱり4日のうち最大2回までの集まりね。できれば1回で。」と訂正。前後1週間自主隔離できない人は集まりに参加しないようにとも強調。
・12月2日(水)お店、モールでの人数規制強化(20平方メートルに1人客)発表。適用は12月4日の金曜日より。新規感染者全く減らずこの日は、1日あたり過去最高の1,514人を記録(実感はないが、陽性者数はやはり第二波方が増えている)。
 ・12月3日(木):ケベック州会見にて、レッドゾーンはクリスマスに集まるのは禁止に。
・12月15日(火)12月25日から1月11日はエッセンシャル・ビジネス以外クローズ(大型店もエッセンシャルグッズ以外は売れない)。 小学校も1月11日まで、中学校は18日までお休み。 12月17日より野外アクティビティ(スポーツ等)は8人まで。
クリスマス前後、新規感染報告者数2,000人越えの日々。死者数も少なくなく、過去最高デイリー感染者数を更新する事も多々。ワクチン接種が少しづ可能にはなってきているが、全く減る様子なし。
・2021年1月6日(水)クリスマス、年明け初のケベック州会見にて、1月9日(土)から自粛要項に、お店は19時半まで。夜8時から午前5時まで外出禁止が追加。エッセンシャル以外の店は引き続きClose。小学校はなんと予定通り11日からそのまま再開。ただし、5年生以下も教室内以外(バブル)での校内でのマスクの着用が義務に。
・1月24日(日)、5日連続Covidデイリー感染者報告数が減少し、久々に1500人以下に。
・2月2日(火)、2月8日(月)からは ケベック州全土でエッセンシャル以外のお店、モールも再開。美容室、図書館、ミュージアム系も再開と発表。夜間外出禁止は続行20時から(レッドゾーン区域)。
3月8日(月)より、モントリオールはレッドゾーン継続。小学生も全学年、教室内・外共に室内では常にマスク必須に。サージカルマスクが学校より配布(1日2枚?)される。オレンジゾーンに規制緩和地域では小学校でのマスク不要に。レストランの店内飲食ジムも再開。デイリー感染者数、死亡者数は減ってきているが変種株の広がりが早く(20%)、春休み後、特に学校での感染が危惧される。
・3月16日(火)新規デイリー感染者数561人(9月以降で一番低い数)。3月17日より夜間外出禁止は21時半からへ(オレンジ、赤ゾーン。黄色は夜会外出禁止解除)と発表。3月26日から赤ゾーンの劇場再開。
・3月23日(火)、赤ゾーンも3月29日からセカンダリー3,4,5年生は毎日フルタイム登校へと発表。
・3月27日(土)、一時は、新規デイリー感染者500人台まで減ったが、たったの10日ほどでまた1000人越え。明後日からセカンダリーはフルタイム。ジムも近々再開。変異株が急激に増え、ERも20-40代が増加、ICUも50代、60代増加。天気良い日はみんなピクニックとか集団でしてるし、マスクなしでお外満喫。規制緩和するには怖過ぎ。
→案の定、変異株どんどん広がる。
・3月30日(火)、陽性者急増中の5地域Outaouais(Gatineau), Quebec City, Lac-St-Jean, Beauce, Lower Saint-Lawrence辺りは10日間の規制強化と発表。4月1日(木)から休校(←かなり酷い状態なんだろな)、エッセンシャル以外の店も閉鎖、外出禁止の時間も20時からへ変更とかなり厳しい規制へ。ワクチンも優先的にこの地区へ。55歳以上の人はAstra Zenekaワクチン接種可能へ。
・4月6日(火)、来週4月12日(月)よりMTL含む赤ゾーンはセカンダリー3,4,5年生はまた隔日登校に、課外活動も中止、スポーツ制限を発表。室内8日(木)よりジム再閉鎖。夜間外出禁止は据え置き21時半より。小学校、保育所はそのまま。オンタリオ州小学校クローズ決定したが、ケベックは何があっても(特に危険な5地域以外は)小学校は閉めなさそう。
→ケベックシティのジムで二次感染なども含めると400人以上の被害を出した集団感染が発覚。
・4月8日(木)ケベック州会見にて、4月11日(日)より、モントリオール、ラバルの赤地区の夜間外出禁止が再度20時からへ規制強化。
→4月11日(日)、夜間外出禁止に対するデモという名の暴動がオールドモントリオールで発生。マスクなしで夜中まで騒ぎ、火を付けたり、店を破壊したり、ただの八つ当たりで誰も救われないこの集まりは支持できない。ケベック州外からの陰謀論説をばら撒くジャーナリスト気取りの活動家もモントリオール入りし、この週末は色んな所で警察と揉め事起こし、彼らが鬱憤溜まってる若者達を主導したと思われる。さっさと出て言って欲しい。
・4月13日(火)ケベック州会見、特に変更なし。2m距離取れない時はでもマスク義務を強調。6月24日(ケベックデー)目指してのワクチン接種一回目希望者全員取得を強調。
・4月19日(日)前回とは主催者も違い、ちゃんと登録された夜間外出禁止に対するモントリオールらしい平和的デモ開催(こちらはみんなマスク着用、20時までには解散)
→いつのまにやらオンタリオ州がケベック州を抜き、日々4,000人前後の陽性者数をだし、B.C.州も日々1,000人前後、アルバータ州はこれから西のケベック州化しそうで、何だかカナダ全土がCovid新ウェーブに乗りまくり。ワクチンは、B .C.は18歳以上、オンタリオやアルバータ州では40歳以上可能に。
・4月20日(火)、明日4月21日(水)より、45歳以上のアストラぜネカ接種可能に。予約サイト、モントリオール市周辺の会場は2日くらいですぐ予約がいっぱいに。
・4月29日(木)ケベック州会見にて、新たなワクチン接種予約発表。4月30日(金)より高齢者から開始し、5月14日までに18歳以上の全ての人対象に予約可能に(大型接種会場は主にファイザー。ファーマシーや小規模会場はモデルナの可能性が高い。J&Jは現在検討中)。
・5月6日(木)ケベック州会見にて「学期末(6月末)までに12-17歳の子のワクチン接種ができるようにする予定。2回目は学校が始まる9月頃を予定。14歳以上は親の承諾なくても接種可。
・5月13日(木)、本日よりPalais des Congresで予約なしのウォークインでのワクチン接種が可能に。アストラゼネカの1回目の新規接種は停止(すでに1回目受けてる人は2回目はAZか他のか選べる様に)
・5月18日(火)、上手くいけば 「5/28夜間外出禁止終了、テラス開始、庭で8人までの集まり可、5/31飲食店、ジム再開、6/11バーテラス可、6/14バー再開, 6/28三家族で最大10名までの集まり可。」との発表。
・5月25日(火)、12歳ー17歳のワクチン予約開始。
・5月23日(日)、去年の9月21日以来、初の500人切り(Covidデイリー新規陽性者数)。
・5月25日(火、)「MTLは6月7日までゾーン続行だけど5月28日より予定通りケベック全域で夜間外出禁止令解除テラス解禁(同居者でない場合は1テーブルに大人2人まで)。庭などでの8人までの集まり(距離取れない場合はマスク要)を許可。5月31日よりオレンジゾーンは店内飲食、ジム再開。セカンダリ3-5年生は対面授業へ。」と発表。
・6月3日(木)、covidワクチン2回目接種を早める予約がスタート。6月7日(月)より、高年齢順に予約変更手続き可能に。
Covidvaccine2ndshotappointment

**********************************

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村

2020年10月の日記を2021年1月後半に更新中。

コロナウィルスで2020年3月13日から外出自粛がはじまり実質上の Lockdown生活スタート。モントリオールは正確にはロックダウンではなく3月27日より非常事態宣言 (state of emergency)中。

・3月ロックダウン直後、時間ができお菓子作り。
4月くらいからマスク作りに追われて大忙しに。
5月25日から、やーーーっと子どもの現地校のオンライン授業スタート。子どもの勉強を見るのに忙しくなる。。
・6月後半から、子ども達のサマーキャンプサッカー教室も始まり、怒涛のごとく過ぎ去る。
・8月末、小学校スタート。やっと私はほぼ通常生活に戻り自分のお出かけタイムゲット!
9月28日のケベック州Covid会見にて、モントリオール、レッドゾーンに突入。
10月から28日間、また飲食店での店内飲食禁止に。お家に友達呼ぶのもダメ(老人介護やベビーシッター、修理の人、一人暮らしの人などは一人までOK.)。
・10月27日、28日トライアル期間が伸びて、11月23日までレッドゾーンでの規制続行。激増はしていないが安定の毎日、千人くらいの新規感染者報告、死亡者数の増加が気になる今日この頃。

11月19日(木):ケベック州会見にてクリスマス休暇のCovid対策発表。
 クリスマス12/24ー27の4日間は、10人までの集まり可(その前後1週間は外出を控え自主隔離を。仕事もなるべくテレワークを要請)。1日づつ違う10人と会う事も可(バブルや家族縛りなし)。学校は12/17から冬休み。小学校は1/4まで、セカンダリは1/11日まで冬休み(当初登校予定だった日はオンラインで課題が出る予定)。レストランの店内飲食禁止、バーやジムの閉鎖は1月11日まで延長。新年の集まりは禁止。
.11月24日(火):ケベック州Covid会見にて、クリスマス休暇規制、「やっぱり4日のうち最大2回までの集まりね。できれば1回で。」と訂正。前後1週間自主隔離できない人は集まりに参加しないようにとも強調。
・12月2日(水)ケベック州会見(副首相Genevieve Guilbaultによる発表)にて、お店、モールでの人数規制強化(20平方メートルに1人客)発表。適用は12月4日の金曜日より。新規感染者全く減らずこの日は、1日あたり過去最高の1,514人を記録(実感はないが、感染者数はやはり第二波の今の方が増えている)。
 ・12月3日(木):ケベック州会見にて、レッドゾーンはクリスマスに集まるのは禁止。
・12月15日(火)ケベック州会見にて、12月25日から1月11日はエッセンシャル・ビジネス以外クローズ(大型店もエッセンシャルグッズ以外は売れない、詳しいリストは後日ネットで)。 小学校も1月11日まで、中学校は18日までお休み。 12月17日より野外アクティビティ(スポーツ等)は8人まで。
クリスマス前後、新規感染報告者数2,000人越えの日々。死者数も少なくなく、過去最高デイリー感染者数を更新する事も多々。ワクチン接種が少しづ可能にはなってきているが、全く減る様子なし。
・1月6日(水)クリスマス、年明け初のケベック州会見にて、1月9日(土)から自粛要項に、お店は19時半まで。夜8時から午前5時まで外出禁止が追加。エッセンシャル以外の店は引き続きClose。小学校はなんと予定通り11日からそのまま再開。ただし、5年生以下も教室内以外(バブル)での校内でのマスクの着用が義務に。

Oct 27, 2020
そろそろカボチャの時期。
10月26日(月)

2℃寒い。裏庭は黄色の落ち葉で埋まってきた。

朝、8時過ぎ、停電になったけど、10分弱で復活したので良かったぁ。冬の停電は暖房切れるので1時間以上続くと部屋が寒くなってきてドキドキする。いつもならカフェとかに避難するけど、今はカフェも店内飲食できないし。

今日は、ずっと予報だし、1日中、久々にマスク作り。Lサイズが切れてきたので在庫作り。なんやかんや、私だけでも、コロナ始まってから3千枚以上マスク作ってる。ここ最近、もう個人注文はほとんどないんだけど、お店では売れてるって事かな。ありがたやありがたや。


10月27日(火)
学校でのCovid確認ケース、 ケベック州1274校 、オンタリオ州1025校 。いつのまにか、オンタリオの件数がケベックに追いついてきてる。が、人口の割合的にみたら、ケベックまだまだ断凸、割合的にはまだオンタリオはケベックの半分くらい。ケベックの場合、もうほぼ2校に1校はCovidケース出てる事になる。

Covid死亡者数が怖い、最近のケベック州。。。

Oct 27, 2020
今日の着物。
洋服の上から着物&ブーツ。

今朝も2℃。お部屋が寒い。凝るーーー!
あれ?お昼前、気温下がって1℃になってる。最高気温5℃だって。外出しなきゃいけないけど出たくないなぁ。

Oct 27, 2020
寒いので道行コート、
スカーフ、手袋も。

寒い、結局昼間も3℃くらい。朝来てた普段着(ハイネック、カーディガン、スカート、裏起毛タイツ)の上から着物を着て(スカートは脱いだ)、ブーツ、道行コート、毛皮スカーフ、帽子、手袋で出てちょうど。

Oct 27, 2020
道行の上に着物ポンチョも着てみたら
冬感バリバリなのでやめておいた。
もう着物と分からないレベル。

今日は、マスクの配達ついでに、近くまで来たので、Covid前からズーーーーっと行きたくて気になっていたJuniさんの姉妹店?美味しいデザートも売ってるというOkiniさんへ。

Oct 27, 2020
じゃーん!ご覧あれ。目の保養。
真ん中、チョコの隣は柚子タルトかな?

Oct 27, 2020
もっとアップで。
真ん中の四角いのはパッションフルーツ系。

Oct 27, 2020
日本風?チーズケーキ、
シュークリームやミルクレープも!

Oct 27, 2020
左上:洋梨、右上:かぼちゃ、
下:キャラメル・ヘイゼルナッツ・チョコムース

今回は、かぼちゃ、洋梨、チョコ系の3種をGET。マイベストは洋梨のタルトでした。季節限定の物もあるみたいだけど、他にも、パッションフルーツ、ゆず系、抹茶シュークリーム、ミルクレープ、日本風チーズケーキなどもあったので、また立ち寄りたいなぁ。

Oct 27, 2020
Juniさんのお魚スタンプ柄の紙袋に入れてくれる。

Oct 27, 2020
ひとつづつ丁寧に梱包。

Juniさん同様、Okiniさんのお菓子も決してお安くはなく、丁寧にひとつづつ梱包してくれる。なんとよく見るとチョコケーキの下敷き、取り出しやすい様に手持ち部分がしっかりついてて、箱の中で動かないように梱包。日本では当たり前かもしれないけど、ここまでやってくれるケーキ屋さんってモントリオールではあまりない。Covid始まって以来、テイクアウトメインなので、梱包に気を遣っている店も増えたが、正直、リサイクルできる素材のものでもこれだけ梱包に箱が使われてると、ちょっとやっぱり罪悪感。かといって、タッパーに入れてもらったら、せっかくの可愛いケーキの魅力も落ちそうだし。。。次回からは、可愛い容器持参で行くべきか?とか悩んでしまう。

Oct 27, 2020
カボチャの断面。たっぷり。

Oct 27, 2020
洋梨の断面。めちゃうま!

Oct 27, 2020
チョコむーすの断面。
安定の美味しさ。

お外でご飯食べれないから外出すると最近お昼ご飯を逃す。3時のおやつにカボチャのタルトケーキ頂きました〜。カボチャ、もふもふ盛りだくさん。

Oct 27, 2020
ムースのタン。

先日、夫が仕留めたムース(ヘラジカ)。家に持って帰ってきて捌いた頭部のタンも今宵美味しく頂きました。

夜、喉痛い。イガイガヒリヒリ、ちょっとタンもでる。怖いなぁー。

にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

にほんブログ村

2020年10月の日記を12月末に更新中。

*********************************************************************
コロナウィルスで3月13日から外出自粛がはじまり実質上の Lockdown生活スタート。モントリオールは正確にはロックダウンではなく3月27日より非常事態宣言 (state of emergency)中。

・3月ロックダウン直後、時間ができお菓子作り。
4月くらいからマスク作りに追われて大忙しに。
5月25日から、やーーーっと子どもの現地校のオンライン授業スタート。子どもの勉強を見るのに忙しくなる。。
・6月後半から、子ども達のサマーキャンプサッカー教室も始まり、怒涛のごとく過ぎ去る。
・8月末、小学校スタート。やっと私はほぼ通常生活に戻り自分のお出かけタイムゲット!
9月28日のケベック州Covid会見にて、モントリオール、レッドゾーンに突入。
10月から28日間、また飲食店での店内飲食禁止に。お家に友達呼ぶのもダメ(老人介護やベビーシッター、修理の人、一人暮らしの人などは一人までOK.)。
・10月27日、28日トライアル期間が伸びて、11月23日までレッドゾーンでの規制続行。激増はしていないが安定の毎日、千人くらいの新規感染者報告、死亡者数の増加が気になる今日この頃。

11月19日(木):ケベック州会見にてクリスマス休暇のCovid対策発表。
 クリスマス12/24ー27の4日間は、10人までの集まり可(その前後1週間は外出を控え自主隔離を。仕事もなるべくテレワークを要請)。1日づつ違う10人と会う事も可(バブルや家族縛りなし)。学校は12/17から冬休み。小学校は1/4まで、セカンダリは1/11日まで冬休み(当初登校予定だった日はオンラインで課題が出る予定)。レストランの店内飲食禁止、バーやジムの閉鎖は1月11日まで延長。新年の集まりは禁止。
.11月24日(火):ケベック州Covid会見にて、クリスマス休暇規制、「やっぱり4日のうち最大2回までの集まりね。できれば1回で。」と訂正。前後1週間自主隔離できない人は集まりに参加しないようにとも強調。
・12月2日(水)ケベック州会見(副首相Genevieve Guilbaultによる発表)にて、お店、モールでの人数規制強化(20平方メートルに1人客)発表。適用は12月4日の金曜日より。新規感染者全く減らずこの日は、1日あたり過去最高の1,514人を記録(実感はないが、感染者数はやはり第二波の今の方が増えている)。
 ・12月3日(木):ケベック州会見にて、レッドゾーンはクリスマスに集まるのは禁止。

**********************************************************************

みなさまお久しぶりです。またまたブログを放置し、クリスマスも過ぎ去ってしまいました。今年はパーティーなし。ちょっと寂しい気もするけど、正直、私は、快適なクリスマスでございました〜!

さて、最近のモントリオール(ケベック)のCovid状況は、クリスマス前から、ここ最近ずーーーーっと毎日の新規感染報告者数2,000人越え。死者数も少なくなく、過去最高デイリー感染者数を更新する事も多々。ワクチン接種が少しづ可能にはなってきているが、全く減る様子なし。病院のパンクが怖いですが、ありがたいことに我が家はみんな元気です。

さて、10月の日記に戻りまーす。

*****************************************************************************
Oct 12, 2020
着物・茶道撮影

10月12日(月)

サンクスギビング最終日は、イベントなどでたまにご一緒する日本茶販売をモントリオールで手がけるŌ Japanese Teaの女性起業家Reinaさんとオールド・モントリオールで着物撮影してきました。

この方、本当にパワフル、アクティブな方でお茶の販売はもちろん、地元の色んなイベントに参加したり、茶道のデモンストレーションをされたりCovidの今年も精力的に活躍されておりました。ほんと尊敬。そして、彼女のお茶は、実家がなんとお茶屋さんらしく静岡から直送。

モントリオールで活躍されてる日系の方達とコラボ着物撮影したいなぁっと前から思っていたけれど、なかなか時間がなく、今回、Covidのおかげかやっと実現しました。

Oct 12, 2020
サンクスギビング最終日、お昼12時頃、
ボンスクールマーケット前、人少なし。

Oct 12, 2020
さ、撮影始めるよー。

Oct 12, 2020
素敵。だけど、風で前髪がバンバン乱れるので
結局、後で留めた。野外撮影ってこう言うのが難しい。

私って着物着たり、人の髪をいじったりはできるけど、自分でを披露する事ができないから歌ったり踊ったり、楽器が引けたりSHOW、Entertainmentができる人ってすごいなぁってつくづく感じるしカッコいい。(かといって、今の所、茶道習おうとか、お琴習おうとは思わないんだけどねホホホ。見る側で十分。)

Oct 12, 2020
場所を変えて。Old Portの方へ。

サンクスギビング・ウィークエンド中だが、お店が開いてないからか予想以上に人がいない。午後からオールドポート側はお散歩する人が結構いたけど、旧市街側は静かでした。

Oct 12, 2020
紅葉が綺麗です。

紅葉も一緒に撮りたくて、当初はモンロワイヤルでの撮影を考えてたのだが、サンクスギビング中だし、公園は人が多く撮影し辛いかなっとOld Montrealへ急遽変更した。ニュースでParc Mont-Royal、人多過ぎで駐車場閉鎖と報道されてて、変更して良かったー。


にほんブログ村 海外生活ブログ モントリオール情報へ

にほんブログ村 美容ブログ 理容師・美容師へ

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

にほんブログ村

このページのトップヘ